« アフタースキーはやっぱ温泉でしょっ! | トップページ | 美しすぎる~! »

2006年2月13日 (月)

雪灯篭祭り

13度目の冬で初めて行ってきました。厳冬のお祭りは、出かけるのに勇気が要りますが、スキーの帰りで全員スキーウェア。寒さ対策は万全です。

”雪灯篭”というだけあって、本当は夜に見物するのが見ごたえがあるんだけど。

DSCF0066 大手門の前のこの一枚。絵葉書のようでしょう?

夜にこの雪灯篭に蝋燭の火が灯ると、窓に張られた ねぷた絵 が照らし出されてどんなにか美しいことでしょう。

DSCF0068 DSCF0069

DSCF0079

            ミニ雪だるま、キャラクターの雪灯篭、そして二の丸から西堀を見下ろすと、ミニかまくら群。このミニかまくらが灯ると、すばらしく幻想的(写真を見ると)。でも、明るい時間に見るとなんだか怖い。墓標のようです。。。「お墓が集まってるみたい」子供たちも不気味がっていました・・・作った人たちゴメンナサイ。

DSCF0078 大型かまくらの中は広く、10人は入れそう。ここに七輪を持ってきて、お餅を焼いて食べたら楽しいねぇ。(肉焼きたい、って誰!?)

降る雪に光をさえぎられた小さな太陽。晴れればその暖かさと強さで、存在を大きく感じるお日様も、二月の津軽の空では主役の座を雪雲に奪われています。

DSCF0082 DSCF0087

晴れたり降ったり曇ったり。

雪上広場では、家族連れで大賑わい。ソリに乗せられた小さな子供たちが可愛い!娘もこうやって乗せて歩いたっけ。よくひっくり返っては泣いてたのよね。

馬ソリや雪の巨大な滑り台。餅つき大会の会場では、搗き立てのお餅を二回ももらってきました。お餅をもらうのに、必死になって滑って転びそうになったお婆ちゃんにしがみつかれ、一緒に転びそうになっていた娘・・・自分の体は自分で守りましょう。転ぶ時は人を巻き添えにしないで~!

冬の祭りも堪能しました。

スキー場以外、もう雪は溶けても良いよー

« アフタースキーはやっぱ温泉でしょっ! | トップページ | 美しすぎる~! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1451590/38251223

この記事へのトラックバック一覧です: 雪灯篭祭り:

« アフタースキーはやっぱ温泉でしょっ! | トップページ | 美しすぎる~! »