« 三週目 | トップページ | 津軽の秋味 »

2006年10月18日 (水)

江戸の敵を長崎で討つ

本来は「江戸の敵を長崎が討った」という意味が、「長崎が」が「長崎で」と変わってしまったそう。  

 [予想もしなかった場所で積年の恨みを晴らす]

                                                        

今日は午前に一時間だけ研修がありまして、担当者が資料を使ってレクチャーしてくれました。かなりハードな現場で特殊な任務を遂行されてる方。

体験談を面白おかしく話してくれるのだけど、例え話が上手。故事やことわざを交えて、仕事に対する姿勢や、諸事に臨む態度を分かりやすく話してくれました。

仕事の内容の説明は、先週まで研修内容としてびっちりあったけど、各部署との繋がりをこちら側の立場になって説明してくれたのは初めての人でした。

「江戸の敵を江戸で討ったらアカンよ」

お客様と同じ感情の土俵に上がったらアカン、と。理不尽な言葉を投げかけられて悔しくても(仕事上だし、自分の人格を否定されたわけではないしね)、大人の応対で乗り切ってもらえば、後は自分らが決裁するから任せとき、と。

頼もしいわ~!

最前線部隊の「江戸」の私たち。やっかいで複雑な案件は、「長崎」の部隊が後でしっかりときついお灸を据えてくれるはず。

今日も吠えてたオッサン来たしなー。先輩がお相手してくれたけど。

色んな方々と直に接するしね。

毎日がハードな人生勉強ですわぁ。

« 三週目 | トップページ | 津軽の秋味 »

小ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三週目 | トップページ | 津軽の秋味 »