« 鯛の鯛 | トップページ | 運動会 »

2007年9月21日 (金)

ミニミニ文庫

職場の更衣室に、昨日から何故かダンボールに入った文庫本が置かれていました。ちょっとした衣類や小物なども。

フリーマーケット??

欲しい人は貰ってちょうだいって言うけれど、ガラクタばかりで近くで眺めて皆苦笑い。

今日になったら文庫本だけ段ボール箱に並べられて『自由に読んでください。気が向いたら戻してください。』の張り紙が。

さっそく、高村薫の”照柿”上下巻を借りました。重くて読みにくいと評判の高村薫。これは一度図書館から借りて、読む前に返却期間が過ぎて、読まずに返したことがあります。今度こそ読破しよう。

今日やっと、浅田次郎の”プリズンホテル”夏・秋・冬・春”、全四巻を読みきったところ。一巻目の”夏”以外を友達から貰って、一巻目が無くてずーっと手をつけていなかったのだけど、立ち寄ったジュンク堂で一巻目を購入したら、あっという間に全四巻まで読みきってしまいました。

私の好きな”きんぴか”シリーズの【血染めのマリア】が登場するのも面白い!男くさい任侠の世界を、コミカルだけどみんな真面目に生きている人々として描いているのも、とっても愉快。7歳から感情が止まったままの性格破綻者の小説家は、切なくて優しくて。

電車の中で、一人肩を揺らして読み耽っていました。

”照柿”の他に、”見上げれば、星は天に満ちて ― 浅田次郎編”も借りました。今日の仕事の帰りに電車の中で開いてみましたが。。。日本文学集作選、というだけあって、そうそうたる純文学の大家の著名な作品集でした。

。。。初選の、森鴎外で破れました。。。よ、読めない。。。漢字が多く、表現が重々しくて、難しすぎる!一行を数回読んでいるのに気がつき、読むのを諦めました。仕事帰りの疲れた頭には、ハードすぎて難解でした。

森鴎外を飛ばしても、次は耽美派の谷崎潤一郎!よ、読めるかな・・・!?

« 鯛の鯛 | トップページ | 運動会 »

お気に入りの本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鯛の鯛 | トップページ | 運動会 »