« 鳥取砂丘 | トップページ | この一週間 »

2008年3月23日 (日)

美味しかった

一泊二日の旅は、湯村温泉が泊まりの宿。ようやく取れた旅館は、周りの豪華絢爛なホテルや旅館と比べて、ビックリするほど古くて小さい。。。

でも、青森からの客だと勘違いされていて(半分は当ってるけど)、気持ちいいおもてなしを受けました。

若女将の大学時代の友達が青森出身で、かなりインパクトがあったらしく、私の言葉を聞いてがっかりしていましたcoldsweats01 津軽弁じゃなくてごめんなさいねぇ~~

P3220017 P3220018 P3220019

刺身の船盛は、これだけでお腹いっぱいになりそう~~。どーーんと立派な鯛よりも、平目のお刺身が一番美味しかったかな。

松葉ガニのタグまで付いております。。。本当?(使いまわしてないよね?)

但馬牛のステーキは、柔らかくて絶品。海鮮だけだと飽きる娘に、お肉の付いたプラン。これは色んな味が楽しめて正解でした。

湯村温泉は、温泉街に足湯を楽しめる箇所があり、温泉を利用して温泉卵を自分で作って食べれるのです。これが楽しくて美味しかった!

時間は12分。足湯に浸かりながら待つのも楽しい。しかし…温泉の地熱のせいか、蚊が物凄く多い!これは何とかしてもらいたいわ…何箇所か刺されたし。

帰りは遠回りして、出石の皿蕎麦を堪能。

P3230034 一口づつ盛られた皿蕎麦が、一人前5皿。全然足りません。

30皿を三人で。私は8皿。後は11皿づつ。もっと追加しても食べれたかも。。。でも、案外いいお値段なんです。腹八分目でも、お財布には優しくない。

うどんより、お蕎麦派。

神戸で美味しいお蕎麦は食べられないので、腹八分目でも満足。

美味しいもの沢山の、兵庫県の日本海。

« 鳥取砂丘 | トップページ | この一週間 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鳥取砂丘 | トップページ | この一週間 »