« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月29日 (木)

お宅拝見

六甲道に住む素敵な奥様のお宅へ遊びに行きました。

同じ職場で働く派遣仲間でありながら、主婦派遣(含むワタシ)とは一線を隔す、奥様派遣shine

お稽古事もし尽くして、持て余す時間を解消するために”働く”という姿勢は、なんとも羨ましい。。。

駅から程近いマンション!三人家族で4LDK!家族に一人一部屋!テレビが5台!

いえそんなことより、年に数度訪れるという、世界各国で収集してきた食器や小物の素晴らしさといったらlovely

オリエンタル風がお好みの奥様。

リビングボードも飾り棚も、フローリングの色に合わせた重厚な質感。海外駐在時に作成した、キャンバスフラワーの壁掛けが素敵に配置。

彼女のセンスが光る、美しいお宅でした。

お土産に巻き寿司とイカのマリネ、toothtoothのカヌレを持参しました(全部デパ地下で調達)。

お昼から、ビールにワインまでご馳走になってほろ酔い…wine奥様手製の、筍のキッシュが美味しかった!!

食後のコーヒーは、コレクションのカップ&ソーサーの中から好きなものを選ばせてもらって。私はロイヤルコペンハーゲン、友達はジノリ、奥様はマイセン。。。

エスプレッソマシーンで一杯づつ入れてくれる、薫り高く濃厚なエスプレッソ。

お喋りに花が咲いて、お暇したのは夕方遅くなってから。

セレブな奥様ではあるけれど、とっても気さくで気取らない彼女。まだまだお付き合いが続けば嬉しいのだけど、来年早々にはご主人の新しい赴任先のヨーロッパへ一緒に行くらしい…

お陰で楽しみが増えました!

何度も行ってるヨーロッパだし、詳しく案内してくれるはず。奥様が「遊びに来てね♪」と誘ってくれてるんだもの、行きましょう私も。そのうち必ずhappy02

チェコスロバキアかぁ。先ずは地球儀で場所を確認しなくちゃね。

2008年5月26日 (月)

そろそろ季節も終わりかな

P5260026 今日のオヤツです。

昼過ぎに、近所の野菜直販所”六甲のめぐみ”で朝採り苺を買ってきました。粒の揃わない”紅ほっぺ”は、お買い得の280円。

遅い昼食の後のオヤツに、一人で1パック食べました。もぉ~、お腹イッパイ!

家族用に買ったもう1パックは、冷蔵庫に入れなかったら(味が落ちるから)、夜には少し傷んでました。。。スーパーに出荷するのと違って、柔らかくて足がはやい。

路地モノも、そろそろお終いでしょうか。今年もココロおきない程、苺を食べました。

P5260028 ”六甲のめぐみ”で仕入れてきた野菜たちで晩ご飯。

スナップサヤエンドウが食べたくて。塩茹でしただけで甘くて美味しいはずのスナップサヤエンドウ。ところが、今日のはちっとも美味しくない。。。がっかりでした。

細いさやインゲンを煮物に入れるつもりが、スナップと交換です。

お浸しは、初めての野菜。わさび菜。本当のわさびとは関係の無い葉物野菜で、風味にほんのり辛味があるからこの名が付いたとか。お浸しにしたら、辛味の風味は殆ど感じられませんでした。

足付なめこのお味噌汁。袋に入った小さななめこと違って、足付は美味しい!

「お母さん、ところでメイン(肉や魚)は?」

今日はこれで全部なの!annoy

2008年5月25日 (日)

粉もんの日

珍しく、米喰いの我が家としては、小麦粉食に貢献した一日。

朝食は、人気の地蔵屋の食パン。耳までもちもち、ふっくらしっとり。鈴蘭台に二号店が出来たそうな。

昼食は、うどん好きな娘と二人、讃岐うどんのぶっかけ醤油うどん。

P5250022 コシが強くて食べ応え充分!

大根おろしがあったら、尚美味しかっただろうな。

                                           

P5250024 夕食は、お好み焼き。

タップリの長芋擂りおろしと卵で、水分は要りません。小麦粉もちょっぴり。殆どキャベツ焼。海老豚たま。

実は、米びつに明日の分しかお米が無かったのです。

大雨の昨日は、お米の買い物も面倒だったし、今日は車が使えなかったのでした。明日のお弁当分にお米を残しておくための、仕方無しの粉もんの日。

明日朝は、ほかほかご飯に納豆ですshine

2008年5月24日 (土)

映画のワンシーンのように

ロングネックレスが千切れて、ビーズやガラス玉が床に零れ落ちました。

昨日の仕事の帰り道、二重にしたネックレスのバランスを歩きながら直していたら、引っかかりに気づかずに。。。

ポロポロと零れる細かいビーズたち。慌てて千切れたテグスの糸をつまんで、床に落ちたビーズやガラス玉を拾いました。細かいものはどうしようもないので諦めましたが…

其々の腕にはバッグとお弁当箱などの入ったサブバッグ。

片手に千切れたネックレス。もう片方の手にはガラス玉たち。

人の波を避け、道端でどうにかしようとカバンを持ち換える度にビーズがポロポロ…weep

ネックレスはサブバッグに放り込み、ビーズたちは化粧ポーチに押し込みました。

買ったばかりなのになshock

短くなるけど、なんとか直して復活させよう!!

2008年5月20日 (火)

兵庫が生んだ巨匠。

大丸ミュージアムKOBEで開催されている、小磯良平・東山魁夷展を見てきました。

招待券が三枚。遅い母の日のプレゼントとして、義父母と一緒に。

会場は沢山の観覧の人たちでごったがえし。地元が生んだ芸術家の作品に、頷いたり感心したりで、作品を見つめる目が皆さん温かい。

巨匠二人は文化勲章を受章され、その経歴の年譜を眺めても華々しい生涯でした。

東山魁夷は波打ち際を描くための取材旅行に、日本全国の海岸線を旅したとか。

青森県の種差海岸で遊ぶ、馬の親子の幻想的な画が印象深かったです。

大作から小品まで。巨匠二人の生の作品は勿論素晴らしく、見るものを圧倒する作品から、郷土への愛着を感じるものなど、鑑賞していた一時間があっという間に過ぎていきました。

ランチを老房(ラオファン)でいただきました。

派遣の友達に教えてもらってから、何回か利用している落ち着いた中華レストラン。ランチのコースも充実していて、美味しくてボリュームもあって人気です。

サントリープレミアムモルツを頂きながら、オジーチャンは次々にお店に入ってくる女性のグループに目を見張っていました。

「旦那達は昼間汗水垂らして仕事して、奥様達は豪華にランチ・・・sad

おほほ。オバアチャンと私はにっこり。

『たまに美味しいものを外で頂くから、ご飯のアイディアも沸くのよhappy02

遅い母の日でしたが、ご馳走させていただきました。それこそ、テーブルの上では『私が!』「いえ、私が!」とお会計表の争奪が数度行なわれましたが、「今度またオジーチャンにご馳走になりますから~」という私の本音がぽろっと出たところで、会計表は私の手に…smile

実家の母には、日本海のお魚詰め合わせを贈っていました。

でもやっぱり自分の父母にこそ、楽しいオモイをさせてあげたい。。。夏に帰ったら。

2008年5月18日 (日)

ストロング!

北京への道、柳本ジャパンも二連勝で盛り上がってますね!!

高橋の、根性座ってる鋭い目つきがいい!小鼻が張って、くっきりしてる男性的なところに、勝負師の強さが現れているよう。

バレーを見てると酒量が増えていけません。

0319_01_b フカキョンのほのぼの系CMが、商品とは対照的な”氷結果汁ストロング”。

缶チュウハイの、甘さと軽さが苦手でしたが、氷結果汁の早摘みシリーズは甘くなくて好きだった上に、新発売のストロングはアルコール度数が8%!!

これは嬉しい。

甘いだけで、ちっともイイ気分にしてくれない缶チューハイに、画期的なアルコール度数です。これで、もう少し甘さ控えめだと好みに近づくのにな(基本ワガママです)。

お酒も、オンナも、ちょっと強いくらいで丁度いいwink

2008年5月17日 (土)

20年前

今宵の土曜ドラマ”トップセールス”に、今回もティッシュの箱が欠かせませんでした。来週のお話は、かれこれ二十年前のバブル期に突入!

先日の記事でも紹介した通り、今週は、若かりし頃の写真を持ってきて盛り上がる、という企画を派遣仲間で楽しんでました。

盛り上がったまま、手帳に挟んだ数枚の写真。まさしくほぼ20年前の写真です。

「夜霧の~、ハウスマヌカン~♪」まがいの一枚。ワンレンで、原色のセーターを着て微笑んでる一枚(うっ、気持ちわる)。グアムのホテルのプールサイドで撮った、BIGIの水着のセクシーショット!?。トレーナーやブラウスは、必ずスカートにインだったあの頃の一枚。ここにアップする勇気はさすがにありませんが。。。

昨日の歓送迎会で、仲良くしていただいてる嘱託さんにもご披露しました。

もう、皆さんいい気分でしたからね~、笑って盛り上がってくれたんだけど(見せて笑い取ってたのは他にも!)、トレーナーインの写真を「ブロマイド頂戴」と持っていかれました。。。あ、そんな20年前の詐欺みたいな写真を・・・

まぁ、今のだったら「イラナイ」と言われそうなので、ヨシとしましょう。

20年ちょっと前のバブル以前は、ニュートラ(ニュートラディッショナル)のファッションが流行ってました。紺ブレにボタンダウン。ボックススカートにヒールの革靴。

私が短大生になった頃は、ニュートラをちょっと崩したハマトラ(横浜トラディッショナル)。だいぶラフな感じで、トレーナーにポロシャツの襟を出して、タータンチェックのスカートにハイソックスが定番。ファッション雑誌、JJ全盛期です。バックは当然キタムラ(私は持ってなかったけど~~)。

その後、DCブランド全盛期。そう、夜霧のハウスマヌカンです。

年齢に前後があるけれど、どちらの世代も知ってる人が多く、ランチ時はこの上なく盛り上がりました。みな、当時の水着写真を一枚は持ってくるのが可笑しい!!

二十代の子はねぇ~、やっぱり数年前とは変わりないから、と残念がってましたね。ふっふっふ、人生の積み重ねって奥行きがあります(爆

そうそう。”スタジャン”と”スカジャン”の違いについても討論しましたよ。

”スタジャン”はその名のとおり、スタジアムジャンパー。元は野球選手のウェアだったんだってね?。うんうん、ボディがウールで、袖が革だったり。

”スカジャン”は、横須賀が発祥の地だったって?サテン地で形はスタジャン、背中に龍の刺繍がしてあるようなやつ。ヤンキーの方々がご愛用の。

なるほど~~。

やっぱり人生を重ねると、話題に事欠きません。ネタ満載。

2008年5月15日 (木)

モーニング

モーニング
カフェや喫茶店で、モーニングセットを一人で食べるなんて久しぶり。

夜行バスで弘前から東京まで、アルソアの研修へ通ってたときは時々一人モーニング。
いや、モーニングは普通一人で食べるもんでしょう。
二人でだったら、‘夜明のコーヒー’ってこと?(例えが古いな…)

朝イチで健康診断を予約したら、九時半前には終わりました。
当然朝食抜きなので、お腹ペコペコ。
500円のセットです。
熱々のホットドッグにサラダ二種。ドレッシングが別添えって嬉しくない?
コーヒーはポットに軽く二杯分。
案外充実してるのね。

350円で、飲み物に菓子パン食べ放題ってのもありましたが、甘いパンなんて一つで沢山だし。

お爺ちゃんがコーヒー飲みながら、新聞タイム。
若いオネエちゃんが、もくもくと朝からお勉強。
私みたいに所在なさげにボーッとしてる人も沢山。
たまには外で朝御飯もいいものね。

私も持参の文庫を軽く読んだら、そごうに行こう!

2008年5月12日 (月)

誰か Somebady

最近、時代小説ばかりでした。

山本周五郎。職場の更衣室に置かれたミニ文庫から選んで。”樅ノ木は残った”で有名な、原田甲斐や、”栄花物語”の田沼意次など、日本史では歴史上ヒールと呼ばれる人を別の切り口から語り、年表に現れる二次元の人物から、見事に人間臭さを表現した、悩める理性的な人間として描かれていました。

表題は、宮部みゆきの作品です。

頭を柔らかくして、リラックスして読めるのが彼女の作品の良いところ。

最後まで読み終わっても、表題の意味する”誰か”とは、主人公なのか、不慮の事故で亡くなった過去のある人物なのか、その娘たちなのか、主人公の義父であるのかは分からずじまいでした。宮部みゆきの作品にしては、表題のつけ方が分かりにくかったかなぁ。。。

ある姉妹の、両親の愛情の重さがどちらに多かったかという複雑な嫉妬心が、伏線になっています。

この小説の中でも、蛍光ペンでマークしたくなる、宮部みゆきの珠玉の言葉たちがありました。一部抜粋します。

「山っ気とか野心とかは、薬味みたいなもんだから、あった方が人生が美味しくなる。だけど薬味だけじゃ一品の料理にはならないんだって」

若いときの、故郷に錦を飾るくらいの勢いは、生きる張り合いにはなっても、博打な人生では未来は無いよね。。。

「手に入れたものはみんな宝物だけど、手に入れられなかったものは、もっともっと宝物なんですよ」

安定した家族と家庭。そして恋人も、叶わぬ夢も。

「子供は全ての暗闇にお化けの形を見出す」

小さい頃誰でも、見えざるものに畏れと、過大な恐怖を抱いたことがあるのではないでしょうか。先の見えないもの、こと。子供は想像力が豊かで、目に見えることでしか予測することが出来ないから、なお更に。

以前、大人が待つ15分は、子供にとっては一時間に相当するという話を読んだことがありました。不安が増長すれば、そこにお化けが現れるのですね。

「男と女はね、くっついてると、そのうち品性まで似てくるもんだよ。だから、付き合う相手はよく選ばなくちゃいけないんだ」

言わずもがな。

上手いなぁ・・・。ウンウンと頷いたり、いい得て妙!と膝を打ちたくなる見事な表現。それこそが、彼女の最大の魅力だと思うのです。

稀代のストーリーテーラーが丁寧に紡ぎだした、心揺れるミステリーです。

ご一読をお勧めします。

2008年5月10日 (土)

土曜の夜は

いかがお過ごしでしょうか?
NHK土曜ドラマにまた最近嵌まっておりました。
トップセールス。
今夜で第五回目。
自動車セールスの女性がいよいよ販売店トップセールスとなる今夜、また新たな試練が…
野球中継が長引き、お風呂に入ってからゆっくり観れます!
あ〜たのしみだわ(^^)v

2008年5月 9日 (金)

職場はたのし

GW長期休暇の後の仕事は、まさしく社会復帰という感じ。

朝早く起きて、お弁当を作り、身支度して(これが時間かかるのよ)、満員電車に揺られて、職場までの短い距離をテクテク。。。仕事が始まるまでが長いのよね~

4月5月は閑散期。仕事は、はっきり言って暇な時期なんです。繁忙期は同僚と話す暇も無いほど(トイレに行く暇も無い!!)忙しいけど、今はぼちぼち仕事をしながら、同僚と話題の種に尽きないほど、お喋りができます。(なんちゅう職場じゃ・爆)

名古屋でOLをしたことのある同僚が、「当時の社員に、今の職員Mさんとそっくりな声の人がいたわ~。年恰好も同じくらいだし、そういえば苗字も同じ…兄弟か親戚かも!?」なんて昨日話してたら、なんと本人Mさんと判明!

同僚は、Mさんとは一年もすぐ近くで仕事をしていたのに、昔の仕事仲間だと今日知ったのでした。こんなことってあるのね~~!!日本は狭いわ。今から十数年前に名古屋で一緒に仕事をした人と(スキーにもグループで一緒に行ったらしい)、神戸でまた一緒に仕事をするなんて。。。それも一年間も気が付かなかったなんて。。。

今日は当時の写真を持ってきてくれました。

若かりし頃のMさん。今の痩せてヒゲの生えた顔からは、想像もつかないほどツヤッツヤ。同僚の髪型は、前髪を立てた”工藤静香風”。あー、ポロシャツの襟立ててる人もいる。。。日本全国、このスタイルが流行していたのよね(遠い目・・・)

来週は、若かりし頃の写真を持ち寄って、笑いのネタにしようということになりました。

ふっふっふ。どの写真を持っていったら皆ウケてくれるかしら?週末は写真探しです。

でも、一番笑えるのは、私が4、5歳の頃に妹と二人手を繋いで、舗装もされてない砂利道で写っている写真。

以前、人に見せたら「戦時中?」と言われました。。。(当然、白黒です)

                                                     

職員の移動や嘱託さんの定年退職後の入れ替えなどで、連休後は知らない顔ばかりです。未だに名前と顔が一致しません。

30日に休みを貰ったので、定年退職した嘱託さんのお一人と、最後にご挨拶が出来なかったのです。その日出勤する同僚に手紙を託しました。手紙といっても、手帳の一枚を切り取って、短い感謝の言葉を並べたものだったのです。

嘱託さんはたいそう感激されたらしく、お財布に私からのメモ用紙のような手紙を、大事に仕舞ってくれたらしい。。。ありがたいやら、申し訳ないやら。。。

そんなことも忘れていた連休明けに、その嘱託さんから、ジャズのCDを二枚、人づてに頂きました。。。またまた、ありがたいやら、申し訳ないやら。。。

『ジャズの雰囲気の女性のようだから』ですって。

まぁ嬉しい。でも、同僚は噴き出していましたけどね(爆)いいじゃない、見方は人それぞれなんだから。夢を壊しちゃいけないでしょ!?

来週の歓送迎会でお会いできれば、お礼を言いたいと思います。

2008年5月 6日 (火)

食べた、飲んだ

P5020011 妹が作ったカレーと、アスパラガスのマヨネーズ焼。鰹のタタキの新玉ねぎ乗せと、豚しゃぶサラダ。

いつもの野菜とカレールーなのに、作る人が違うと味が変わるカレー。人に作ってもらうのって、なんて美味しいんでしょう。

P5030024 丹後半島のお宿のお料理。これに天ぷらと、つみれのお澄ましが付きました。

天橋立ワインが美味しくて、その外に大吟醸と焼酎も頼みました。ビールにワインに日本酒に焼酎。。。ちゃんぽん、ちゃんぽん、ちゃんぽんぽん♪

P5040031 お土産屋さんで食べた、黒豆餡のソフト。バニラに餡が練りこまれてるのを想像してたので、ちょっとがっかり。

味もなんだかなぁ~coldsweats01

P5040037 お土産に買ってきた、甘エビとドロエビ。左奥が、ドロエビ。なんか美味しそうな名前じゃないよね・・・。でも、地場のもので滅多に市場に出ないエビとのことで、買ってきました。

卵も沢山抱えていて、歯ごたえもぷりり!お寿司のネタに良いかもね。

でも、やっぱり甘エビのほうが食べやすいかも。

神戸花鳥園を見た帰りに、夕べの最後の晩餐は三宮の居酒屋さんで。

写真は撮りきれなかったけど、その他にも沢山食べて美味しいお酒を飲みました。

明日から、いつもの日常。楽しかった思い出は、お腹周りにタップリと定着。

夏に再会するまでに、もう一回り締まったバディを誓う姉妹です。

それでも満喫

見学時間も短かった彦根城でしたが、琵琶湖とお城を見れて感激していた妹たち。城郭好きな義弟も喜んでくれて良かったわ。

P5030023 井伊家ゆかりの彦根城。素晴らしい日本庭園から天守閣が見えます。

新緑が柔らかく光り、清々しい空気でした。本当はゆっくり散策したかったわぁ。

P5030018 これが、彦ニャン。一日に数度しか登場しないらしく、丁度引っ込む寸前にパチリ。遠くからズームで撮ったので、パソコンにアップしてびっくり。

汚な・・・。一応アイドルなんだから、綺麗にしてあげたらいいのに。。。

P5040030 翌日は、日本三景の天橋立へ。

昭和を感じさせるレトロなリフトで観覧場所まで登り、恒例の股覗き。天と地が逆になっても、見応え充分。大昔、誰がこんな眺め方を発見したんでしょう。

P5040028_2神戸のビーナスブリッジじゃありませんよ。

天橋立にも愛を誓う鍵が。。。好奇心で鍵に付いたメッセージを読んでいたら「ずっと一緒にいれますようにheart01」の中に、「早く彼氏が出来ますように…」。一人で鍵かけたら、誰も入ってこないじゃんねぇ~。

P5040033 P5040034 P5040036

写真に見える天橋立の、細い砂防を貸し自転車で往復してきました。

海は青くて素晴らしい透明度でした!ここはワイキキビーチ!?外人さんが日光浴。

帰りは高速も混まず、すいすいと帰って来れたようでした。爆睡してて、気が付いたらもう三田辺り。。。あ~、楽しかったわwink

関西圏一巡り

ちょっと日程がハードすぎたと反省しています。

3日午前に伊丹空港へ降りた義弟をピックアップして、そのまま彦根城までドライブの予定でした。京都南へ抜けるまで、物凄い渋滞。。。伊丹空港から、彦根市までなんと三時間半!!

他県ナンバーの車で、高速は寿司詰め状態・・・その中でも目を引いたのはウチの車でしょう(結局、車検でもまだ青森ナンバー変えてません)。

彦根城に着いても、見学時間は約一時間弱。ゆっくり見ていては、宿への到着時間がかなり遅くなりますから・・・

そう。その日予約していたのは、丹後半島の西側、夕日ヶ浦温泉。

Mk_map マークのついてる場所です。なんと無謀な旅程でしょう。。。

神戸から、琵琶湖の東側をぐるりと回り、敦賀、舞鶴を抜けて丹後半島へ。

兵庫県・大阪府・京都府・滋賀県・福井県、そして再び京都府へと一日でドライブ。高速の他に一般道でも渋滞して、宿に着いたのは19時15分。

ナビの到着時間予定が、延びたり縮んだりするのに一喜一憂しながら、地図の読めない自分に自己嫌悪sweat02

文句も言わないドライバーは、サクサク・スイスイ・ビュンビュンと飛ばしに飛ばして、予定時間を縮めてくれましたcoldsweats01

一日の走行距離は400キロほどでしたが、とにかく乗ってる時間が長すぎて、観光に時間を使えなかったのが残念。

いえ、行動計画に問題あったのは間違いアリマセンが・・・(だって、任されっ放しなんだも~んhappy02

こうやって、地図を眺めるとエライ走ったのねぇ。

2008年5月 3日 (土)

今夜は

080503_001
ご当地ワインの、この地の近くで命の洗濯。
むかーしむかし、父の田舎で生ってた白ブドウの香りがしました。
超長距離ドライブの疲れを癒してくた優しい甘さwine

2008年5月 2日 (金)

お笑い生ライブ

行ってきました、なんばグランド花月へ。

予約した席は、一階中央ほぼど真ん中!!老若男女、いえこれまた殆ど若い人たちで二階席まで満席でした。

幕が開く前の前座は、ストリークの二人。会場のお客さん方に何処から来たのかとの問いかけ。なんと、「はいそこのお姉さん!」と、挙手をしたうちの妹がご指名!

『仙台からでーす!』

「…あ、仙台から…」 おいおい、もっと話ふくらませよ~!聞くくらいなら、地名と関連した事勉強しとけ!と席でこそこそ突っ込み姉妹(爆

大木こだまひびきの落ち着きのある漫才はやっぱりベテランの風格でした。お約束の「ちっちきち~」も披露してくれたしsmileテレビで見るより、こだまさんは若かったshine

中田なおきの一人漫才も面白かった~。ピンの芸人さんって難しいんでしょうねぇ。会場のお客さんを巻き込んで、飽きさせない展開。

まるむし商店は、喋りが早すぎてついていけない・・・。面白いのに、物凄い早口で聞き取りにくかったわ~。芸歴長いのに関西ウケだけなのは、早口のせいなのかな?関東東北でも伝わりやすいよう、もう少しゆっくり喋ってください。そしたら、きっと全国区になる日も近いはず?ホント、もったいないと思ったのでした。。。

その他若手のティーアップ$10海原やすよともこ等等、やっぱり生は面白い!!

トリは桂文珍さん。

手ぬぐいの出し方も、羽織の脱ぎ方も洗練されていて仕草が綺麗。お話の”間”の取り方が素晴らしい!優しいゆっくりとした口調なのに、聞く者を自然に引き込ませる上手さは、さすが落語界の重鎮です。

はぁ~~、いいもの見せてもらいましたshine

そして後半の、よしもと新喜劇。これまたお約束の出演者全員による吉本コケ!!お話の構成も分かりやすく楽しかった~~。

初めてのお笑い生ライブは、愉快で楽しくて大笑いでした。神戸からはなかなか遠いけれど、また是非行ってみたいですflair

P5020007 P5020009

なんばグランド花月への入口。そして、有名芸人さん方の手形が続いていました。

手形から、なんか人柄が見えそうな感じがして、それもいとおかし。

P5020010 11時からの開演前に、グランド花月前の出店で腹ごしらえ。ちゃんとしたたこ焼きを、関西に住んで初めて食べました。

たこ焼きって、こんなに美味しいの!?

中はふわふわとろとろでクリーミー。東北の出店で売ってるのとは、やっぱり全然味が違います。

粉もんは、わざわざお金出してまでそんなに食べたいと思わなかったけど、やっぱりご当地モノは違うんですね。美味しいお店はもっとあるんでしょうけど、今日のたこ焼きは衝撃的に美味しかった!因みにソースはにんにく醤油でした。

ビール飲んでも激熱で、飲み込むのに苦労したけれどcoldsweats01

大阪行ったら、また食べよう。

あ~、楽しかった。

2008年5月 1日 (木)

遊びつかれて

大人のオンナ二人の夜は、お気に入りの美味しい和食屋さんで、明石のお刺身に舌鼓。初鰹と、軽く〆た生と変わらないサバのお刺身が美味しい。

焼筍も旬の味。天ぷらの山菜は、やっぱり東北の方が美味しいかな…。

080430_001 080430_002

080430_004 美味しい和食には、美味しい日本酒を。久々に飲みました。

この後イタリアンで飲みなおし、シャブリのグラスワインを4~5杯飲んでた妹。ボトルで入れればよかったね~。私は軽いものを数杯。。。

結局、夕方チェックインしたホテルに泊まることなく、日付が変わる前にチェックアウトして、妹を連れて帰ったのでした。

今日は神戸市博物館で、ルーブル美術館展を見てきました。

当時の世界一のセレブリティ、ブルボン王朝の豪華絢爛な丁度品の数々に目が釘付け・・・。入場者も多く、展示場は混んでいました。

マリーアントワネットの旅行用調度品の展示が一番目を引きました。王妃が使う食器や身支度の道具などが、隙なく収まるマホガニー製のトランクケース。これだけでも相当な重さでしょう。旅一つをとっても、多くの召使の手を借りなければ、貴族の生活が成り立たないのですね。

ロココ調のデザインの複雑さや緻密さ、金銀のまばゆさにすっかりお腹イッパイ。。。

”ベルサイユの薔薇”の世界が間近で見られます。是非一度ご覧になってはいかがでしょうか。

お昼は南京街で呼び込みしていたオバチャンにつかまり、連れて行かれたのは古くて小汚い中華店。本当は、疲れたから、落ち着いてゆっくり出来るお店に行きたかったんだけど、オバチャンのパワーに引っ張られてしまいました。

P5010002 私が座ったカウンターの席の、正面の店内。

いやぁ~、めちゃアットホーム!?何もかもがごちゃごちゃと一まとめ。失敗したかなぁ~~と不安になりつつも「美味しかったらどんな店でもいいんじゃない?」と妹。

P5010003 P5010004

台湾ラーメンとマーボ豆腐、写真に撮らなかったエビマヨ。お味はまぁまぁでした。でも、たぶんもう二度と行かないでしょう(爆

その後、元町をぶらぶらして私も一観光客です。元町商店街は、歩くのがこれで三回目くらい。滅多に来ないので、地元の老舗に珍しさで興味津々。

P5010005 商店街の小路からポートタワーが!観光客で~す♪

ふと気がつくと、西に西に歩いていました。ありゃりゃ~~

遠回りして三宮方面に戻り、細身の靴で歩きまわり、私も妹も脚が痛いweep

遊び疲れて帰った後、一息入れて妹はソファで爆睡中。。。

さ~て、今夜の晩ご飯の仕度をしようかな。

P5010006 本日の購入品。

牛革の編みこみバックは、手触りが柔らかくてデザインも可愛らしいでしょう?

明日さっそく持ち歩きますhappy02

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »