« 秋の空 | トップページ | 私のホスピタリティ »

2006年9月17日 (日)

チョコレートの香り

あよこさんの愛娘”ルーリー”の香りです。

チョコレートの香りのするギターだと聞いて、ホントにホントか子供みたいにクンクン嗅がせてもらったら、やっぱり!

目も口も(!)悪いけど、鼻は良いんです。ホールに鼻を寄せたら鼻腔の奥に覚えのある甘い香り。ホントだったのね~。。。なんだか感動してしまいました。

ギターのメンテナンスに神戸に来られるということで、元町で落ち合いました。と言っても、元町もよく知らない…

あよこさんに連れられるまま、私も南京街で一観光客です。ブラックタピオカのちょっと温いジュースを飲みながらブラブラ。。。途中、大丸向かいのお肉屋さんで買い物客の行列が。ここが かっちぁんさん の言ってたコロッケの美味しいお肉屋さんですか?いい香りがしていました~

ランチで まれすけさん と初顔合わせです。あよこさんがお声がけしてくれました。

ライブカフェ”Root”で、あよこさんおススメのオムライスを。まん丸ドーム型のオムライスとデミグラスソース。トマトの効いたデミグラスが美味しくて、結構なボリュームだったのにパクパク完食。(食べるの早いのよ…)

こちらのカフェのオーナーは只者ではない方で、本業の素晴らしい作品の数々を拝見させていただいて、しばし感動。。。ライブカフェと本業とギターと。人間与えられた時間は平等ではあるけど、趣味も仕事も生活も、バランスよくこなすのは難しい。。。寝る間を惜しんで。やっぱりそうなんですね。。。うーーん、私には到底無理だわ。

こちらのカフェでは まれすけさん とそのお仲間のライブがあったりで、とてもご縁が深いようです。 まれすけさん は初めてお会いしたにも拘らず、気さくで大らかで(体格も!)、気を遣われているのにそれを感じさせない自然な気配りのできる方でした。色々と話題の種を拾って頂いて、楽しいお話をありがとうございました(^^)

メンテナンスの終ったギターを引き取りに楽器店へ。

あよこさんの”ルーリー”で押尾コータローの【風の詩】を まれすけさん が試し弾きしてくれました。生のギターの音色を目の前で聴けるのって何年ぶりでしょうか。。。温かくって優しくて、聞き惚れてしまいました。 弦の張り方を変えるとこれまた良い音。。。

本当はせっかくだから、あよこさんの音も聴きたかったのに『イヤダ~、イヤダ~』と恥かしがって、腕前を見せてもらえなくて残念でした~(^^)今度は聴かせてね♪

私の知らないギターの世界。知らないからこそ不思議がいっぱいで、お店に一緒に居て初めて聞くギターのウンチクにもトリビアがたくさん。面白かった~ 「へぇ、へぇ、へぇ!」

”ルーリー”はチョコレートの香り。他に想像できるのは木の発する香り?どんな香りがあるんでしょうか。

あよこさん、ギターだけでも大荷物なのに、私に見せたいと絵本も沢山持ってきてくれました。重かったでしょう~、ありがとね。

いつか”Root”デビューして、ライブのあよこさんの音を聴かせてもらうのを楽しみにしてますね!またね~♪

« 秋の空 | トップページ | 私のホスピタリティ »

フレンズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の空 | トップページ | 私のホスピタリティ »