« 関西のオバチャン | トップページ | マックでお仕事 »

2006年6月 8日 (木)

踏み出す一歩

踏み出すのを躊躇して、迷って逃げて。

「疲れる」「疲れた」…まだ何もしてないでしょうが。

理由はいくらでもつけられる。人に頼りたい、面倒くさい、でも、本当は甘えたいだけ。自分の弱さは間違いじゃないから、庇って優しい言葉で目の前のことから逃げさせて、と。

励ますだけではもう足りない。どーーんと背中押しました。

行動起さない自分に幻滅して後悔の嵐で気分が滅入り、ネガティブになって心が疲れるんなら、頑張って行動起こして、充足感と達成感と程よい体の疲れで満足して眠りについてみたら?同じ”疲れ”でも、その度合いは全く異なるよ。

苦しい時は話を聞くし、沢山語りましょう。優しい言葉をかけて励ましてもあげるよ。でも、いつも甘えてばかりじゃ自分は何も変わらないでしょう?私が貴女を投げ出したわけじゃないの。今を変えるのは貴女自身でしかないからね、私は背中を押してあげるだけ。

昨日の電話と180度違った今日の声のトーン。

良かった。たった一日、頑張って忙しい思いしたお陰で得るもの沢山あったよね。一歩踏み出すことで、物凄く自信が付いた張りのある声。

「今夜は気持ち良いほうの疲れで寝れそう」

今日の自信は貴女が前向いて勇気の一歩を踏み出したから。

私も今夜は安心して眠れそう。良かった。

                                                       

« 関西のオバチャン | トップページ | マックでお仕事 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1451590/38250954

この記事へのトラックバック一覧です: 踏み出す一歩:

« 関西のオバチャン | トップページ | マックでお仕事 »