« 解禁 | トップページ | 手に負えない »

2008年3月16日 (日)

マンドリンの調べ

西宮北口のプレラホールで開催された、神戸薬科大学と甲南女子大学のマンドリン合同演奏会を聞きに行ってきました。

弦楽器でも、マンドリンってなかなか聞く機会は少ないです。

弘前時代のソフトバレー仲間のFさんがマンドリンクラブのOGで、合同演奏会のお手伝いに来神するとのことで、会いに行ってきたのです。

マンドリン人口も少ないらしく、今年の演奏会は一年生が主体とか。拙い演奏をカバーすべく、今も現役でマンドリンの活動をしているOGが、演奏を引っ張っていました。

学生による第一部は、演奏者の緊張が伝わり、聞いてるほうも肩が凝りました。曲目は、ハバネラ、G線上のアリア、マルコとジーナのテーマ(”紅のブタ”のBGM)。

一生懸命さは伝わってきましたが、う・う~~ん。。。がんばれ。

ベテランのOGも加わって、演奏者が増えた第二部は、さすがに聞き応えがありました。

マンドリンの細かいピッキング。手首、腱鞘炎にならない?と心配したくなるほど。ギターやバイオリンのような、ふくよかな音とも違う、もっと直線的というか、平面的というか、弦の原始の音?ピアノの前身のチェンバロのよう?その真っ直ぐな音は、真っ直ぐ耳に入ってくるというか・・・。素人なので、音の表現が難しい!

小玉スイカを半分に切ったようなコロンとした愛嬌のある形のマンドリン。音を鳴らすのもとっても難しそうでした。

学生さんには申し訳ないけれど、ベテランOGの方々の演奏はやはり素晴らしかった。

特に、Fさんの弾く姿の美しい事。バレーボールをしているだけあって、スラットして背筋が伸びて、マンドリンを持つ姿勢がとっても綺麗。今も現役でマンドリンの活動をしています。

そうは聞いていたけれど、マンドリンを鳴らす姿は始めて拝見。かつては、ハーフパンツに膝当ての、ジャージ姿しか見たことなかったから(爆

レースの白いブラウスに、黒のロングスカート姿。知的で品が良くて、なんてカッコいいんでしょう~~。

会えて本当に良かったわ。弘前のお土産まで頂きました。

友達の活躍を見て、自分には今何があるんだろ?と、ちょっぴり自己反省。

母校のクラブのお手伝いにまで、毎年遠路はるばると駆けつける情熱。本当にすごいわぁ。

一生の趣味が音楽。羨ましいです。

« 解禁 | トップページ | 手に負えない »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 解禁 | トップページ | 手に負えない »