« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月31日 (火)

抹茶ケーキから話が広がって…

モスバーガーのタダ券は1月31日の今日まで有効でした。うっかり忘れるとこだった。思い出してよかった~!

お昼用にバーベキューフォカッチャとオニポテ、フローズンデザートを買って仕事へ。

スタッフのカスミンと、食後にフローズンデザートのチーズケーキと抹茶ケーキを半分コして、仲良くコーヒーのお供に…

「ん!抹茶味、これ初めて食べたけど、きちんと抹茶の味がする!」 抹茶味もどきのお菓子やケーキが沢山ある中で、モスのこのケーキは本当の抹茶粉末使ってるって。

カスミンは茶道の探求者。抹茶の味には人一倍うるさいのだ。

好きな 道 の話はカスミンの独壇場。沢山良い話を聞きました。

”茶道”は総合美の集大成。[掛け軸・茶花・お菓子・お茶・茶碗・水・お道具・お棚・・・]何一つ欠かすことが出来ない。お点前だけの知識だけでなく、茶道に係わる全てのモノ、コトに知識が必要。

格式ばって見える作法も、実は全てが合理的な流れになっていて、動作に何一つ無駄が無い。決められた様式の中にこそある曲げることの出来ない ”美”。

【一期一会】もずいぶん当たり前に使われるようになった言葉だけど、今この一服のお茶を振舞うために、掛け軸を、茶花を、お道具を四季に合わせて…(朝茶会にピッタリの時間に咲くよう朝顔を用意したり)。 最高の時間を用意するための真剣勝負=もてなしの精神。 明日また会うかもしれない人とも、この瞬間の最高の時間が【一期一会】。 主人のもてなしを受ける客人も、それに通じる知識と作法が必要なのは当然のこと。だから、真剣勝負。

こういうお話って実はすっごく大好き!!

カスミンは 小堀遠州。武家から出た茶道なので、袱紗の仕舞い方が右側。なぁ~るほど!左に刀があるからね。茶室のにじり口が小さいのは、頭を下げて入るようにしてあるため。一服のお茶を振舞うのも頂くのも、身分など関係ない。武士も商人も町人も、お茶を頂く前は、頭を垂れて皆平等な立場。

時代小説の江戸市井ものが好きだから、こういう話になるとカスミンと二人お喋りが止まらないっ!(笑

おっと、月末月末!午後から片付ける仕事が山のようにあったんでした(汗

茶道は武道にも似ています。精神道を極めたい人は茶道を学べ カスミンと二人で出した結論。

あぁ~私もお茶、きちんと習おうかな。日本女子のたしなみとしてやっぱり必要よね。頂く分には、一通りの作法らしきことはできるけど(隣の人チラチラ見ながら)、お点前はね、流れるような動作になるまでにはかなりの練習が必要。

これでお茶も習得したら、バレーと合わせて 文武両道 かな!?

2006年1月30日 (月)

これこれ!

DVC00026_M Ⅰさんちでご馳走になった ”栗きんとん”

和菓子好きな私の好みをご存知で!!

甘すぎず、適度にしっとりしててお上品なお味。確か《はなまるマーケット》の おめざコーナー で紹介されたことがあったはず。

お土産に何個かもらってきました。

上等のお抹茶は無いから、食後に煎茶でいただきます♪

http://www.suya-honke.co.jp/ 地方発送もオッケーです。

2006年1月29日 (日)

瞬間湯沸かし器

昨日は近隣中学校5校による合同強化練習。 バレー部の送迎で会場のS中まで、子供たちを朝早くから送っていきました。

厳しい娘がいるので、早朝とはいえメイクはもちろん身支度一応整えて…うるさい娘がいようがいまいが、私にとっては普通のことなんだけど。  あらまぁ、他の方々はスッピンにパジャマの上にジャージ着てきたって…  素のままで綺麗な方々だから許されるのよね。でも、私の辞書には”人前で スッピンパジャマ” は有り得ないな~(--;)

帰りはお迎えいらないかも、と安心していたら、「お迎えよろしく」のメール。返信して急いで会場まで行ったら子供たちは誰一人居らず、ウチの中学の顧問(女性)が一人のんびり自家用車の雪かきをしていました。???何で?

父母会会長のYと、顧問との意思の疎通が上手くいかず、双方の連絡確認の行き違いらしい。Yは、私が迎えに来れることを確認して安心し、顧問は迎えに来れないと先に判断して、乗り切れない子供たちをタクシーで帰したと。

いつもは顧問の車も送迎の台数に入っているけど、その日彼女に夕方予定があって、車は出せなかったようだ。。。

「あらぁ、空振りでしたねぇ。連絡の行き違いかなぁ。じゃっ、先生も気をつけて帰ってくださいね~」 暢気を装うって、今来た道をとんぼ返りで帰ってきましたよ。

タクシーを利用すれば部費がかさむし、せっかく父兄が送迎を協力すると申告してるんだから、その協力を受け入れてくれても良いのに。彼女も日によって態度が違うから、確かに振り回せれっぱなしの感はあるんだけど。

送迎も良かれと思って協力はしているけれど、万が一、事故が起きる危険もあるし、その際の保険の扱いもうやむやだし、良心だけでは済まない部分もある。

顧問の先生は全くそんなことは気にしてない。(「大丈夫!事故なんて滅多におきませんから~」と本人がそう言ってたんだから。) 肝心な部分では父兄に頼るのに、頭を下げるのがどうやら苦手のようなタイプの人、なのだ。(偏見かもしれないけど、教師という立場の人に本当に多いと思う、そうじゃない人も沢山いるけどね。)

でも上手く付き合おうと思えば、付き合える人。根が悪い人な訳でないし、子供たちに好かれようと頑張っている節も見える。私はそう思っているから、彼女との個人的なトラブルは一切無いんだけど…

Yと顧問は犬猿の仲。。。はぁ~、間に入る立場にもなってよ…

タクシーで先に子供たちを帰らせたのは、Yから私が迎えに来ることを知らされなかったから、と顧問。 私が迎えに来れるかどうかの確認の電話をしてこなかった顧問が悪い、とY。

確かに吹雪で道路は悪いし、夕方の渋滞にぶつかって往復一時間も時間を無駄にしてしまったけど(お陰で持ち寄りパーティの料理が一品作れなかった…)。

連絡の行き違いなんてあることだし、とりあえず子供たちは無事帰ることが出来たわけで、まぁ仕方ない、と思っていたら。

「先生と今電話で喧嘩しちゃった!ちえちゃんに無駄足踏ませて!性格だからさ、我慢できないの、文句言わないと気がすまないのよ~!」

Yは 瞬間湯沸かし器。 

嫌いになった人はもう絶対ダメ、苦手な人には絶対折れない。すぐ熱くなるので、「どうどう…」とたしなめるのが大変。正直っていえばそうなんだけど、誰にでもそうだと、どうしても反感買われやすい。顧問とのあれこれも、お互いの性格のぶつかり合いだと分かってるはずなのに。どっちも折れるのが嫌いだからなー、でも、折れなくても上手く立ち回れる相手だと思うんだけど。

夕べの持ち寄りパーティでも 「腹立つことって無いの?私たちに地を見せてないだけ?バレーに来てるとき、一枚仮面付けて来てるの?何でいつも平静でいられるの?」 …うわっはっは!!酔ったA子が私に詰め寄ってきましたよ。そう思われてたんだ!(笑

私、本当はすごく短気。腹立つことはそりゃぁ生きていれば沢山ある。でも、それだけに囚われて文句言ったり悪口言ってたら毎日楽しくないしね。腹が立つ相手を変えることは出来ないんだから、自分の付き合い方や、投げかけられた言葉の消化の仕方を変えていくしかないと思う。売られた喧嘩は勿論買いますよ!理不尽な仕打ちや言葉には立ち向かいます。でも避けられそうな争いごとを見るのも、聞くのもイヤなのよ。 なんで皆すぐ沸騰するのかしら… 私が鈍いのかな …その場で感じなくても、後でじわじわ腹が立つこともあるし(^-^;

【いつも穏やか】 そう思われてることは悪い気はしません。でもあんまり図に乗ってる人にはチクッと釘刺しますよ。 

「まぁまぁ、そう怒らないで、今日のことはあんまり気にしてないんだから。顧問もねぇ、もう少し気配りあって可愛げあれば、彼氏いない歴○○年(私より年上)にストップかかるのに」

Y には【毒舌ちえちゃん】と呼ばれてますから。おほほほほ!

2006年1月27日 (金)

しばし休戦。

年末年始からの暴飲?暴食!を反省して、 「ダイエットしよぉ~、ちょっと控えよ~」 なんて口先だけの決意はどこへやら…

DSCF0035 今夜はビーフシチューです。クリームよりビーフシチューの方が出番が多い。ロールキャベツはトマト味。ポトフも最後にホールトマト入れたりして、トマト味になったり。ビーフシチューにもトマトがけっこう入ります。

クリーム味より、トマト味。作る私の好みで毎日のメニューが決まるのは当然でしょう。でも、今夜はリクエストされたから(^^)

かなり、いけます。でも、かなり高カロリー。

明日は友達んちで持ち寄りパーティ。主催のみゅーはキムチ鍋用意するって♪

ダイエットは、しばし休戦です。来週から・・・(いつの来週から?)ガンバロー…

2006年1月26日 (木)

暗い朝

いえ、けっして気分が暗い朝なんじゃなくて。

吹雪で向かいのマンションも霞み、太陽も遮られて薄暗い朝でした。イヤぁね~、二月の予報も更に厳冬って…これ以上寒くなるのかしら。。。

吹雪の朝は、娘が甘えた声で 「送ってぇ~、お願い~(はぁと)」 。

よっぽど早く出かける以外はオトーサン、娘の一言待ってるみたいです(嬉しそうだったりして)。 私はね、滅多に送っていってあげない。・・・ うるさいから。 

『頭なんとかして、メイクしないの? 眼鏡やだぁ、絶対車から降りないでね。オカアサン、誰にも会わないと良いね!』

・・・私は何ですか。

「立派な二本の足があるなら歩いていけぇーーっ!」

                                                       

日ごと寒さがつのります。

防衛本能か、意思とは関係なく、いらないところに脂肪がつき、そしてシモヤケが出来ました。

左足の中指と右足の人差し指。第一関節の先っぽのところ。

温まると 痛がゆい むずむず 腫れぼったい。

お風呂の中でシモヤケを揉み揉み。痛いけど気持ち良い。

早く良くなれ、血行促進!と揉み揉み。痛い、けどやっぱり気持ち良い。

イタキモチイイ。

ハゲ治療の 液体窒素マイナス200度 だけは気持ち良くない。

イタツライ。

2006年1月24日 (火)

初映画

午前のアポがキャンセルになり、ぽっかり空いた時間にワーナーマイカルへ。

観たかったのよ、”THE 有頂天ホテル”

大晦日の一日を、色んな人の出来事を重ねて、絡めて、面白おかしく演出。

クラシカルなホテルで。

実直なホテルマン、訳ありな招待客、流行遅れな芸人、嵌りすぎの探偵、スキャンダラスな政治家…

お話に華を添え、どたばたの大晦日をハッピーエンドに結びつけた立役者は、おしゃまで可愛くセクシーなコールガール。

映画館で声出して笑うなんて初めてかも。思わず膝叩いちゃったりして。

観終わった後、気分が良くなること間違いなし!

あー、おもしろかった!!文句なしに!

佐藤幸市。 悪くてずるくて、意気地なしで、でもカッコ悪いことしてもカッコいい! この人も好きなのよねぇ。

まだの方、ぜひご覧あそばせ~。

2006年1月23日 (月)

足じゃんけん。

今日はTさんと、月に一度のランチデート。

オシャレなお店に行くからね、真冬日で極寒だけど、スカートに柄タイツ、8cmヒールのロングブーツで行きましたよ。寒いからって引いてちゃいられません!

気合入れて外に出たら…あら~、スカートの下から雪が入り込む~。。。雪が下から降ってます、地吹雪ってやつです。

「OH!モーレツ!」(時代が分かる)状態? タイトなスカートだったのでそれはないけど、めちゃ足腰冷える~~ガチガチ…

今日はこの冬一番の寒い日だったみたいですね。(-_-;)

ランチの後に、ホームセンターで買い物したいというTさんに付き合って、ペットコーナーで時間潰して待っていました。

子犬も子猫もみーんな寝ている中で、一匹だけ起きて遊んでる子猫。

チンチラ、ペルシャのシルバー。実家のミーコと同じ!子猫の時のミーコそのまんま!

オシリ向けて遊んでるのを、なんとかこっちに気を惹きつけて… 

指をコチョコチョ動かして、子猫の視界に入るギリギリの所で動かしてると、獲物を狙うあの独特のポーズで狙いをつけて飛び込んでくる…

ガラスの壁に阻まれても、なんども挑戦してくるところが、あ~可愛い~!遊んでるつもりが遊ばれてしまったワタシ。(時間潰すどころか、Tさん待たせちゃいまいました!)

遊びにも疲れたのか、毛づくろいを始めて肉球をペロペロ。手の平(足の平?)いっぱい広げて肉球の間も丁寧に。。。

あー。 私も足の指でパーできる! 足の小指に力を入れると、指が全部開きます。

原始人ですね、まるで。足の指で床に落ちた鉛筆拾えるしね。

グーしか出来ない人、じゃんけんしましょう♪

2006年1月22日 (日)

モジモジ君現る!’06

武道館で行なわれた、中学生女子バレー東北選抜大会。朝もハヨから子供たちを会場まで送って、一旦自宅に帰り、友達を誘って再度好プレーを見に武道館へ。

選抜大会というだけあって、中学生とは思えない素晴らしいプレーに感動。

M中学の双子のセンターは174センチと173センチ。13歳、一年生です。いったい何を食べさせたらあんなに大きくなるんでしょう…同じ歳の娘は148センチ。。。せめて私よりは大きくなって欲しいわー  一年生であれだけ活躍していたら、春の中体連が楽しみですね~ 

うちの中学の子たちは会場のお手伝い。娘は電光点字のスイッチ係をしていました。審判のジャッジ間違えるなよ~と試合も目を離せないけど、娘の仕事ぶりもチェック!友達の高校生の娘さんも、会場係で忙しそう。子供の仕事ぶりを見るのも案外楽しみです。

それにしても、雑用係を仰せつかってない子達はギャラリーでナイスプレーを見学のはずが、くっちゃべってばかり。コーチにも軽口たたいたりして…プレーは真似しろとは言わないから、どこまでもボールを追いかける根性くらいは、見習って欲しいものだわ!

6人制の大会での審判員。おそらくどこかの学校関係者か、指導員なんだとは思う。現役でバレーはしていなくても、携わってるのは間違いないはず。でも、でも・・・許せない!あのお腹~!

審判台に上がった主審。雪だるまかお正月のお供え餅みたい。白い審判服が伸びきって、ズボンの上に乗っかっちゃってる!いくらなんでも太りすぎ。スポーツしてないオジサンでも、あそこまで太ってる人はそうそういないんじゃない?会場が武道館で、床下に土俵があるとはいっても、お相撲さんはバレーできないでしょっ!

バレーボーラーには厳しいんです。どこの中学の指導者でも、他の審判員でも、体つき見れば、あぁバレーしてきた人の体型よね・・・と。。。なんだかがっかりです・・・いえ、私にはなんら関係ないんだけど。腹立てるのもおかしいんだけど。

そしてギャラリーを見渡すと、いました!!モジモジ君!!子供たちも気がついてざわついてました。彼は本当にバレーが好きなんですね・・・

彼の今日のマイスリッパはピンク、でした。

2006年1月21日 (土)

カンパーイ!

ソフト仲良し五人で新年会。今何杯目だろ…?

男性のどこが好き?で盛り上がり中。
肩甲骨、お尻、背中…後ろ姿が多いみたい。

私は…秘密!dvc00014_m.jpg

私のために…

絶対に覗かないと思っていたのに・・・

JTBに用事があって行っただけの”さくら野”。 正月が明けると始まるウィンターバーゲン、どの売り場も30%40%、50%オフまで。。。

「オマエ、私のために残っていてくれたの?」

DVC00002_M もう冬物は買わないと思っていたのに、”組曲”で見つけたダッフルコート。黒に近い紺色がすごく綺麗。ファーも生地も上質だから、発色が良いんです。(携帯の写真だと色がイマイチ) ダッフルにありがちなダボッとしたデザインじゃなく、ウェストシェイプのスレンダーなデザイン、留め具も艶消しのシルバー。 【大人のダッフル】です。

隣の”23区”の方がデザイン大人っぽくて相応しいのかもしれないけど、似合わないんだな、コレが。。。

袖丈はちょっと長めだけど、肩も落ちない。細めの9号だからダボダボしない!30%オフだしコレは買い!でしょう!・・・で、買いました。

去年も同じ言い訳して、同じとこでコートを一着買いました。ホントに私のために、と思えるくらい好みなのが、プライスダウンで一着だけ残っていたんです。そして今回も・・・(^◇^;)

あぁ~!嬉しい!大事に着ようっと。

知人で真っ赤なダッフルを愛用している人がいます。真っ赤が似合う可愛い女性。J-プレスかマクレガーだったか正統派のトラッドなダッフルで、大事に大事に着ています。流行に左右されないタータンチェックのボックスプリーツにタートルネック。バックはロエベかバーバリー。自分のスタイルを崩すことない、【素敵な奥様】。

真っ赤なダッフル。いえ、私の場合は真っ赤なピーコート。いつか着たいと思っていたのに、もう袖を通すのは勇気の要る年齢になりました。着たいときに着ておけば良かった…

昨年末に入籍した私のフジッキー。彼も真っ赤なダッフルが似合うカッコいい男の子でした。長身でスラッとしてるから似合うのよ。彼も今では撮影の時なんかは黒のダウンばっかり。すっかり大人の男になっちゃって・・・背負うものがある男の人は、若いときより魅力が増すのは当たり前よね。。。

                                                       

DSCF0027 「これで癒されて早くハゲ良くなりますように・・・」

コーヒーも好きだけど、フレバリーティも好きなのを知ってて、スタッフのカスミンがプレゼントしてくれました。

うちの冷凍庫の中にはレシピエ(今は名前が変わったみたい)のフレバリーティが沢山保存されてます。

「神戸に美味しい紅茶のお店があったはず」 それを聞いてたカスミンがネットで調べて取り寄せてくれました。 【ムレスナティ】 西宮に本店がありました。

すっごく良い香り・・・私が飲む前に、新し物好きな娘が早速封を切って一人で飲んでました。。。

私もこれから ”バラともも” で癒されることにしましょう。

2006年1月19日 (木)

やっぱりかなわない

昼のソフトバレーチームに遊びに行く武道館への道すがら、雪に嵌った軽自動車の周りに何人もの知った顔が。

雪で見えなくなった縁石に軽自動車が乗り上げて(全然知らない人)、友達が HELP! と車を止められたらしい。ソフトバレー仲間が3、4人、一緒に車を押すのを手伝ってました。

私も慌てて手伝ったけど、足が雪に滑って力が入らないし、女の力じゃぁもう限界。

そこにヒーロー参上!

排雪作業に来ていた軽トラックのオジサンが、見かねて牽引してくれました。牽引ロープがなかったので、トラックのチェーンを二つ組み合わせて。

素晴らしい機転です!女が何人もいても、たいして役にも立たなかったけど、オジサン一人の登場で事件はあっという間に解決。

やっぱり男の人には敵わないわよね~。(オジサンに一応聞こえるように、みんなで呟いてみました)

オジサンは軽自動車を助けると、自分の仕事に颯爽と戻っていってしまいました。

男はこうでなくっちゃ!

2006年1月18日 (水)

今日の良かったこと

何ヶ月かぶりで今朝お会いした方。

顔色も表情も明るくなって…。 聞けば新年早々転職したとのこと。資格を生かせる仕事が見つかり、家から通勤時間も10分。前の工場勤務とは全く畑の違う、デイケアなどの老人福祉施設に再就職。。。工場には「明日会社辞めます!」と宣言しての退職だったらしい…

人間相手の仕事は大変だけどやりがいもあるし楽しい、と。 わざわざ連絡くれての近況報告。 良かったねー、顔色で充実ぶりが分かります。気持ちが変わると、こんなにも表情明るく、肌にも艶が出るんだとビックリです。良い話を聞かせてもらったことが、私こそ嬉しい。

                                                       

夕方、娘のピアノの送り迎えで。

買い物の用事もないし、レッスン終わるまで待合室で待ってようと、時間潰すつもりで家の新聞を持参。 

他の教室から待ち時間の合間に遊び弾き?している先生のピアノの音色。。。クリスタルケイの『恋におちたら』と、レイラの『ENDLESS STORY』が。 ピアノの生演奏でこっそり一人カラオケ。 待合室には私だけ。。。気持ちよかったぁ! さすがピアノの先生、繰り返し何度も弾いてたけど、新聞読みながら聞き惚れてしまいました。 明日早速楽譜買ってきて、娘に練習してもらいましょっ!

               

DSCF0025昼は青森弘前合同の会議と、新年会を兼ねてスタッフによる持ち寄りランチ。ボスのゆみちゃんはどーんと太っ腹にお寿司の差し入れ。 

色々差し入れがあった中で、一押しが手作りのワッフル。甘さ控えめのカスタードももちろん手作り。夏は水まんじゅう、水羊羹。シフォンケーキなんかも手作りをご馳走してくれます。 美味しかったぁ~。。。(私はサラダとフルーツ。地味です。)

坦々とした毎日。。。でも、見つけようと思えば今日は良いこと沢山あったかな。  

明日はどんな日…?

明日は弘前最高気温マイナス6度!?ウッヒャァーー!                                                   

2006年1月16日 (月)

”勝負服” 着れました。

決勝はさすがにきつかった。

その前の四試合は薄っすら汗をかく程度で、たいして息も上がらず、あっという間に全ての試合が2-0で終了。

思ったとおり、決勝には全国大会出場もした宿敵Fが上がってきました。極端に背の高い人が揃ってるチームではないけど、抜群のテクニックとチームプレー、フォローの上手さ粘り強さ、チームカラーの明るさでは県でも群を抜いています。何といってもサーブの良さが一番の強みでしょう。昨年最後の試合では、2-1で勝たせてもらったけど、いつもの調子が出てなくて、不本意な試合内容だったはず。

1セット目取った時、既に息が上がってゼーゼー。その前の四試合全部したときより激しく疲れました。Fは対戦相手がウチだと、いつもの気合に拍車がかかります。172センチの速攻もなかなか決まらない。ラリーが何本も続くと”一点”の重みがのしかかってきます。 「ようやく一点」 その積み重ねでやっと1セット先取。

2セット目は強力なサーブにやられました。えぇ、バックのせいです、完璧に。(T_T) 何と言われても仕方がない。FのバックセンのY子さん(カットは上手いしサーブは良いしで尊敬してる一人)のサーブにウチのハーフもバックも翻弄されました。。。普段はコーチ(男性)のサーブで変化球も重いのもある程度は慣れてるけれど、臨場にいる気合の篭った生きたサーブには、練習で上げてるサーブなんてかないません。1セットは取られても、絶対にコレで終わらないという、かつての王者の気迫は違います。

3セット目、15-15でタイム取った時、「あぁ~もう、ヤバイかも・・・」と頭の中をよぎったけど、ネット際に上がったツーをトス上げるふりしてノーブロックのとこにCクイックが決まり終了。。。長かった。。。

現地に朝七時半に集合して、決勝が終わったのが夕方5時。何年か前は、決勝が終わって七時半という試合もあったので、まだ早い方でしょうか・・・

弘前で、もう思い残すことはありません。 県などへの次に繋がる公式試合ではなかったけれど、最後の試合を優勝で終わることが出来たなんて、本当に幸せな気持ちでした。(*^_^*)

祝勝会になった打ち上げでは、助っ人さんが(二番目のコーチ)感激して話してました。「決勝までの四試合と、テンションの上げ方が全然違ってた。よくあれだけ全員気持ちの切り替え出来たねぇ」と。 そりゃねぇ、決勝だし、相手がFならそれぞれの気合の入れ方が違って当然です。実際アドレナリン出まくりなの自分で分かるし、「なんだか鼻血でそーっ!」とタイムの時に洩らしてる人もいたし。

ママさんバレーの世界に踏み込んで、”趣味はスポーツ”なんて生易しいものではないことは骨身に沁みて分かりました。年齢の幅のある大人の女の世界、実力と人間関係のしがらみ。。。お茶やお花も嗜んだけど(そこも色々見てきたけど)、同じ趣味でもかなり中身が濃い世界でした。

本当に良い経験させてもらいました。沢山の友達にも恵まれたし、悔しい思いも嬉しい思いも数々させてもらったし。バレーしてなかったら、私の人生はきっと味気ないものになってたことでしょう。

夜も休日も家を留守にして(夏中毎晩いなかったし)、バレーが生活の中心になるのを快く思ってくれてた家族には本当に感謝しています。娘は同じバレーをして気持ちを分かってくれてるせいか、優勝の報告には人一倍喜んでくれ、疲れて帰ってドロドロの体にまとわりついて大変です(アリガタメーワクなほどにはしゃいで・・・)。(^◇^;)

「もう思い残すことはないわ・・・」 そうしんみりしてたら 『春の転勤は100%確実って決まってる訳やないんやから・・・・』 

えっ!?そうなの?私の流した涙っていったい・・・( ̄▽ ̄;)

2006年1月14日 (土)

三日ぶり

パソコン三日ぶりに開きました。いつもならメールチェックも兼ねて、なるべく朝晩一回は開けてたのに。お陰でものすごいメールの数。ほとんど不要のものばかりですが。

この記事で投稿数100!です。

細く長~く続けていきたいので、書けない時は無理しません。無理しないことにしたので三日も開きました…

気が抜けてました、ここ数日。 そう ”気” が。 江原さんに言わせれば、きっとオーラが薄くなっていた、ということでしょうか。偏頭痛が続き、寝てもだるいし、なんだかダルダルしてました。いつもなら「いかんいかん!」と頭の中で思うのに、なんでもいいや、もう。みたいな。。。

明日は弘前での最後の(たぶん)公式試合。ダルダルの気分を切り替えるスイッチが入れば良いのですが。いえ、切り替えないといけません!

決勝まで5試合…中高生だって一日に2、3試合ですよ。夜は打ち上げもあるし…体力もつかしら…?

DSCF0021 この試合が終わったら、春の大会まで期間があるのでユニフォームをチームに返します。もう私の手元から離れてしまうので、記念写真。

こうして見ると、ミズノ、デサント、アシックスとメーカーが上手く配分されています。もう一つ、着たことない古い黒のがありますが。一番右のが勝負服。明日の決勝で着れる事を願って、今夜は早く寝ることにしましょう。

大丈夫。明日朝起きれば、きっといつものテンションのはず。

拾いまくってきます。

2006年1月11日 (水)

大通りから一本入ると…このとおり。

DSCF0017 誰かこの雪の塊運んでちょうだいっ!!

対向車とは擦れ違えません。雪が寄せられて出来たわずかな隙間に車を入れて、対向車をやり過ごします。除雪はおろか、排雪する場所も少ないらしい。市の予算も12億を越したとか・・・、って去年も同じような記事書いてたはずσ(^-^;)

今日は午前中良い天気でした。晴れると雪の壁や道路の窪みに影が出来るから、その存在が分かりやすくて嬉しい。どんよりしてるとデコボコが見えづらくて、怖い。

昨日は、お店に回収に来たクロネコヤマトさんのトラックが、目の前で雪に嵌って動けなくなりハラハラしました。。。もう一回り大きいクロネコトラックがやってきて、牽引してもらい脱出してホッ・・・

しかし、晴れると怖いのが中途半端に溶けた雪。ゲショゲショになって、スリップするは、嵌って動けなくなるは、で大変。

去年の冬は二回もお店の駐車場の前で嵌って大変でした。タイヤが滑って道路に斜めになったまま動かなくて・・・いつも助けてくれるのは隣の不動産屋の社長。感謝してます、ほんと!

その時も、滑って動かなくなったタイヤの下の雪をスコップで寄せたり、焦って何度も車を動かしてたのですが。。。ちょっと離れたとこにいたゴミ収集車の数人のオジサンたちが、ニヤニヤしながらその様子をじーっと見てて、「なんだぁネエチャン(ここ大事!)。四駆なのに雪さ嵌ってまったのが~?」・・・もう!笑って見てるなんてひどい・・・!

ここで助っ人の隣の社長が登場!

オネエチャン(ここ大事!)、あぶねぇがらよげでろよ」と、牽引の準備をしてくれて、ハンドルしっかり握っておけとか色々指示してくれ、あっという間に脱出できたのでした~。感謝感激!!!

その間もごみ収集のオジサンたちは、「ネエチャン(ここ大事!しつこい?)、エンジンかけれんのが?ギア、ちゃんとバックさ入れろよ(笑・笑・笑)」

(外野の声、うるさい…ネエチャンネエチャンって、あんまり小ばかにしてると怒るわよ!でも、オバちゃんじゃなくてネエチャンって言ってたから許してあげる(゚∀゚)!)

この冬もこんなアクシデントの一つや二つは覚悟しておかなくちゃ。

それにしても隣の社長はスーパーマン。(≧∇≦)ъ 毎日綺麗に雪かきしてくれ(雪かきに出ようとすると「体悪くするがら止めどけぇ~」と)、水道が凍った時も来てくれ、非常灯の電気が壊れた時も駆けつけてくれ(私が届かなかったから…)、ファックスも貸してくれる。

オシャレで気さくで超ナイスガイ!素敵で頼りがいのあるオジサマ。

いつもボスのゆみちゃんと感謝しながらも語っています。「これで若くて好みのタイプだったら、食事に誘うんだけど~」 と。

社長はたぶん私の父よりだいぶ年上。今年も雪かきお世話になります~。っていうか、なってます~。明日もよろしくお願いします~(ニコッ!

2006年1月 9日 (月)

今夜のひとりごと。

自分の話、聞いた話、体験談、日々の出来事、その他色々。

仕事、バレー、友達、人間関係、家族のこと。

毎日ネタには事欠かず、書こうと思えば何から書こうかな・・・と。

でも、本当に書きたいのは、思っていても言葉に出せないことだったり想いだったり。

自分のブログなんだから、なんら遠慮することないのは分かってる。分かってるけど、やっぱり思った通りには言葉を表すことは出来ないワタシ。

良い母?良い妻?良い女???

何になりたくて、何を伝えたくて、どんな自分でいたいのか。

一人でしまっておくには苦しかったり切なかったり、そんな想いを言葉で吐き出したくて始めた今のブログなのに。

なんだか少し窮屈に思えてきたのは、リアルな自分の日々の姿だけを書いてるから?

清廉潔白、品行方正、良妻賢母、勤勉勤労、無私無欲?

(本当は)そんなこんなはどっかへ飛んでけー!と大声で言ってみたい! はぁ、はぁ、はぁ。。。

誰かのブログのコメントで、囁いてる自分の言葉が本当の想いだったり、ね。

やっぱり、本音を全部吐き出すのは無防備だから。ハダカの自分を晒す言葉は、自分に跳ね返ってくるのが怖いから。勇気の要ることなのよね。。。。コンジョナシナワタシ。。。

今夜は”ひとりごと”が頭の中でぐーるぐる。

読んだ人はきっと??? まぁ、こんな夜もあるんです。

2006年1月 8日 (日)

仲良きことは…

午後、ズマから電話。 

帰省で青森空港へ向かっている車の中でも電話があって、延々一時間近くケーシンさんとのここ何ヶ月の出来事の事後報告を聞いたのです。 その前には携帯のバッテリーが切れるほどの長電話で、重くて出口の見えない苦しい話を聞いていました。

人生ややこしく生きてる人は、ややこしく生きるようにその選択をしているそうな。三回目の結婚をしたズマは、やっぱりややこしい生き方しか出来ないみたい・・・ただ普通にシアワセになりたいだけなのに。

ズマ自身は突飛な格好でかなり派手に見えるし、言動も必ずしもお上品とはいえないけれど、やっぱり歳を取ってる分、TPOはわきまえて行動は大人。お相手のケーシンさんは気分の浮き沈みが超激しくて、地を這うほどのウツに陥ったかと思うと、一転、一触即発状態(ズマ以外の他人に対して)。六月に結婚してからも本当に色々あって(バリのテロ事件もあったし)、ズマがまた壊れてしまうんじゃないかと心配していたのです。

「ケーシンさんと一緒になっても、歩く人生はそれぞれなんだから。共倒れになってはダメよ」 私はいつも同じことを言っていました。

結局24時間べったり一緒にいるのが、お互いの精神衛生上に良くないこと。。。 ズマは派遣の仕事を再開し、カード勧誘の仕事に復帰しました。超優秀者で、何度も表彰されるくらいの営業力を持っているのです。働き始めたことで、話題がお互いのことだけでなく外にも視野が広がって、お互いを客観的に見られるようになったよう。。。

年末の電話でホッと安心していたところに今日の電話。また何かあったのかと思いきや。

「ちょっとぉ、仙台で凄いいい物件あるんだってば!3LDKで家賃安くて広くて、駐車場も二台借りれて、二重窓で日当たり良好!」 聞けば、今住んでる弘前のマンションより家賃も駐車場も安くて新築らしい。。。でもなんで?どうして?

「いいとこなんだってば、ここ。静かでさー、ねぇ、ケーシンさん♪」・・・・・どうやら自分たちが引越ししたマンションの、空き部屋のことみたい!

もう、可笑しくて可笑しくて電話口で大笑いしちゃいましたよ!ズマ夫婦とご近所さん、っていうか同じ屋根の下にぃ? 第一、春に転勤があるといっても、仙台と決まってるわけじゃないのに。関東になるか関西になるか、はたまた九州四国だって有り得るのに。ズマは仙台に来ると決め込んでるわけ。嬉しいような、困ったような・・・(^◇^;)

あの二人とは少し距離があるからいいんです。特にケーシンさんが近くにいたら・・・ちょっと身の危険を感じるかも(大げさだけど)! 嘘嘘! いえ、色んな意味で本当に・・・(^-^;

二人して交代で電話に出て、支離滅裂なジョーク飛ばして、二人で盛り上がってるのは良いとして。結局本当は何の用事だったかというと・・・・・

ドレッシングを送ってくれ、と。

春に弘前に二人で遊びに来たとき、カルパッチョにかけたドレッシングをいたく気に入って、お土産に近所のスーパーから買って帰ったほどだったのです。それがあちこちで売ってないドレッシングみたいで。仙台でもかなり探したそうだけど、後残り瓶の四分の1くらいになったから、ないと不安なのよ~、だって。

そんなことならお安い御用よ。送ってあげる、リンゴと一緒に10本くらいまとめて。

夫婦喧嘩は犬も食わない、ってね。二人でじゃれあってるくらいが私には安心だわ。戌年だし・・・関係ないか。

2006年1月 7日 (土)

真冬のオレンジ

DSCF0012 昨日の朝、7時10分の空。 きれーー!この季節に珍しいー!

                                              

DSCF0016 その7分後。 オレンジの光が食器棚のガラスに反射して、部屋の中がオレンジ色に明るくなりました。

昨日も今日も冷え込んで。真冬日はいつまで続くんでしょうか・・・

春よ早く来い来い~!!・・・あ、まだ1月になったばかり・・・長いな。

2006年1月 6日 (金)

そういえば・・・

ブログを初めて一年経っていたのでした。

去年の1月2日に初ブログ”きゃらめるぷりん”の記事を書いて。。。今ここの”ぷりん・a・la・もーど。”に至っています。

日々の出来事やそのときの思い。 一年ってあっという間に過ぎるほど短い、とは言いますが、文章にして残しておくことによって(写真も)、振り返ると日々の小さな出来事の積み重ねで過ぎていってたんだなーと実感させられます。

”匂い”で、過去の風景や思い出がフラッシュバックすることがあります。 青畳の香りに、小学生の頃に新築した家の思い出と、転校した時の辛い思い出がよみがえったり。(あの清々しい香りは好きです) 普段全く頭の片隅にも残っていなかったような思い出が、ぶわぁーっと思い出されるきっかけになるのが”匂い”だったりします。そして”音楽”も。

そのとき聞いていた音楽がキモチを代弁していたり、想いが音楽の歌詞に共感して感情移入したり。

ごくごくたまーに自分のブログを読み返してみると、いつもそこに、その時好きで良く聞いていた音楽が耳によみがえります。

その時期の流行りモノなんですけど。

大塚愛の「大好きだよ」 ・・・・・ このプロモの愛ちゃんがめっちゃ可愛くて切ない

ケツメイシの「さくら」 ・・・・・ 花が咲く前の、この春の”思い出”がオーバーラップ。。。

オレンジレンジの「花」 ・・・・・ 弘前公園の満開の桜。いまだに着メロのひとつ。

HOME MADE 家族の「恋のデシベル」 ・・・・・ ひとりニヤニヤ。

A.I の「STORY」 ・・・・・ 友達ってありがたいなぁ

PEPAPEPEの「This Way」 ・・・・・ 軽快なギターの彼等だけど、ピアノとのコラボがしっとりとして一番好き

こうやって羅列してみると、中高生の スキウタ みたいで恥ずかしいわぁ。でも、懐かしい系も沢山あるんです。

サザンの「真夏の果実」、米米の「愛してる」、森高千里の「雨」 「渡良瀬橋」、BOAの「メリクリ」・・・・・あれ、だんだんカラオケのレパートリー?になってきた。

書ききれないけど(曲名思い出せない・・・)、その季節それぞれに音楽とともに色んな想いや出来事が。。。ブログの記事をたどっていくと、BGMのように頭の中に流れ込んできます。

夏の思い出の名残の”ハゲ”治療、第二回目に行ってきました。例のマイナス200度の液体窒素。一回目は優しい治療だったそうで、今回からはちょっと本格的になりますよー、って。。。

『ジジジ、ジューッ』・・・あのぉ、肉焼いてるような音するんですけど。。。すっごく痛いんですけど。。。

「ちょっと痛いですけどね、慣れると段々 キモチイイ っておっしゃる方多いですよ」 

(・・・先生。そーいぅ趣味ないですから、私。 痛いのは痛いんです!)

一週間に一度、このジクジク痛い治療に何ヶ月か通います。長いわー。。。ハゲ治療の経過ブログになりそうな感じ。

2006年1月 5日 (木)

コレが現実

津軽平野を20分旋回して、やっと降りれた青森空港。アナウンスでは青森空港は除雪作業中で閉鎖、と。 あーー、もう!! 作業も終わり、吹雪の一瞬途切れた時に降下。 まるでキムタクのドラマのよう。。。パイロットって凄い!かっこいい!ナイス判断!と心の中で一人拍手してました。

空港の駐車場が立体になったお陰で、車は雪まみれにならず良かった~。

それにしても年末から比べて雪の量は二倍。路肩は雪の壁、吹雪いて前も横も見えないと感覚だけで走っているよう。 まー、今日は私が運転したんじゃないからいいんだけど・・・

弘前の積雪は90センチ、珍しく青森より多いみたい。

コレが現実。 飛行機降りたら予想通り、いえそれ以上の雪一色。ほんの数時間前の乾いた空気と乾いた路面が夢のよう・・・

そして、本日初バレー。 でも ”球初め” とは言わない。”納め”があるんだから、なんか適当な言い方ないのかしら。

思ったとおり、体は重ーーい!全然動けないし、オールコート二週ランニングしただけで息が切れる。こりゃ、絞らなくっちゃ。

久しぶりに穿いたハーフパンツから出た足のなんと逞しいこと。なんだってこう下半身に集中するのかなっ! B子は太っただけでなく、肌もボロボロ・・・この一週間でいったい何があったの?・・・わい~、飲みすぎだって!

でも人の事言えないわーー。しばらくソフトバレーでもエロパンは穿けない・・・

嫌な現実。。。体内時計が戻るまで、一週間はかかりそう。 禁酒したら体重戻るのは一週間でOKなんだけどな。

「我慢はストレスになるんじゃない?」 そーよね。今ストレス注意報発令中だから。

自分に甘い言い訳して、ベランダでギンギンに冷えたビールは、飲んだら体が冷えました。。。

                                                       

DVC00076_M 帰ってきてすぐに買い物行ったら、ビックリ!

こんな値段有り得なくない?

誰か買う人いるのかしら。 肉より高いサニーレタス。 これも低温と雪の影響なんでしょうね。。。

2006年1月 4日 (水)

さよなら。神戸。

明日朝の8時20分伊丹発で帰ります。

飛行機降りたら、来た時とは逆の別世界。雪・雪・雪の白一色。友達からのメールでは、青森はすごい吹雪で飛行機もだいぶ欠航したとのこと。

明日はどうでしょう・・・朝方気温が低くなり、雪マークの神戸。雪が降ったら、ノーマルタイヤのおじいちゃんの車はお願いできません。電車と空港バスで乗り継いでいくとしたら、5時半には出なくては・・・どうか、降りませんように!!

長いようで短い、でもやっぱり長かった神戸滞在も今夜でお終い。

悲喜こもごも。笑いあり涙あり。楽しく、そして切ない7日間。。。

神戸は暖かかったー。

”私の神戸 ”はもっと温かかったーー。

ありがとう、元気でいてね。 さよなら。

2006年1月 1日 (日)

昼も夜も。

明けましておめでとうございます。

季節の行事の中で、やはりお正月は日本人であることを改めて実感させられますね。

十年以上も宮城でお正月を過ごしてないので、実家のお節が懐かしいけど、お料理上手の神戸の義母の黒豆は絶品。金沢に長く住んでいたという義母のお節は純粋な関西風とはちょっと違います。

お雑煮は鰹のお出汁のおすまし風、つまり醤油味。東北の私にも抵抗無く美味しく戴けます。

DSCF0011 ここ数年からは、ホテルのお節をお取り寄せ。お値段は結構するみたいだけど、材料あれこれ買って品数作ることを考えると大して変わりないから、なんだそう。まぁ、プロが作ったお料理だから、見た目も綺麗だし、お味もさすが。

一の重は和風。 娘は 蛸の照り煮 をいたく好んで、殆ど一人で食べていました。丁寧に作られた和食にはやっぱり熱燗が似合います。お正月の祝い酒は、お屠蘇を好まないおじいちゃんの意向で、熱燗で乾杯。三木の地酒で、飲みやすくて美味しかったわぁ。 やっぱり日本人、と感じる一瞬よねぇ。

二の重は洋風。 娘は鱒のイクラ(キャビア風って書いてあったけど・・・)を白いご飯にかけて食べてました。食べ方ちょっと違うんじゃないかとは思う。。。まぁ、ご飯には醤油漬けの鮭のイクラの方が美味しいはずだけど。。。洋風のこちらは赤ワインで戴きました。私の大好物のフォアグラが、ブリオッシュにテリーヌになって挟めてあった一品が一番美味しかった!!!

昼から日本酒にワイン。

お正月ですからね。いいじゃないですかーー。一緒に飲めるのを喜んでくれる人たちがいるんだもの。

夜はビール。お次の焼酎はさすがにお断りしましたが。。。おじいちゃん、ちょっと寂しそうだったけど、今夜はこれで勘弁してくださいませ~~

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »