« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月29日 (火)

いい湯だな♪

スーパー温泉へ行ってきました。垂水にある”太平のゆ

期待した以上に良かった~!温泉の種類は豊富で、ガラス越しに見える海に神戸空港発着の飛行機が頭上に飛んで、明石大橋が真近に見えるロケーション。

凝ったライティングが沢山露天風呂にあったから、夜に明石大橋のライトアップを見ながらの露天風呂もきっと雰囲気良い事でしょう!

岩盤浴は三種類全部体験してきました。

一番良かったのが、岩塩の岩盤浴。大きな石の欠片状の岩塩が敷き詰められた上に仰向けになって、お腹の上にも熱せられた岩塩を乗せてしばし瞑想(妄想?)。。。

熱い岩塩が遠赤外線効果を出すのか、あっという間に全身びっしょりの汗。指まで汗の玉。

スポーツでかく汗とも、仕事でかく冷や汗とも違う、サラッサラの全くべたつかない汗。水分補給と休憩に部屋の外へ出ると、さっきまでかいた汗は何処へ行ったの?と不思議になるくらい肌に汗が残らずすぐにサラサラ。

自分で言うのもなんだけど、肌の透明感がアップしてワントーン明るくなったよう。一緒に行った友達も、それぞれ自分の肌を見て「色、白くなった~!」「お肌ツルツル~!」

”毒出し”は大成功です!(笑

露天にあった”炭酸泉”が肌に心地よくて。

じーーっと入ってると、体に小さな真珠が沢山沢山まとわりついて、大粒になるとプチッと浮かんでいきます。肌に付いた大量の泡がジョワジョワして気持ちいい~!

もう、半日なんてあっという間。

温泉上がりはシュワットね、ってことで、車ではなく電車で行きました。お陰で凍ったグラスに注がれた生を3杯頂いてご機嫌で帰ってきたのでした。

勿論遊んで帰ってきた後は、何食わぬ顔して晩ご飯の支度をしましたよ(爆

あ~、ホント楽しかったわぁ。

夏休みになったら、娘と一緒に行ってこよう。こんな時、女同士の娘で良かったと思えるのよね。

その時も、勿論電車で行きますとも。

2007年5月27日 (日)

海の宝石箱

釜石は中村屋の三陸海宝漬です。

Dscf0005_3 写真はまだ充分解凍されてないので、霜が付いてますが、この豪華さがお分かり頂けるでしょうか?

鮑の上にタップリのイクラと、めかぶの中にもイクラとシシャモの卵が沢山。熱々ご飯の上に乗せて食べると、ほっぺが落っこちる美味しさです。

「解凍したら、五日以内にお召し上がりください」

大丈夫、明日には無くなりそうだから。

GWに妹からのお土産で貰ってたのを、やっと今夜頂きました。

たっか、サンキュー♪

2007年5月26日 (土)

言葉がけって難しい

先週の練習試合でも、怒られてばかり。自分の仕事が出来てなかったら当たり前のことなんだけど。

誰にでも平等に叱咤激励するキャプテンだから、コートを離れれば誰も後腐れが無いんです。バレーが終ったら、もうコートの中の話は誰も引きずらない。

でも、またあのコース拾えなかった、フォロー出来なかったという思いは本人が結構引きずって、家に帰っても落ち込むばかり。

今日の練習試合は全セット取って、サイドもフォローに結構動いてゲームは良い回り方してました。

でもね、試合前のアップの時に、守りの立ち位置がコーチの思惑と違ってたようで 「そんなん常識やろ!」 とハッパかけられました。(チクショー…)

いつも面白く冗談言ってつっ込んでくる親しみやすいコーチだから、いつもの声掛けのつもりなんだろうけど、「常識やろ!」 という言葉にずーーっと胸がつっかえてました。

意地悪な考えしたら、私って常識ないってこと?・・・いや、そこまでひねくれては考えないけど、あのコーチの言葉が胸にグサッとくるのは初めて。

深く考えすぎたらよくないからね。相手は何の気なしなんだから。分かっちゃいるけど、今日の私はひねくれん坊。なのかな。

カットの瞬間汗で手が滑って、爪で右手を切って血が噴き出したりしたけど(右手はボロボロ)、かえって発奮できて今日の練習試合は自分の仕事も出来たし、良い結果でした。

「そんなの常識でしょう~?」

私なら言えないな。

2007年5月24日 (木)

調律師来たる

一年一ヶ月ぶりでピアノの調律。最初の約束は四月末、予定が立て込んでちょっと無理だったので、今日になりました。

調律は結構時間がかかります。三時半の予約で、終ったのが五時過ぎ。

その間、調律師さんの邪魔をしないよう、寝室に引っ込んであちこち長電話。

ピアノの高い音の回数が多く響き、時々、ポロロォォ~ン…。素人には全く分からないけど、音の微妙な調整はしめやかに行なわれていきます。

昨年三月末に引っ越してきて、その一週間後に届いたピアノ。そのまた二週間後くらいに調律してもらったはず。神戸での、高温多湿の初めての本格的な梅雨を体験して、私も子供もグッタリでしたが、調律したばかりのピアノにもかなりのダメージがあったようでした。

「お母さん、ファの音、変。」

そう? 私にはサッパリ、何がなんだか。

そのうち、この音も、あの音も、くぐもって音の切れが悪いだの。そう言われると段々そんな気がしてきました。

『来年の春まで待って』 

梅雨が明けたのに、春まで待てとは酷な母。今日の日まで、散々「変な音!ヘッドホン着けると、ますます変な音!」(消音機能付きなので)と愚痴られてましたが、今この夕方の調律したての音は最高のはず!!

早く弾いて~!確かめてみて~!

澄んだ音が早く聞きたいとの願いも虚しく、大盛りカレーを食べて10分DSで休憩して、友達とさっさと塾へ行ってしまいました。

明日は歓送迎会で帰宅は遅い私。明後日は娘は部活、午後私バレー。日曜日もなんだか塾があるとか無いとか。。。

あーー!せっかく調律してもらったのに。

生まれたての音が早く聞きたい。

2007年5月22日 (火)

優れもの

鼻カゼひきまして。

ハックショーーン!ズルズル・・・。昨日よりは、今日の鼻声はまだましのよう。鼻から上がモヤがかかったようにボーっとして、思考力も衰えがち。昨日は具合の悪さに早退しました。

柔らかいローションティッシュは優れもの。

下手すると、一日で無くなる鼻かみティッシュ。でも、この優れものは、かんでもかんでも、鼻の下が痛くなりません。

我が家で、唯一湯水のように消費可能なローションティッシュ。

ポケットティッシュだとそうはいきません。

日中、鼻のかみ過ぎで鼻の下はヒリヒリ、ファンデは取れて赤くなって見苦しい事この上なし。

家の箱ティッシュ持って行けばよかったわ。

2007年5月20日 (日)

トカゲ

夕方、ゴルフの打ちっぱなしに何ヶ月ぶりかで行ってきました。

ゴルフセンターの階段に、トカゲ!

070520_140831_m 日の当たる階段で日向ぼっこ。お腹がプックリしてたから、卵を孕んでいたのかしら。

神戸は弘前から比べると、南国。よくトカゲを見ます。案外可愛らしい顔をしています。

トカゲとヤモリの区別が付かないけど、東南アジアの方じゃ幸せを招く生き物なんだってね。

すばしっこいんだけど、一度捕まえてみたいわ。

三日坊主

昨日は7セットの練習試合。私が出たのは4セット。それでも帰ってくるとバテバテで、買い物して、晩ご飯の仕度をやっとの思いで仕上げて、イッパイ飲んだら起きてられません。

体力ないわー。

早朝ランニングは、もう無理。5時起きでランニングしてシャワー浴びて、洗濯してお弁当作って、朝ごはん食べて、身支度して(これが時間かかる!)。仕事に行く前に一日の体力が終ってしまいそう。私は無理でも、キャプテンは実践してるんだからすごいわ…

派遣の友達から借りました。

Dscf0001_6 あちこちで流行ってますね~!友達はGWに実践して、体脂肪が8%も落ちたそう!

これを聞いたらやらずにはいられません!

「貸して~」 (買わずに密かにコピーしてもらおうと思ってる私…ふふふ)

ビリーが『グッジョーブ!』と励ましてくれるし、シェリーの引き締まったお腹が、弛んだ私の気持ちに(お腹に?)喝を入れてくれます。

・・・でも実はこの基本プログラムを二日続けただけで、まだ次のステップへは行ってないのです。ayokoさん、は偉いわ~!

今日こそ続きをしよう!私の後に「貸して~!」という人がまだ二人。

今日で三日め。まさしく三日坊主になりそうな予感。

2007年5月19日 (土)

長い一日

三宮東口にある、居酒屋さん。職員さんから教えてもらった”超オヤジのお店”。6時前だというのにほぼ満席。安くて早くて美味しくて、大満足!

お店に入ったら、教えてもらった職員さんたちと、春に辞めたベテラン派遣さんが飲み会の真っ最中。しばらく振りに会えて良かった~!

私たちはカウンターで。

後の席から、マメ鯵の唐揚げと、鮎の塩焼きをご馳走になっちゃった~!!

「今日の蠍座は超バッド。開運のアイテムは”タコ”なんだって!」

私と同じ蠍座のmioちゃんが、タコブツを頼みました。お陰で運気が上がったかな?

                                                       

モヤモヤと塞ぎがちな一週間。昨日の長い一日を越して、目の前のモヤが晴れました。

良かった。

2007年5月17日 (木)

小さな古本屋で

職場のビルの三階に、大きな古本屋があります。広くて大雑把に陳列されていて、綺麗とはいえない環境。目ぼしい本を探すのが大変で、二回ほどしか足を踏み入れたことがない。

二階にも、小さな古本屋がありました。画材やフレームのお店が大きく巾を取り、つい最近までその古本屋の存在に気がつかなかったのです。

店の外に、105円均一や175円均一の文庫が並んでいて、お昼休みにちょこっと覗くのにちょうど良い。

通勤での読書タイム用に、お手軽に読めそうなものを二冊。

花村萬月の『重金属青年団』と、伊集院 静の『白秋』

『重金属~』は、バイク乗りには堪らないであろう、スピードとテクニックとメカの専門知識がこれでもか!というほど描写されていて、私にはお腹いっぱい。バイオレンスはさすが花村氏、背筋が寒くなるほどの現実味があって、日常からかけ離れたアンダーグラウンドの世界。

歪んだ愛情で育ったり、家族の温かみを知らない、”欠けた”部分を持つ彼らが、友達という関係より、家族のような不思議なまとまりになっていく。個々の個性は強烈で、他人とあいまみえない人たちが、自分の欠けた部分を仲間によって埋められていく。。。読んだ後に暗い気分にならずに、珍しくハッピーエンド?に終ってホッとしました。

伊集院氏の『乳房』は本屋で立ち読みで読破した記憶があります。確か、若き日の夏目雅子を主人公にした短編があったはず。見つけたら、これも読み返してみたい一冊です。

『白秋』は二日間の通勤の行き帰りで読み切りました。最後はおそらく尊敬する華道家元の、かつての恋の行く末と同じになるのでは、と思っていたらやはり。。。一気に引き込まれました。嫉妬の恋情に自分を見失い破滅していく、”志津”の内側からの描写が淡いなーと思ったら、それは最後の爆発に向けて、だったのね。

《あとがき》にある 「人と人が出逢うことは怖いくらい偶然が重なるもんですね」

本当に。そのとおり。。。

                                                      

昨日の帰りの地下鉄で、ラッキーなことに座れたら、読み耽って終点まで行ってしまいました。酔っ払って半分居眠りして乗り過ごしたのは一回。起きてて乗り過ごしたのは、これで三回目です。。。あっ!と気が付くと降りる駅を過ぎている…

立ってれば大丈夫なんだけどな。

2007年5月14日 (月)

がっかり

月曜の夜は、西体育館でバレーの練習が二時間あるとの情報を友達がキャッチしてきて、一緒に行ってきました。

ガーーン!皮じゃなくて、ゴムバレー。

友達はゴメンゴメンと謝ることしきり。

「でもせっかく来たんだから、体験でやってみようよ!もしエアロビしか教室がなくても、やるよ!」

ゴムバレーはちょっとルールが違います。張り切って汗をかきながら、慣れないゴムボールで友達と体慣らしの対人パス。

周りは超初心者の方々。。。

円陣組んでのパス練習から始まり(ビル屋上のお昼休み風景?)、”ぐーのっぱ”でチーム分けして試合開始。

和気あいあいとしたほのぼのバレー。PTAのレクレーション大会?

アップの対人パスでかいた汗が、どんどん引いていきます。

でも終始周りの空気と合わせて、ニコニコほのぼの。。。

『来週の月曜日もありまーす!よろしくね~』

友達と「…もう、いっか。。。」

全く練習にはなりませんでした。たぶんこの時間には二度と来ないでしょう。

なにしろ半面のコートには、もうしばらく行ってないバドミントンの人たちが練習に来てましたから。一応挨拶はしたけど、バツが悪いったらありゃしない!

チーム以外でも月曜に練習できると思ったのになぁ。

当てが外れました。

2007年5月13日 (日)

小さい背中

今日は張り切って、水周りのお掃除を自ら引き受けてくれました。

洗面所にトイレにお風呂まで。

主婦と違って、適当に手を抜くことを知らないから、私が掃除するよりピッカピカ。二時間タップリかけて。

「水はねないでよ!」 自ら掃除した場所は、綺麗に使って欲しいと感じるみたい。蛇口のステンレスなんかも鏡みたいな輝き。素晴らしい~!

夕方一緒に買い物に出かけて、晩ご飯のメニューはお任せしました。

ハンバーグとコーンスープ。家庭科の調理実習で経験済みだから自信アルと言って。

カレーでいいよ、って言ったんだけど。

家庭科の本をレシピに頑張ってました。途中玉ねぎを刻むのに目が痛いと、水泳用のゴーグル付けたのには笑った~!ゴーグルが雲って見えなくなってきたと言うので、残りは私が刻んで。

ハンバーグのこね方はとっても上手。コーンスープは牛乳を入れすぎて、サラッとしたスープに。

Dscf0128 上手に出来ました。(三分の二以上は手伝わされたけど)

珍しく喧嘩もせずに、二人並んでキッチンに立つのは楽しかった。

家庭科の教科書には載っていない、自己流の隠し味も教えてあげたので、今度また自分で作るときのヒントにしてくれれば良いな。

今日は一日頑張ってくれてありがとう。

とっても美味しかったよ。

Dscf0125 「モノより思い出」

お金なんか遣わなくたっていいのに。友達と、お母さんにカーネーションあげるのを約束したんだって。

小さい背中が、いじらしく見えた母の日でした。

2007年5月11日 (金)

ふと疑問

窓に見える景色は、座る窓口の席によって変わります。

今日は一番山側の景色が良く見える席。ここからだと”うろこの館”もはっきり見ます。初めて見えることに気がついたときは、ちょっと感動しました。

新緑も色濃くなり、山の緑が光っているよう。。。

ところでこの山、なに山?

「神戸山!」「布引山!」・・・ほんまかいな。

本当は『再山』(ふたたびさん)というんだそう。ふ~ん、疑問に思うことって大事ね。

素朴な疑問を口にしたことで、胸がすっきり。一つ賢くなりました。

2007年5月 8日 (火)

よくあること?

9連休明け。私たち窓口の上役、メタボリックさんが投げかける視線が熱い。。。いつもニコニコしてる人だけど、異常ににこやか。

四月初旬に入った派遣さんが二人、5月1日には来なかったと。あ~、やっぱり・・・

四月に入った新人さんは、これで三人辞めました。。。教える立場になって、自分の仕事をしながら覚えてもらうのって結構大変、と思っていた矢先。

メタボリックさんの笑顔は思いっきり作り笑いだったのね(爆

彼曰く、よくあること、なんだって。

まー、派遣だから、自分に合わないと思ったら決断は早いんでしょう。一日で辞めた人もいたしね。会議室で研修してて、顔も見ないうちに辞めちゃって。

昨日は内なる敵に、腹立ち。

春の移動で、仕事が滞りがちなのは分かる。でも、机の上に溜まったままの書類の処理をいつも先延ばしにされて、データが反映されなくて、お客様からお叱りを受けるのはいつも窓口の私たち。。。最前線部隊だからね。

机周りの様子で、仕事が出来る人、そうでない人の判断はすぐつきます。

『机片付けろ~!書類無くすな~!処理未処理をはっきりしろ~!手際よく仕事しろ~!』

声なき声を派遣同士で愚痴りあい。

仕事を覚えてくると、ますます周りが見えてくる。

仕事が分からなくて、覚えられなくて辞める新人さん(お客さんキツイし)。でも、見えてくるといっそう複雑。。。

そう言う私はシフト勤務。フルで働く若きmioちゃんたちは、もっと複雑よね~。

さっ、明日もガンバロ。

2007年5月 6日 (日)

瀬戸内は凪の海

岡山港から小豆島へ。車での旅はフェリーに乗って。

Dscf0071_1 フェリーに初めて乗船しました。ディーゼルの機関音が心地よく、歩き疲れたせいもあり、テレビを観ながら爆睡!あ~、よく寝たわ。

帰りのフェリーは豪華なラウンジで、かなり寛げましたが、行きのこのフェリーは、寝るのが得策、大正解。。。

予約したのが二週間前で、人気のお宿はどこも満室。民宿に毛の生えたような旅館?しか取れなかったけど、古くて質素ながらも従業員の気配りはとても感じの良いところでした。

海の幸の食事は、実際期待してたほどでなかったのが残念。。。カンパチや鯛のお刺身は美味しかったけど、なんだか全体的に質素。私が完食できた量。。。(充分?)志津川の民宿のお膳の方が豪勢だったかなぁ。。。

翌日も快晴!波一つ見えない穏やかな海は 「ひねもすのたりのたりかな」

Dscf0080_1 銚子渓お猿の国。

六甲山牧場の羊のように、そこかしこに猿、猿、猿。。。お猿の国への道すがらにも、道路の端っこや山崩防止コンクリートの上に猿。娘はキャッキャキャッキャ大喜び。(殆ど同類だもんね)

日傘を差してた私は、一番後ろでモンキーショーを眺めていたけど(たいして興味なし)、ショーが終って猿に手を振っていた娘の隣で、オトーサンも猿に手を振ってました(爆。。。良かったね、楽しくて。

朝食が済んで間もないけれど、”流しそうめん”は外せません。

Dscf0088_2回るそうめん、でした。一人前400円。さらっとお腹にも溜まらずオヤツみたいな感じ。こういう遊び感覚のものは、大人も子供楽しい!普段は食べるのが遅い娘も、箸を入れるのが早いこと早いこと。

Dscf0091 そうめん屋さんの裏手が銚子渓。高さのある滝の端っこまで、歩いていけます。手を伸ばしてカメラだけ下に向けて撮りました。

危険防止の柵も何もない大らかさ。。。渓流の石をぴょんぴょん飛び跳ねていったら、すぐ滝。勢い余ったら飛び込みそうです。おーこわ!

Dscf0094 寒霞渓のロープウェイの乗り口から。

小豆島は、火山で出来た表情豊かな山が多いんです。荒い岩肌に新緑が綺麗。紅葉の季節は更に素晴らしい景観でしょう。

”二十四の瞳”とオリーブの産地としか小豆島の前知識は無かったけど、こんなに景観豊かな島だとは知りませんでした!

お土産を購入中に父子が行方不明(ドコモ以外は圏外)!どこを探してもいないと半ば疲れてきたら、ニコニコしながら二人で戻ってきました。”かわら投げ”をしていたんだそう。願をかけて標的に向かって かわら を投げるのだけど、どれも当たらなかったって。ちなみに願は”合格祈願”(受験生なもんで)。。。ま。祈願にはまだ早いわ!

Dscf0106 オリーブソフト。うーーん。。。食べた感じは普通のバニラ、後味が微かに草っぽい。オリーブ?というより、私はヨモギっぽい味に感じたけど。食べ続けるうちに何も感じなくなり、抵抗なく普通のバニラソフトになりました。

”オリーブ公園”が観光の目玉の一つと思ってましたが。建物はエーゲ海に浮かぶギリシャ神殿のようで、見た目超ゴージャス!中身はなんてことないお土産販売だけ。悲しい観光地の公の箱物施設といったとこでしょうか。。。

しかしここで素敵なチラシを発見!”二十四の瞳映画村”のカフェで、昔の給食を限定数で食べさせてくれるとの情報!大人のほうが大興奮です。

Dscf0109 揚げパンにカレースープ、瓶牛乳とデザート。写真は冷凍みかんだったのに、ぷっちんプリンでちと残念。でも、カレースープも揚げパンも素朴でとーっても美味しかったのです。

「お母さんの給食もこうだったの?」 いえ、もう二品は付いていたはず。アルミの食器と先割れスプーンが懐かしい。。。

映画村を足早に見て、最終目的のマルキン醤油へ。

Dscf0117醤油ソフトです。 カラメル色がなんともいえないでしょう~?オリーブよりも私は美味しいと思ったけど。

百聞は一見にしかず。小豆島へ行ったら是非味わいましょう。

後の方々は、誰?

この二日で合計三種類のソフトを食べました。(初回は後楽園での抹茶ソフト)。決してソフトクリームフリークではありませんが、ご当地モノは外したくないでしょ?チャレンジャーの面目躍如といったとこでしょう(ちょっとオーバー?)

来年のGWはどこへ計画しようかな。妹夫婦が遊びに来なければ、観光地巡りなんてなかなか行かれません。旅の気分を味あわせてくれた妹夫婦に、今回も感謝です。

Dscf0122_1 最後の夜は、妹のお土産のアイスワインで締め。カナダ産の貴重なデザートワインです。貴腐ワインより糖度が高く、琥珀色の濃厚な口当たりはコニャックのよう。

珍しいワインをありがとう~!

GWも今日で終わり。飲んで食べたツケは、しっかり身体に蓄えてしまったけど、沢山充電できたことだし、明日からの普通の毎日を、元気に生きましょう~♪

2007年5月 5日 (土)

旅は最高!

一泊二日で、倉敷&小豆島ツアー。

一日目は、倉敷の美観地区へ。スタートダッシュが早かったせいか、ゆっくりと廻れました。

Dscf0044 Dscf0036_2

Dscf0034_2

良いですねぇ~。日本情緒溢れる景観。暖簾を潜って番頭さんが「いらっしゃいませ~」と顔を出しそうな雰囲気です。

                          

Dscf0046_2 一本70円の小さなお団子。お醤油の香りが芳ばしくて、小腹が空いた時間にちょうどいいオヤツです。

お団子食べながらあちこち散策。

Dscf0042_1 ”アイビースクエアー”

この一角だけは日本じゃなくてヨーロッパのような佇まい。アイビーの柔らかな緑が、レンガに絡まってすごいボリュームです。真緑にはまだ間のある柔らかさがみずみずしい。

Dscf0054_2 大原美術館の巨大な柱は、ギリシャの宮殿のようでした。

”モネ”の睡蓮の絵画を見られるとの事で、喜び勇んでチケット売り場に並んだけれど、本館ではなく別館での展覧。複合チケットでは廻る時間が無いので、渋々断念。。。

Dscf0056_3 旅の楽しさは”地ビール”!

倉敷のこの地ビールはとーっても飲みやすくて美味しい。お昼ご飯のお供に、歩きつかれて乾いた喉へしみじみと沁みていってくれました。

肝心のお昼ご飯の讃岐うどんが今ひとつでちょっとガッカリ。うどんは美味しいのに、お出汁にパンチが無くてノッペリ無表情。うどん好きな娘も「味無~い!」。。。ま、観光地だから多くを望んではいけません。

美観地区もほぼ見終わり、次は何処行こう! プラネタリウムもあり、遊べる体験型展示施設のある”科学センター”へお任せナビでレッツゴー!・・・のはずが、ガビーーン!なんと休館日でした。。。こんな子供の好きそうな体験施設が休みだなんて、お役所だから!?GWなのに信じられない!!と散々悪態をついて行き先を変更。

チボリ公園は、大人の人数が多いため、パス!娘にもその存在を教えてなかったので、無事スルーです(爆

日本三大名園のひとつである”岡山後楽園”

Dscf0057_2 庭木越しに岡山城も見えます。

随所に”粋”や”風流”が散りばめられた、回遊式庭園。行き交う観光客もゆったり穏やかでお上品に見えます(笑

城下町って良いですね・・・佇まいがゆったりしていて、風雅な品があります。市中を走る路面電車もレトロな雰囲気ながら、市民の足として活躍しているところがまた、大都会とは違った時間が流れていそうです。

Dscf0062_3 お茶畑に浮かぶ、藤棚のある休み処。

近くで撮った写真は大勢の人が写りすぎて、せっかくの茅葺屋根も雰囲気台無し。このアングルが一番ヨシ!とお気に入りの一枚です。

・・・Dscf0065_1 どうです?美味しそうでしょう~!?

掘り頃の筍が、あちこちから顔を出して誘惑します。美しい竹林も食欲には勝てませんね~。

Dscf0068_1もうすっかり大人になりかけた筍。こんな中途半端な姿の筍を近くで見るのは初めてです。

一晩で何十センチも伸びるらしいから、美味しそうに見えた筍も、今頃はすっかり成長期の青春時代に突入ですね。

小豆島体験紀行はまた明日!

2007年5月 2日 (水)

そうだ、京都へ行こう。

昨日の京都は寒かった~。風は強くて傘が持ってかれそうだし、降ったり止んだりの雨脚もけっこう強くて、足元はどろどろ。

でも、雨天決行。この日を逃したら、GW中の京都散策はもうないんだから。

Dscf0023_2 雨の銀閣寺。

庭園が素晴らしい!!日本庭園の贅を尽くした極みでしょう。昔の天下人の裕福さを思い知らされました。

”一休さん”の時代の建造物が現在までも手厚く保護され、変わらぬ姿を拝観できることにしばし感動。。。

一休さんが「将軍さま~!」と呼んでいたのは足利義満。その孫の義政の別荘が銀閣寺。当時の財政難で銀箔が張られなかった分、庭園の美しさがかえって際立っているように思えます。

Dscf0016_1 Dscf0017_3

庭園に欠かせない苔にもこんなに種類が。庭師さんの苦労がしのばれるけど、この展示がなんか笑っちゃいました。                                 

Dscf0025_1 哲学の道を歩く途中で寄った 大豊神社 で可愛らしい狛ねずみの石造が。                                           

                                             

Dscf0026_3 途中の民家のミニバラ。一本の幹からこんなに広がって沢山花をつけています。黒い板壁に黄色い薔薇が素敵にマッチしていて、思わずパチリ。

ガイドブックに「雨が降ったら、永観堂へ」との通り、お堂の中をゆっくり拝観することができ、傘の世話にならずに済みました。

ここには”みかえり阿弥陀様”が祭られています。”みかえり~”の由来は、遅れるものに優しき眼差しと、自分を振り返る心。そして、正面からも余りある願いを聞きうける阿弥陀様の、正面にも廻れない哀れな者たちへの気配りも忘れないお姿なんだとか。

感銘を受けつつ、いつも人より遅れがちな娘に幸あらん事と、我を振り返る事を肝に銘じながらしばし合掌。

・・・もうここまで来たら、最終目的の南禅寺!

Dscf0031_2 広い広ーいお堂の中を散策するのはもう限界でした。冷たい雨の散策は、すっかり体力を消耗して、お昼ご飯を定時に食べる機会も逃し、寒くてひもじくて、もうギブアップ!

この写真を撮っただけで、南禅寺を後にしたのでした。

お腹は空いてるのに、お寺の拝観だけでもうお腹はいっぱい(爆

その日の蠍座は星座中で10位の占い結果。「忘れ物に注意しましょう」との事でした。朝から、気をつけようとは頭の隅で思っていましたが。。。

銀閣寺のトイレでまさかの忘れ物。化粧ポーチをトイレの個室に置き忘れてきたのです!

途中、甘味屋さんで休憩して、バッグの中を覗いて発覚。急いで銀閣寺の受付に問い合わせたら、届いていました~!

・・・良かったと思ったのもつかの間。ポーチを持ったら、なんか軽い。。。ランコムのジューシーチューブ(グロス)が抜き取られていました。。。(この間10分ちょっと)

まだ八分目以上はあったのに。っていうか、人の使いさしのモノを使う気になる神経が分からない!

いえ、忘れた私がアホなんです。他のものは無事だったので良しとしなくちゃ。お財布や携帯でなかったんだからまだましです。

まぁ、色々とアクシデントはあったけれど、これも思い出ね(笑

広い京都、今度はお天気の良いときにまたゆっくりとお寺巡りをしてみたいな。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »