« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月31日 (月)

今夜は修行

お風呂の給湯器が壊れました。

この暑くて汗だくの毎日、お風呂に入れないなんて…ショック!考えられない!

全くお湯が出ないのです。台所はまぁいいとして、せめてシャワーだけでも使えるといいのに…

昨日は初めてのバレーの公式試合。左手を負傷したバックセンもだいぶ回復して、私は2試合したうちの、どちらも2セット目だけ出させてもらいました。

暑い体育館だと、だいぶ脅かされてたけど、これくらいなら何てこと無い。去年、八戸の三菱体育館での県民大会の暑さといったらこんなものじゃなかった。。。旅館で朝用意してくれてたお弁当が、お昼には腐っていたんだから。体育館の2階のギャラリーは40度近くあったんじゃないかなー。

いずれにしても試合の後はお腹の周りが汗疹になったりして、お風呂に入らなかったら”死んじゃいそう”~!!

夕べは急遽オジーチャンちに[もらい湯]に行ってきました。さすがに今夜も、ってわけにいかないので、水風呂です!!!

大鍋二つにお湯を何度も沸かしてお風呂に入れて…。でも思ったより熱くはならないのよね…しかたない、夏だしなんとか凌いでもらいましょう。

明日中には部品が入って修理できるらしいけど。

では修行に行ってきまーす。。。ブルブル。。。

2006年7月29日 (土)

夏が好き

Dscf0027_1 夕暮れの入道雲は昼の熱気を吸い上げて。

サーモンピンクの夕日に染まって、長い陽が暮れるのを惜しんでいるよう。

Dscf0030_1 夏の夜の主役は花火。

スカイマークスタジアムに上がる花火の音は、大輪の華が見えなくなっても後から後から響いてきました。

梅雨明けも秒読み。

大好きな夏。昼の灼熱の空気と紫外線は勘弁だけど、夜の空気が心地良い。

夏は夜、楽しい事が待ってそう。

2006年7月28日 (金)

ヨクガンバッタで賞

娘の活躍を見にオジーチャン・オバーチャンをお誘いして、神戸文化ホールで行なわれた兵庫県吹奏楽コンクールへ行ってきました。

実は仮入部したバレー部を辞めて、吹奏楽部に入部していたのです。

バレーは好きで下手なりに頑張ってはいたけど、小学生バレーから続けている子達のレベルとは相当かけ離れている事、何より顧問がどうしても好きになれない、と。。。

家に帰っても親には涙を見せなくなる年頃。ベッドの枕元に重なるティッシュの山を毎朝片付ける度、弘前の友達が恋しいのね…なんて暢気に思ってた母。

「泣きながら部活してるらしいよ」 他所から聞こえた娘の様子に驚きました。

転校早々、部活で挫折して学校へ行けなくなったら…! ”辞める”という選択もあることをそれとなしに言ってみたところ、考えたようです。

バカ正直なんだから、辞めるんだったら朝練なんて行かなくていいのに。朝練終ったところで顧問に退部を報告。その時の顧問の様子を聞いて、辞めて、辞めさせて本当に良かった、と思いました。。。父兄にも子供たちにも人気がないのがよ~く分かりましたね。先生といえども人間なんですね。聖職と呼ばれる職業は、はるか遠い昔に消え去ってしまったんでしょうか。(いえ、子供に向き合って頑張っておられる先生も沢山知ってはいます。)

ここで多くは語れないけど、苦い経験したことは後できっとプラスになるはず。

親にとってはバレー部でも吹奏楽でもなんでもいい。新しい環境で早く友達を作る大きな手段が”部活”だし、自分の居場所を早く作って学校に馴染んで欲しい。。。

二年生から吹奏楽を始めて、いきなり同級生に追いつく事は出来ません。一年生と同じ扱いでも平気なのか、自分のやりたい楽器が必ず出来るわけではないということも話し合って、娘は随分考えてから入部届けを出しました。

マンモス校の人気の部は、総勢100人以上の大所帯。ここでも転校生は扱いに困ると。。。忙しい先生方は中途半端が嫌いなようで、どうやら転校生は部活に入る事も覚悟がいるほど厳しいようです。(神戸体操に良く現われてる!)

バレー部でも吹奏楽部でも、友達はみんな受け入れてくれました。始業式の朝に一人で登校したきり、いつも友達が一緒に登下校してくれています。

一緒に笑える仲間がいるんだもの、もう負けない、と。

パートはパーカッション。メロディの奏でる楽器が吹きたかったらしいけど、決まった以上我が儘は言えないし言っちゃいけない、チームの中の自分の役割と居場所を大事にしなさい、と親バカな母は余計な助言。でも無言でうなずいてました(^-^;

一年生はほぼ見学のようでしたが、二年生主体のBバンドで今日のコンクールではパーカッション担当でドラムを叩きました。ペンダコは作った事ないのに、スティックダコを作って絆創膏貼ってたりして。。。

「出番少ないから見に来なくていいよ~」

なぁに言ってんのよ。ここまでの紆余曲折はアンタ一人で乗り越えたわけじゃないでしょっ!オカーサンに晴れ姿見せないでどうすんのっ!?

曲目は【薔薇の謝肉祭】

会場行って初めて知りました(^◇^;)

2006年7月27日 (木)

ステキな贈り物

午前中の早い時間に届いた郵パック。あよこさんから!

Dscf0024_2 先日姫路美術館へ「こどものとも」の絵本展へ一緒に行きましたが、展示の量が多くて見きれなかったからと、この”月刊絵本「こどものとも」50年の歩み」を送ってくれたのです!

創刊50周年記念出版というこの分厚い本には、数々の名作の表紙が掲載されています。絵本誕生のひみつを語る作者の言葉も。

家事を放り出して本に釘付け(^-^) 

何度も読み返させてもらいますね。

ありがとう!あよこさん。

泣いた日(T_T)

昨夜のTBSの特集番組で泣きました。泣かされました。。。

逸見さんのドキュメント。病気を記者会見で公表する時の、自分を見失わない凛とした姿。アナウンサーとしての最後の仕事になったというその会見の様子を見て、涙が止まりませんでした。。。

当時なかなかに売れっ子で、彼をテレビで見ない日はなかった。品が良くて知性に溢れてて、それでいて人当たりが良くてユーモアもある。こんな理想的な男性(人間)が世の中にいるんだ、と感心して見ていました。

順風満帆な人生の上り坂で、素晴らしい仕事に恵まれた働き盛りの彼に、まさかの発病。。。

当時の記者会見でもテレビを見ながら泣いたっけ。

ボロボロ泣いている私を見て、娘は苦笑いのような変な顔をしてたけど。。。

(そろそろいっか、この機会にカミングアウトしちゃえ、とりあえず結果は白だったんだから。)

二月に自己メンテナンス月間と称して市の健康診断へ行きました。日常的に運動してるし、食べ物もかなり気をつけていたし(飲み過ぎはどうだ~?)、年齢の割には?健康にかなりの自信がありました。

血圧は勿論、コレステロールも中性脂肪も標準より低い。よーしよしよし、と思っていたら。。。

”乳がんの疑いあり”で再検査の通知が!ガーーーン!!ショックでした。

私より5歳年下のバレーのチームメイトが、正月明けに乳がんで手術したばかり。彼女は半年後にはなんとか復帰したけれど、無理は出来ずに(させられないし)バレーへの意欲も随分とテンション低くなっていたのでした。

数日後、乳腺の専門外来を訪ねたところ、再検査で黒い小豆状の影のような小さなシコリが見つかりました。ガ、ガーーーン!うっそぉ!

転勤もほぼ決まり、家を探しに行かなくちゃいけないし、引越しの準備も。仕事の引継ぎや挨拶、会議も東京研修も。送別会がありがたいことに10件ほど・・・転校の準備や、中学の部活の会計担当もしてたんだ、会計報告も。。。最後までチームもソフトにも、出られる練習は出てバレーも。

普段の何倍も忙しかった三月の出来事。

私の気持ちは揺れに揺れていました。でもその頃のブログを読むと、案外おちゃらけた話なんかも書いていて、不安な気持ちは仕舞いこまれてる。。。「なんとかなるさ!」いつもは何でもそう思うようにして自分自身を鼓舞してきたけど、本当はそういう気持ちにもなれなかった。

再々検査は細胞診。超音波(胎児を見るエコーと一緒)で患部を探し当て、先生が画面を見ながらシコリに向かって針を刺してシコリの細胞を採取するのです。

深く針が(太いのよ!)体内に入る様子を、先生と一緒に画面を見せられるのよ~。痛いのなんのって…!採取するのに針を何度も上下させるし。。。看護師さんが手を握って励ましてくれてました。

涙目で「こんなに痛いなんて、巨乳の人はさぞかし大変ですね~」なんて看護師さんに聞いたら、大きい人は脂肪が厚い分あまり痛がらないそう。。。神経が脂肪に守られてるんでしょうか。こんなので感度良好なんてイヤッ!!とたいそう腹立たしかったわ。

結果が出るまでまた何日か。その間にも、作業が山積みで淡々とこなしていく毎日。

結果を聞きに行った日は、まだ雪の残る日には珍しい青空。クリニックの窓から見たあの青空を今でも忘れられません。

神戸に引越しして、転校手続きと制服の準備、片付けその他が全部終ったら、入院する病院探しかぁ。。。先生からは神戸の乳腺専門の病院も教えてもらっていました。

半分覚悟を決めて結果を仰いだら。。。シロ。でした。

その日夕方からの会議に出るのに、すぐに青森へ行かなくてはならなくて、でも運転中も頭の中は真っ白。夜の帰り道で泣きながら帰ってきたっけ。

逸見さんの特集を見てから娘に話したら、みるみる泣き顔になって「お母さん、死なないでぇ!!」。。。(って、死なないわよ!)テレビも見てたからね、私ももらい泣きしてしまった夜でした。

昨日の朝は、和室の畳がカビてるのを発見!湿気のバカヤロウ~!!と、これにも泣かされた一日。

2006年7月26日 (水)

悩む

月・火曜日と派遣会社を二社登録。やっと重い腰も上がりました。それまでにも、派遣関係無しにちょっと動いてはいたのですが、中々思い通りにはならないものです。

どちらも担当のコーディネーターさんがいい方で、親身に面接してくれました。

フルタイムの事務の仕事をその場で何件か紹介してくれましたが、平日五日、拘束されるのはちょっと厳しい。。。経験を考慮してくれて、デパートのカウンターで大手国産メーカーか輸入化粧品のビューティーアドバイザーも随分強く勧められたけど。うーーん、それはちょっとね。今更城は変えられないわ。接客販売は性格適性テストでも一番向いてるらしいけど、土日は仕事を入れないって決めたから。

あくまでも主はアルソアなので、その時間が取られなければ派遣で働く意味が無くなってしまうし。

”8:30~13:30まで週六日”これはかなりオイシカッタけど、土曜のバレーに間に合わない。。。毎朝5時起きかぁ。。。

帯に短し襷に長し。

色々と希望通りにはいかないもの。。。ま、わがままなんですけどね。でも、一旦勤めてしまえば、自分の都合で辞める訳にはいかないから、ここは条件が適うところが紹介されるまでもうちょっと遊んでよう。

明日でも電話がかかってくるといいんだけど。

登録の適性テストでは久しぶりにピリッとした緊張感を味わいました。

結果はともあれ良い刺激です(^-^)

2006年7月23日 (日)

空振り

先週はテンション低くて行かなかったバドミントン。

初回に行っただけで間が開きすぎると顔忘れられるかも、と今日は午前中に片付けられることはさっさと終らせて、午後からのバドミントンに行くつもりでした。

隣町の小学校まで自転車を漕いでる途中にパラパラッと降ってきました。帰りに降られるのは構わないから、行きだけでもたいして濡れないで良かった~。。。

……体育館は閉まったまま。待てども待てどもバドミントンの関係者らしい人は誰も来ません。後から来たバドの中学生の女の子が二人、私と同じく心配顔で佇んでいます。

”本日は急遽休み” だって!女の子が友達に聞きに行ってくれました。

あ~ぁ。汗かいてアルコール抜こうと思ったのに(笑

全然残ってはいないんだけど、夕べはバレーチームの打ち上げで結構飲んだから。

会場は友達のマンションの集会場で、[持ち寄り]とのこと。健全な主婦の飲み会だわぁ~。打ち上げも夏に一回、忘年会で一回だけらしいし。

前のチームじゃ、試合のたびに打ち上げ。最低年に10回はあったし、その他仲間内でも何かにつけて集まっては飲んで喋ってたな。。。外で飲む回数がオトーサンより多かったかも(^-^; 濃かったわ…

[持ち寄り]なのに、作ってきたのは私だけ!?練習終ってお風呂入って、急いで作って仕度して。大まかな食べ物は、係りがスーパーで出来合いを買ってくることになってて、その他適当に各自で。。。まぁ、真面目さをアピールするのにはちょうど良かったかな!あははー。

女同士で飲んでお喋りするのは本当に久しぶり。

地域のバレー情報はチンプンカンプン。他チームの誰がどうとか、前のチームメイトの話とか。今は特別個性的な人もなく、穏やかに楽しく(笑いありすぎ!)ママさんバレーしてるチームだけど、ちょっと前までドロドロだったとか~~。どこも一緒なのね…爆

30日の公式試合はいきなりスタメンです。強面のバックセンが左手を負傷して、控えの私が1セット目から。勿論調子見て途中で入れ替えはあるはずだけど、週一の練習で回数こなしてないからとっても不安。。。

なにより去年は熱中症で救急車も出動したほどの体育館の暑さ!

体力持つんでしょうか!?

おまけに30日まで練習は無いし。うわぁ~!考えられない!!

だからせめてバドミントンで体動かしておこうと思ったのに。

空振りに終ってしまったわ。

2006年7月20日 (木)

芋・栗・南京

芋・栗・南京。

”女、子供の好きなモノ”といわれているこれら食材。一応女ですが、実はあんまり好んでは食べません。

カレー、シチューに入れるときは、わざと大きめに切っておいて、自分によそう時にこれらを除けます。あ、人参も。嫌いなわけではないけれど、お芋やカボチャでお腹が膨れるのがイヤなんです。カレーは玉ねぎとお肉だけのルーが好きです。ビーフシチューも然り。

実家のお味噌汁には、じゃが芋がごろごろ。あーーーー、と思う。。。

毎年この時期にオジイチャンが送ってくれる山垣畜産のお肉。今年は届けてくれました。やわらかいだけでなく、噛み応えもあってお肉そのもののうまみがとっても濃い。毎年楽しみにしてるんだけど、お肉だけでなくそこのコロッケがまた物凄く美味しい!

お芋やカボチャが得意でないから、コロッケなんて手間のかかる料理は年に一度くらい。それも実家から送られてくるダンボール一箱のじゃが芋を処分すべき料理として。。。

滅多に食べないコロッケ、でも山垣畜産のは極ウマ!頂いた10個全部を今夜揚げて、明日のお弁当用に一個残したのみ。私も3個食べました。これは自分で言うのもなんだけど、本当に珍しいです!

ソースかけないでもいいくらい、ちょうど良い塩梅の味付けで。

あ。でもやっぱり焼肉用ロースが一番ウレシオイシかな(*≧m≦)=3

2006年7月19日 (水)

鑑賞!

ハリウッド版の”シャルウィダンス?”を観ました。

草刈民代の寂しそうな憂いのある、でも凛とした表情が印象的な日本版。

ジャニファー・ロペスも表情においては勝るとも劣らず、黒く力のある瞳に憂いの色を漂わせてるあたりは、さすがハリウッド女優!シャンプーのコマーシャルで名を馳せてるだけじゃないわね!社交ダンス的には肉感的な体型。。。でもダンスの時の清潔感のあるタイトな髪型が、小さな顔にマッチしてよりナイスバディに見せていました。

リチャード・ギア。

なんていい男なんでしょっ!”プリティ・ウーマン”の時は知的でクールな男前だったけど、歳とってそれにセクシーさが加わってました。若いときには無い魅力です。

はにかむように上品に笑う表情。目が大きくないところがいいんですね。

日本版のドギツイ感じはなく、終始上品で綺麗…ラストもアメリカナイズされたハッピーエンドな終り方。

一本の赤い薔薇が、日本にはない演出。アメリカ人ならではの、でしょう。

お話のストーリーがある程度わかっている安心感と、日本版との違いを感じながらも、また違う映画になってるのが面白かった!

家でDVD観ると、集中力が足りなくて堪能できなかったりするけれど、今日のこの映画は久しぶりに「鑑賞した~!」という気になりました。

こいう娯楽性の高い作品を見ると、気分転換にはもってこいです。観る前と観た後の気分の高揚感が全然違います。

「あ~、面白かった!さて、動こう!」って気になります。

観ようと思ってるのがまだ沢山。。。次は何を観ようっかな。

                                                       

今夜も小さな訪問者。写真は撮る暇がありませんでした。

夕方取り込んだ洗濯物にでも留まっていたのでしょう。部屋干しにした洗濯物から蛍光灯にぶーーーんと飛んできて「バッチン、バッチン!」ぶつかってました。

蛍光灯にとまった小さな訪問者は、緑色した小さ目のカミキリムシみたいなやつ!体が長くて、触角も長い!うっひゃーーー!

『お母さん、ムシ、ムシ!!』 「わかったわかった!」

『取って取って!』 「わかったってば!」

『早く~!早く~!』 「え~い!うるさいな、もう!」

『ギャーーー!』 「うっひゃーーー!」………と大騒ぎでティッシュで捕まえて、外に逃がしました。

もう、やだ。

洗濯物はブンブン激しく振ってから取り込もう。。。小さな訪問者は歓迎しません。

2006年7月18日 (火)

小さな訪問者

ベランダに小さく動くものが。

Dscf0022 蛾、かと思いました。体長4~5センチのセミでした。

今日は涼しいので、今ひとつ元気がないようです。でも、すぐ目の前で鳴かれたらうるさくて仕方ないし、外に逃がしてあげようか、でも捕まえるの怖い…と思っていたらどっかへ行ってしまって、ホッ。。。

大きな黄金虫や緑色の甲虫なども、夜になると網戸にバシッと音を立ててぶつかったり。

おー、こわ。。。

前に住んでたマンションのベランダに、瀕死のセミがひっくり返っても「ジージー」大音量で鳴いてたことがありました。カブトムシは捕まえられるけど、セミはあの羽が苦手。。。窓越しにうるさくてどうしようもないので、硬めのチラシでそうっとすくって外階段に放して上げたけど、暫くの間うるさく鳴いていたっけ。

やっぱり、悪さをしない虫でも、虫が近くに居ると思うとぞっとするわぁ。

Dscf0023 普段殆ど間食はしないけど、このお菓子だけは大好きで、見つけると買ってきて一袋あっという間に食べてしまいます。

本当は”クリーミーカラメル”味が一番美味しい。美味しいから高カロリーなのに一袋開けちゃうので、違う味を買ったわけです。

←これは、ビールのおつまみ系の味かな。

砕いたプレッツェルの、硬い歯ごたえが癖になります。”バターミルク”もあるけど、これは食べたことないなー。

今ではコンビにでもどこでも売ってますね。一袋100円ちょっとかな。大入りもあります。

食べたらヤミツキ、間違いないです。

2006年7月17日 (月)

雨の姫路旅

演歌の題名のようなタイトルです。

しっとりとした煙るような、演歌調のそぼ降る雨ではなかったのです。

豪雨。それもバケツをひっくり返したような!ドッシャーーーーーー!!!おどろおどろしい雷も激しく、雷鳴にクビをすっこめてびくびく…

姫路美術館で開催されている「こどものとも」の絵本展を見に、あよこさんをお誘いして行って来ました。新聞でその展示会の記事を見つけたときに、ここからならそう遠くないし、期間中に是非行ってみたいと思ったのです。

あよこさんは絵本にも精通していて、お誘いしたら喜んでくれるかなぁと勝手に思っていたけれど、二つ返事で一泊旅行がてら来てくれました~。

Dscf0019_1 写真が光って見えないですね。開催期間は8月31日までです。

福音館の絵本は特に好きで、林明子の「こんとあき」や中川季枝子の「ぐりとぐら」、新しいところではカズコ・G・ストーンの「やなぎむら」シリーズ。

「ばばばあちゃん」も好きだなぁ。何でも知ってる物知りで、奇想天外な発明が大好き。明朗快活、はっきりきっぱりしてて。こんなオバアチャンになりたいっ!と思うほど。

絵本の作者は美大出の方も多いけど、グラフィックデザイナーや日本画に従事した方も。作者の経歴を見るのもまた面白い。

其々の作風に文章がマッチしていて、画だけでも、文だけでも、絵本としては成り立たないんだと実感。

原画の展示が素晴らしく、本になって印刷されると原画の持っている繊細さはやはり失われてしまうものなのですね。

額に入れられて展示してある原画たちは、そのままリビングの壁に飾りたいくらいでした。

ペンのタッチの細やかさ、色彩の豊かさ、レイアウトの面白さ。ついつい間近で魅入ってしまうほど魅力的。

子供が大きくなって絵本の世界から遠くなってしまったけれど、子供の頃に読んだ思い出と、娘に読み聞かせするのに選んだ数々の絵本の思い出が、胸いっぱいに迫ってくるようでした。

日曜日だったので、小さい子供連れの家族が沢山来ていましたが、大人のほうが夢中でしたね。

姫路に着いてすぐの突然の豪雨で身動きがとれずに、雨宿りしたビルの、4階からの吹き抜けガラス張りの窓に流れ落ちる激しい雨だれを仰ぎつつ、先日話足りなかった沢山のお話を あよこさん としていました。

生き物のように流れる面白い形の雫を眺められるなら、このまま外に出られなくても、姫路で”お喋りデート”で終っても、構わないかなーなんて思ったりして。

突然のアクシデントも、楽しい方に結び付けたい性質なので、豪雨に見舞われて激しい稲光にキャッキャするのもなかなか無いことだし、一面のガラスに叩きつける雨を、のんびり涼しい場所から眺めるのも面白かった。。。

美術館からの帰りは、雨上がりの蒸しっとした空気に汗をかきつつ新快速で三宮へ。

三宮でプチオフ会。

神戸に出てくるなら、と声をかけてくれていた かっちぁんさん とのオフ会?に あよこさん の”大きなこぶ”として後ろにくっ付いて、ご一緒させてもらいました。

大きな体格とは裏腹に、キャラモノ好きで繊細なハートの持ち主のステキな方でした~(^-^)

沢山のお話と美味しいお料理と、楽しい時間をありがとうございました!

ユースホステルを予約したという あよこさん を無理やりウチに連れ込んで(笑)、その夜遅くまでお喋りする覚悟だったけど、ゴメンナサイね。飲むとすぐ眠くなるのよ。。。弱くなったものだわぁ~

今日は元町南京街あたりを散策したいと言ってたけれど、朝からシトシト雨、雨、雨。。。

でも、雨にもめげずにあよこさん は神戸の街をあちこち歩き回って自分だけの発見をしていたことでしょう。

ちょっと遠出してもらうつもりでお誘いした美術館の展示会。一泊の旅行で楽しみにして来てくれてありがとう!

また会える日までお元気でね。

2006年7月14日 (金)

《神戸体操》

PTAのバドミントン部で仲良くなったKさんはじめ、5人でランチしてきました。

次の10月まで間が開いてしまう前に、せっかくの親交を温めたく、声がけしたのでした。実はみんな、誰かが声かけてくれるのを待っていたようです…(^^)

中二の子供を持つ母同士、話は殆ど学校のこと。私も情報が少ないからね、合いの手入れながら興味シンシンで話に混じってました。

先日の期末試験の話。。。保健体育の試験内容に心底血圧上がりました!

《神戸体操》

これって、なぁに?

体育の授業でもあったようでしたが、娘はチンプンカンプンで、後ろの方で盆踊りみたいに体を適当に揺らしていたそうです。どうやらラジオ体操のようなフリの柔軟体操のようです。

運動会の時にでも、余興で全員するのかな、フォークダンスみたいに!?。。。なぁんて暢気に思っていましたが。

期末試験の保健体育の筆記試験内容が《神戸体操》でした………

「あんまりよ!!転校生を全く無視した試験問題!他に出すべき問題なんて沢山あるじゃない!」 と、転校してきたばかりの他二名の方と憤りました!!

転校生に個別に《神戸体操》の指導なんかありません。体操出来てあたりまえのようです。

Kさんは三者面談でも憤りを隠せず担任に意見したところ、《神戸体操》の音楽テープを貸し出されたとか…。あのぉ、音楽じゃ、振り付けが分からないんですけど。。。

学力も部活の成績もレベルが高すぎるトコだけに、転校生にはめちゃめちゃ優しくない学校のようです。

     めげずに、嫌がらずに、毎日通ってるんだから由としよう。。。

そうそう、他の学年じゃ、プロ野球の選手の名前や、セ・リーグ パ・リーグのチーム名なんかも試験に出たとか…。笑っちゃいましたね。 先生の趣味としか考えられない! 興味無い子には全く答えられない。。。《神戸体操》と良い勝負の内容です。

《神戸体操》 いつからあるのでしょうか?必死に覚えなくてはいけないほど重要なんでしょうか?ラジオ体操とどう違うんでしょうか?

Kさん曰く「私、誰も知り合い居なくて、三ヶ月も引きこもってたのぉ。今日誘ってもらって、娘に、お母さん生きる希望が出来たね、なんて大袈裟なこと言われたけど、気持ちはその通りよ…」

分かる分かる。転校生も辛いけど、母も辛いのよ。。。(。>。<。) まぁ、今日を機会に良いお付き合いが出来ると嬉しいですね。

ランチのパスタは5人とも違うメニュー。女同士だもの、一口ずつ味見して廻しましょうよ、と提案したら、驚きつつも皆さん快くお皿を回して「あらー、これも美味しいわ~、次来た時これにしようっと」

友達同士なら結構当たり前だと思っていたけれど、「こんなことするの初めて~♪」って喜ばれました…(^-^;  自分的には『普通』なんだけど…。所変われば、やっぱり違うのね。まぁ、面白がられたから良かったことにしましょう。

《神戸体操》 どうやら各学校でフリのバージョンが違うようです。なんでー?どうしてー?

住んでみて分かる、地域の実情。ってやつでしょうか。。。

シジミ貝

夏ばて予防に、土用シジミ。

実家から北上川の懐かしいシジミ貝が送られてきました。

弘前に居た時は十三湖のシジミ貝。シジミ貝採りも良い思い出。。。

Dscf0015 大きい粒でしょ。こっちで売ってる普通のサイズは、人差し指にあるくらいの大きさだと思う。

今夜シジミ汁にする以外は、砂だしして一回分づつ小分けに冷凍保存。

お出汁が違うのよ。いいお味~。

あがったり、さがったりの今日。。。母の心づくしに涙がポロリ。。。

あんまり頑張りすぎると、糸が切れちゃうからね。。。

オカーサーン、ありがとー。

2006年7月11日 (火)

ちょっとお休み

今夜、隣町の小学校でやっているバドミントンサークルにデビューです。

指導できるくらい上手な人もいるらしいけど、ちょと汗かきに行ってこようかな~、くらいの初心者でも大丈夫かしら…?

バドミントン始めれば、朝のランニングさぼる理由にもなるし(^-^;  自分に甘いので、一人モクモクは向いてないの、分ってはいたけれど。楽しみながら動けて、友達出来れば尚結構。

明日は定例の東京出張。神戸・羽田間の飛行機を利用して、脱・夜行バスです!なんと日帰りできます。

これで脚の苦しい浮腫みから多少は解放されるかな…弘前に居た時は、往路は夜行バス、復路はJRで約25時間。明日は移動も含めて約14時間です!経費的にも大差ないしね。乗り物に乗ってる時間が短いのは体力的にも楽。

帰りは雨降らないといいなぁ。夜に神戸空港へ降りるのは、夜景がめちゃめちゃ綺麗だっていうから。。。見たいわ~!

                                                      

ココログは13日までメンテナンスに入るので、ブログもお休みします。

では、ごきげんよう。

2006年7月10日 (月)

シュワッとね。

どうやら梅雨明けも間近でしょうか。

不快指数の高い毎日だけど、昨日の午後の風で灰色の厚い雲が流されたら綺麗な青空が。

青空が出るだけで、湿った空気も肌にサラッと軽い。

Dscf0010 Dscf0012

スカッと爽やかコカ・コーラです。

コーラは年に一回も飲まないけど。

土曜日は夕方のまだ明るい時間からゆっくりまったり一時間のバスタイム。明るい時間に入るのって気分だけは贅沢。。。

”死海の塩”を入れてね。

これがなかなか溶けなくて、プチプチ固まりになって浮いてくるから、指で摘まんで溶かしてるだけでも結構いい時間になるの。半身浴じゃなくて首まで浸かってるから全身浴?

本当は入浴中(特に半身浴等の長時間)に水分摂りながら入るのが良いらしい。

バレーで汗かいた後だしなー。。。水ってのもね。。。

えへっ。一度やってみたかったのよ、お風呂で冷たいビール!!(((o≧ヮ≦)o 

はぁぁ~っっっ。シアワセ。。。

あ、血圧はめっちゃ低いのでご心配なく。お風呂上りは本当の水分補給は勿論したし。

晩ご飯作るのも機嫌良くできるしね、私がご機嫌ならみなご機嫌ヾ(@^▽^@)ノ ←本当!?

コーラは飲まないけど、シュワッとね。

2006年7月 7日 (金)

七夕は宵宮

今夜は淡島神社(弘前市城東)の宵宮。

Mrs.Tana-kaからのメールで思い出しました。津軽では短い夏の宵に、地域の神社仏閣で各々夏祭りが催されます。夏の間中ほぼ毎日のようにあちこちであるので、朝の六時にその地域の神社近くで合図の花火があり、祭りの始まる夕方にも合図の花火が上がります。(花火、ってのがローカルでしょう?昔の運動会の朝も花火が合図だった)

近くの神社だったので、娘に浴衣を着せて、近所の子供らと一緒に毎年宵宮に行きました。高学年にもなると、友達同士で行っていたけれど。。。

夏の風物詩。

津軽の露店に欠かせないのが おでん と お好み焼き。おでんは普通の品揃えだけど、串に刺さったつぶ貝が別料金で。お好み焼きは関西のそれではなく、薄い小麦粉のクレープみたいのにソースが塗ってあるだけのシンプルなの。私は食べたこと無いけど、昔の子供のおやつのような素朴な味のようでした。

金魚すくいはやりたがったけど、金魚鉢が無いのと飼うのが面倒なこともあって、やらせなかったなぁ。実家近くのお祭りの時だけ限定でさせたくらい。

その代わり、スーパーボールすくいと水ヨーヨーは喜んでやってました。水ヨーヨーはゴムが萎んでよれよれになるまで部屋の隅にぶら下がっていた…

懐かしいなぁ。夕方の今頃に時間になると、近所の子供たちの誘い合う声なんか聞こえてきたっけ。

そろそろ”ねぷた囃子”なんかも夜になると聞こえてきたりして。子供会や町内会で練習が始まるからね。

暑さだけでなく、行事で季節を感じられて。

神戸ではそんな粋なお祭りはあるのかな?地域の駅前の夏祭りみたいのはあるみたいだけど。

短い夏、でも夏らしさは津軽のほうが情緒がある。

夜の闇に燈る提灯や露店の賑わい。自家発電の白熱灯。子供の笑い声、大人たちの嬌声。。。

                                                      

今夜は彦星と織姫は雲の上でデートかな。いつも会えるよりたまに会えるから長続きしてるんじゃないのかな~

Dscf0054 去年の今頃の岩木山。

今年もまだこのくらい雪が残っているのかしら。

                                             

                                                      

2006年7月 6日 (木)

土曜日のバレー

土曜の夜、”嬉しくて眠れない”と言ってくれたあよこさん。アリガトー

実は私、疲れ果てて10時前に寝てしまっていました。。。

土曜の午後はチーム練習。その日、私には初めての練習試合でした。ダイエーでリベロの経験があるという人がいるチームと。その人はママさんのチームではアタッカーとしても当然過ぎるほどのプレーだとか。どんなトスでも打ち返してくるらしい…楽しみにしていましたが彼女は当日欠席でした。。。「あぁ~、良かった…絶対そんなの拾えないって~」と内心はホッとしていましたが。

4セット半して、楽勝させてもらいました。そのうち2セットはバックセンで出させてもらいました~(^o^)!残り2セット半は主審して(審判持ってると、うっかり言ってしまい)、これまた手が震えて緊張でした~(>_<)!

いつもの練習では控えなので、シフト練習のときは滅多に入らせてもらう事も無く、相手コートでカットしたり球出ししたり。

センターは前後左右の兼ね合いが結構大事なトコ。お互いの拾える範囲やコースの確認など、暗黙のうちに体で馴染んでおかないとイキナリはきつい。。。(上手な人はすぐにでも大丈夫なんだけど)

練習で初めてシフトに入らせてもらったときも、一緒にいつものセッターがセミに入れ替わって、初めてその日会った人がセッターに入ったことに気が付かなくって、セミにカット上げてたし。どうやらツーセッターのようでした。

言ってよ~!! チャンスボール完璧セッターに上げれた、と喜んでたのに!

《オープンのトスも殆ど平行トスで速い攻撃ばかりなので、セッターの位置がかなりセミ寄り。セッターがライトセミの位置に普段は居て、私がシフトに入った時にレフトセミ側に移動してて、???とは思っていたんだけど。 当然カットが自分の真上に上がったらライトに上げるし…んじゃぁレフトにバックトス?面白い~。》

3本同じ事して、セッターが代わったことを言われました…(-_-;)

皆には当たり前のことでも、初めてのチームの様子は言われないと分からない。土曜日の練習は仕事のある人は滅多に来れず、毎回初めて会う人がいたりして…私も毎回は行けなかったりするし。

練習試合の2セットは、めちゃアドレナリン出まくり。緊張しました~!

バレーはどのスポーツよりも理論のスポーツ。ボールは床に落としたら終わり、同じ人が続けて触ることは出来ない、決まった回数までで相手コートに返さなくてはならないし。決まりごとが多い中で、6人、9人のシフトの位置でゲームの運びは面白いように変わってくるし。

Ⅴリーグなんか見てると、ベンチではパソコンでボールの予測しながら指示してるものね。まぁ、ママさんでは、行き当たりばったりのプレーのほうが多くて、思わぬ一点に一喜一憂するんだけど(^-^;

その週、三日ほどバドミントンしたお陰で、体が軽かったの!週一しかバレーしてないと、練習の度にまた一からボール馴らし、って感じだったのに。。。若くないからね…常に動かしてないと思うように動けないのよ。自分にちょうど良いペースは、たぶん週4くらいなんだと思う。

火、土、日と、夜のバドミントンがあるらしい。(土曜日は行けないけど)

昨日、バドのラケット買いにスポーツ店行ってきたら、変なTシャツを発見。

060705_150115_m …ださっ。

誰が着るのよ、これ。ナイキのマークが泣くよ。

もし何かで貰っても、家でも絶対着たくないわぁ。

あーーー、恥かしい。。。

2006年7月 4日 (火)

ちょいムカ。

夕方4時頃だったでしょうか。近所のスーパーへ車で買い物に行きました。

隣の幼稚園にお迎えにきた車で駐車場は満車。あ~ぁ、時間ずらして来ればよかった… と入り口で駐車待ちしてる車の列に並びました。駐車場の入り口から向かって左右に駐車スペースがあります。入り口は広く、二台ずつ並んでる列の私は右側で順番を待っていました。

右側の駐車スペースが一つ空き、前の車が進んでやっと列の一番前になったけど、もう我慢の限界。気が短いのでこれ以上待ってられません!車が動けるようになったし、出よう出よう!違うスーパー行こう~、と発進したら。。。

隣から凄いクラクションの音!!「へっ!?」と左隣の車を見たら、私の目をわざと見ずに顎で『戻れ』って。。。何それぇ~!?とビックリしたけど戻るにも後ろからは進んできてるし。

私が前進したので、右側の駐車スペースが空いたんだと思ったんでしょう。左に並んでいたくせにぃ~!!私の車に擦りそうになって、空いたと思われる方向へハンドル切ってその車は走っていきました…

柄の悪いお兄ちゃんじゃありません。車の後ろに小学生の子供と幼稚園の子供を乗せた、私より若いお母さんです! ウッキーー!

今時のヤンママ風じゃなくて、化粧気もない顔色の悪そうなやつれたオバサン風。。。ノアかなんかのワンボックスカーの側面は擦った後があって、赤茶けて錆びていたし。。。

ガラ悪!!こんな女の人、初めて見ました!

ココは下町じゃなくて、住宅街のスーパー。周りは瀟洒な戸建が整然と並んでいます。関西だから?でもここ、神戸でしょ?…大人しいと言われる東北人だけど、こんな女の人は東北じゃ見たことない!

うちの車は、駐車スペースが空いたから動いたわけではないので、当然空きは無し。

ガラ悪女は、右往左往して変な所で車を停めて、空き待ちしながらバツの悪そうな顔してましたね。

『女磨いて出直しなっ!』と心の中で呟きながら、ひと睨みして(メンチ切るっていうんですかぁ?・照)、タイヤ鳴らして駐車場を後にしました。

いやぁねぇ~、ガラの悪い人って(どっちが!?) おほほほ~~!!

Dscf0007 今日は久しぶりの梅雨の晴れ間。でもこの時期に綺麗な写真を撮るのは難しい~。明石大橋が霞んでます。

2006年7月 3日 (月)

晴れて良かった(^-^)

日曜日、デートしてきました。

朝から土砂降りの雨…何着てこう、何履いてこう。結局ラフなジーンズなんだから悩むほどのことじゃないのにね。でも、初めて会う人に好印象を持ってもらいたいのは女心だもん。雨傘が日傘になるほどのお天気になって良かった!

遠くから電車を乗り継いで来てくれるのに、ランチのセッティングもすっかりお任せ…ごめんね、新米神戸市民なもので。

三宮の綺麗なビルの一階にある洋食屋さん。シックなセンスのインテリアで落ち着いた大人の雰囲気です。こういうスッキリとしたテイストのお店って落ち着くし大好き。

BGMに流れるボサノバ調のギターの音色は、お喋りの邪魔をしない。ギター大好きのあなたは早速気が付いて聞き入っていましたね。

私は”きまぐれ鮮魚のランチ”、あなたは”オムライス”。

「尻尾も食べられるよ」 そうよね!カリッとして美味しい。エビフライの尻尾は食べるのに、揚げてあるんだもの、美味しく食べられるはずよ。 お魚屋さんでバイトしてたんだってね。瀬戸内海の魚はどうやって食べていいのか、東北人の私には見当も付かないわー。あんなことこんなこと、食べることだけお話したのではありませんよ、勿論。

大好きなギターの話。その可愛くて小さな手でセーハを押えるのが大変なこと、絃の硬さやギターの大きさの違い。何より自分の娘、ルーリー(愛用のギター)の話をするときの輝いた笑顔が忘れられないっ!おしまいには「ルーリーちゃん」って言ってたの、覚えてる?(笑

060702_143433_ed_m_1 追加で頼んだデザートは、クレームブリュレ。(同じ写真載せちゃったよ!)バーナーで焦がした芳ばしい香りがご馳走。パリパリの飴状のキャラメルと、とろけるクリームプリン。質感の違う甘さが出会った美味しいデザートは、奏でるあなたと、聴く私のよう。

忘れないでね。いつか聴かせて、スピッツの「ホタル」のイントロのギターの音。(”チクワ”になったらダメよ~)

汗かきながら北野坂を迷って歩いて。地元の人なら「なんでこんなとこ迷うん?」なんでしょうけど、二人ともオノボリサンなんだから。面白い看板見つけたり、犬小屋に寝る三毛猫と出会ったり。

ストリートの彼らの音に脚を止めたのは、彼らの音楽のセンスだけでなくギターの好きなあなたの話を聞いた後だから。いつもなら、耳にうるさく聞こえるだけの野外のアンプの音は、その日違っていたのは確か。

”SMASH YOUTH” の「Absence」、なんだか耳馴染みの良いメロディだったね。帰って聴いたCDの音よりも、二人で聴いたライブの音の方が心に染みたかも。。。ボーカルもなかなか良い声してたし、頑張ってほしいよね。

本当に会えてよかった(^-^)

青森にいた私と、関西のあなたがこうやって会えたのは偶然でしょうか。。。勝手にあなたのファンになって、勝手に行方を心配してただけと思っていたのに。

初めて会ったのに、なんだか懐かしいような不思議な感じ。。。

ネットの世界の沢山蠢いている情報の中から、取捨選択して自分の中に取り入れるのは、偶然もあるけれど見分ける心の目のセンスが必要。

あなたの愉快な仲間たちへの愛あるお話から、心の目のセンスのある方たちの集まりなんだなーと、羨ましくもなんと贅沢な出会いなんだろうと思いました。

そんな素敵な一人と出会えた私はなんてシアワセなんでしょう。

ありがとう、またお会いしましょうね。あよこさん

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »