« 硬いのが好き | トップページ | こんな時間になっちゃった »

2006年11月26日 (日)

古都でクラシック

弦楽四重奏とクラリネットの五重奏を聴きに、昨日京都へ行ってきました。

まれすけさんとかっちぁんにお誘いいただいて。

屈強なボディガード付きで、見た目には物々しい雰囲気?でしたが、お二人に気を遣っていただいて、コンサートは勿論楽しい道中でした。

チェコ共和国から招かれた”M.ノスティッツ弦楽四重奏団”。

CDで聞く音は完成された平面の音であるけれど、演奏する人間が醸し出す生の音は、汗を拭きつつ、奏者どうしアイコンタクトをとり、時には弦も切れたりしながらのドラマティックなその瞬間の二度とない音を聞かせてくれる。人間味溢れるナマの音楽は、クラシックに疎い私にも惹きつけてやまない魅力があります。

クラリネット奏者のあんこさん。まれすけさんとかっちぁんのお友達です。

その細い体からは想像もできない、息継ぎの瞬間も分からないほどの肺活量。。。女性の笑い声をよく「ころころと…」と表現しますが、あんこさんのクラリネットの音はまさしく「コロコロと笑う女性の声」のように耳に優しく、でも力強い快活な響き。

楽しそうに体全体で奏でる姿は、輝いてとっても素敵でした。。。

まれすけさんとかっちぁんが送る拍手は温かくて、あんこさんとの友情の歴史も垣間見せてもらい、なんて素敵な場所に今自分はいるんだろうと、とっても嬉しかった・・・・

縁が続いて、クラシックにご一緒させていただいて。感動に包まれた夜でした。

ボディガードのお二人は、とっても歩くのが早いんです。コンパスの長さが違いすぎるんですもの!後ろから時々小走りしては、距離を縮めていたワタクシです(爆

« 硬いのが好き | トップページ | こんな時間になっちゃった »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 硬いのが好き | トップページ | こんな時間になっちゃった »