« 明日からやっと普通の朝 | トップページ | ひとつ上がり »

2007年8月 1日 (水)

ふるさと便

宮城の実家から、野菜の詰まったダンボールが夜に送られてきました。

中身は、人参・玉ねぎ・じゃが芋・枝豆・トウモロコシ・モロヘイヤ・茄子・キュウリ・ピーマン・ミニトマト・しし唐・オクラ・青紫蘇。

ダンボールはパンパンに膨らんでいて、それでも茗荷と油麩を入れられなかったとのこと。はい、もう充分です。

晩ご飯の後片付けの後、小一時間もかかって仕分けと下拵え。

モロヘイヤはおひたしに。トウモロコシと枝豆はすぐに茹でて。田舎のキュウリは太くて逞しくて、お上品なスーパーのキュウリのようにサラダ向きではありません。ザクザク切って青紫蘇一緒にお漬物。

今年のトウモロコシは甘くて出来が良いせいか、ハクビシンの被害がどこの畑でもみられたそうです。写真だけ見ると可愛らしいけど、害獣です。

冷蔵庫に入れる前に、荒熱を取ってる枝豆とトウモロコシは、キッチンで優しい甘い香りを漂わせています。

でも、トウモロコシは貰ってもあまり食べないのよねー。明日食べ残ったら、包丁で粒をこそいでお料理用に冷凍します。

お父さん、この夏も”楽天”の帽子被って、畑に精を出した賜物をどうもありがとう。

でも、シジミ貝は~?こっちを本当は楽しみにしてたのにな。

« 明日からやっと普通の朝 | トップページ | ひとつ上がり »

小ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 明日からやっと普通の朝 | トップページ | ひとつ上がり »