« 続・ハワイ☆紀行  | トップページ | 夢が覚めると »

2006年6月25日 (日)

続々・ハワイ☆紀行

ご招待旅行のメインは、表彰式の後のパーティです。参加人数が多いため、今年はコンベンションセンターへ専用バスで移動しました。

パーティといったら、やっぱり仕度が大変。一時間前には全員入浴を済ませて(ゆみちゃんは”死海の塩”で体を絞って)、メイクと髪のセット。そして其々の仕度をチェックしあって。

ところがバスの集合時間に合わせて皆エレベーターを使うものだから、6機あるエレベーターが満室。。。待てども待てども乗れない…仕方がないので、非常口の階段から降りることにしましたよ!15階から…ヒールの高い靴はいて、長いドレスの人は裾持って…昇りだったら絶対無理。ヒール脱いで裸足にならなきゃ昇れないでしょう。パンストも網タイツもきっとぼろぼろ。。。

Dscf0081 乾杯は苺の入ったシャンパンで。

皆、思うことは一緒。”プリティウーマン”みたいよね、って(〃∇〃) ゞ。。。しかしながら、シャンパンに苺の組み合わせって何故にこうも絶妙なんでしょう。女性だけのパーティの乾杯に素敵な色を演出してくれました。勿論とっても美味しかったし。

Dscf0083 パーティの終わりに、本社スタッフの超イケメン社員Eさんを見つけて一緒に無理やり(1200人さばくのにすごーーーく忙しそう)記念写真。ワールドカップ主将の宮本を、10倍くらいハンサムにしたような方。慣れているのか、写真の笑顔もめっちゃ素敵。勿論ツーショット写真も撮りました、去年もね(えへ♪)私だけ(えへ♪)。本社社員とお会いできるのは、こういう機会だけだからね。あーー嬉しい。

それにしてもパーティドレスって選び方を間違えると、上品にも下品にも見えてしまいます。ハリウッド女優の映画祭での装いが、週刊誌の話題になるのもうなずけるほど。とかく若い子の露出の多い洋服は、派手な髪型と合わせるとキャバ嬢のよう…デザインによっては品良く見える子もいるのに。オバ様方は、体型を隠すような無難なデザインが多くて華やかに欠ける方も・・・そういう私も、妹からの借り物なので大きなことは言えませんが…

ドレスアップ賞は淡いピンクの細かいスパンコールの方。伸長もある方で、胸とウエスト周りのスパンコールからしなやかに揺れるマーメイドラインのスカートがとっても綺麗。アップにした髪形も上品で、女性らしい流れるような曲線美がとっても美しかったわ~。おまけに美人だったし!写真を撮らなかったのが残念!あのドレスはそうとうお高いでしょう。。。

今回の旅行でのお楽しみは”サーク・ハワイ ハイ・パフォーマンス・ショー”。去年の12月に始まったワイキキで人気の最新のショーです。

空中ブランコや天井から垂れるロープや布を使ったアクロバット。ダンスに手品や早着替えを混ぜたパフォーマンス。中国雑技団も顔負けの、体の柔らかさを生かした演技。。。体を海老反らせて股の間から笑顔を振りまくアジア系の女の子。逆三角形になった足の形から綺麗なお顔が見えます~~。(見てるだけで腰痛くなるわぁ。)

どの演技も命がけ。。。感激するのは当然!

耐久力やバランス、そしてユーモアも交えた美しくも優雅なラスベガススタイルのショーでした。なんといっても出演者の男の子たちの肉体美が素晴らしい!!!女性必見です!!ジャンプするコ、支えるコ、それぞれ体つきが全然違います。

「どのコがいい~?私はあのコ!!」などと、お持ち帰りできるわけもないのに、皆の妄想は膨らんでいました(オバサン丸出し!)。

ハワイに行く機会のある方は、ぜひご覧あれ!できればVIP席を取ることをおススメします。空中ブランコやゴムを使った演技のときに、席の上空にまで男の子たちが飛んでくるんだから!!(手を伸ばしたのはきっと私だけじゃないはず。)迫力満点!!

ショッピングの話題に触れて無かったわ…4泊6日の日程のうち、最終日はホテルを朝の9時出発でした。その日はさすがにショッピングは出来なかったけど、ほか5日、旅のメインはショッピング。D.F.S(免税店)は5日通いました。毎日行っても飽きません。アラモアナショッピングセンターは一日しか行けなくて残念!ワイキキのブランドショップやブティックなど、見ても見ても飽きることなど無くて、気が付くといつも夜の八時過ぎ…慌てて晩ご飯を食べに行くにも、行く途中に可愛いお店があるとまた全員で寄り道。。。なかなか晩ご飯にありつけなかったなぁ。芸能人御用達のジーンズショップは、二回も行ったし。欲しいのがあったけど、サイズが無くて断念したけどね。。。ゆみちゃんは流石、ジーンズその他をがっつり大人買いしていましたね。【日本に入っていない、未発売】などの言葉に弱いのは、ミーハーな日本人なら誰でも一緒。そういう情報は東京も青森も一緒です。センスが良くてお洒落に敏感な人たちばかりなので、こんなブランド良く知ってる!と感心しきり。

物にも縁がありまして…ゆみちゃんには縁のあったジーンズは私には無かった。欲しいと思っていたバッグも欲しい色が無くて、これは縁がなかったんだと諦めていたら…出国する直前10分前にホノルル空港でゲットしました。これが良かったのか悪かったのか…無かったら諦めて、無駄遣いしなくて済んだとも思ったのに。。。皆に「帰る直前に見つけたんだもん、縁よ、これは縁なのよ!」と言われて、勢い(無理やり?)がついたのでした。

・・・後はなんとかなるでしょう…なんとかしなくちゃね。

ワイキキは当然日本人が多いのだけど、外国人も多い。(この場合本当は我々が外国人) それにしても日本の女性は本当にお洒落だなぁと思う。Tシャツに短パン、なんて格好の女性は一人もいない。(あ、男の人はそれでいいの、充分)重ね着やアクセサリーで変化つけたり、ジーンズの裾を工夫してみたり。洋服に一番お金をかける国の女性だけあるなーと、感心しながら見ていました。リゾートだからって涼しけりゃそれでイイ!という人は殆どいませんでしたね。逆に外国人の方は、楽しむことに時間もお金もかけて、無駄なものにはお金を遣わない。本当はそれこそが、賢いリゾートの過ごし方と言えるんでしょうね。

日本的といえば、ベッドメーキングの際のチップ。枕の下に1ドルを挟み込むのが普通だけど、たしなみのある津軽の女性のカスミンは、千代紙で折った小さな折鶴に1ドルを挟んで枕の下にしのばせます。。。なんという心配りでしょう。。。優しいカスミンは私の分まで用意してくれました。これで私も奥ゆかしいたしなみのある女性になりました(付け焼刃だけど)笑。

ハワイでは年配の女性が第一線で活躍しています。小さな子供がいようといまいと、専業主婦は殆どいないそう。女性も男性も働くのが当たり前、働き者がとっても多いのです。就職するのに、年齢や性別、家族構成を聞くのはご法度で、告訴にもなりかねないとか。何が得意で何が出来るか。それこそが重要で、他の条件は要らないのだそう。羨ましいことです。。。年齢制限…これが日本じゃネックなのよ。いやぁねぇ!気力体力は若いつもりでも、実年齢の壁が大きく阻んでくれるのよ。。。

Dscf0087 

Dscf0006 Dscf0092

あと一日多く日程があったなら、ワイキキだけウロウロすることなくハワイの自然にも触れる機会があったのに。。。それこそ今回は縁が無かったと諦めて、いつかまた訪れてみたいなぁ。感動や感激が同じの、感性の似た人と。。。

また青い空に会いに行きたい。

« 続・ハワイ☆紀行  | トップページ | 夢が覚めると »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1451590/38250926

この記事へのトラックバック一覧です: 続々・ハワイ☆紀行:

« 続・ハワイ☆紀行  | トップページ | 夢が覚めると »