« 思い出たくさんお土産に | トップページ | これはすごい! »

2008年8月18日 (月)

宮城の夏

お盆前は、確かに暑かった。日中はじっとり汗ばむほどの陽気でしたが、朝晩は快適な温度。

お盆に入ると、晴れたり曇ったり降ったりで、一気に涼しくなりました。酷暑の神戸からは、まさしく避暑地。

宮城の”オイシイ”の数々です。

P8110001 仙台駅ビル三階にある、寿司通りで、珍しいブドウ海老のお寿司を頂きました。滅多に上がらない珍しさはあるけど、やっぱりボタン海老の方が美味しいかな。

海老の頭の唐揚げと、茶碗蒸し、お吸い物とコーヒーが付いて1800円!

寿司通りの手前には、牛タン通りも軒を連ねています。仙台駅でご当地の味を一箇所で食べれるという便利さ。観光客が列を作っていました。

P8110005 料理上手の妹宅のテーブル。

ラムチョップステーキ、ペンネ、ミニトマトのマリネ、ゴーヤとカボチャの天ぷら、ほや酢。

シャンパングラスも、器の趣味もセンスのいい妹です。(ほら、褒めまくったわよ♪)

野菜はクレソン以外、全て実家の父作。

P8140017 志津川の民宿”さざ波”のお膳。

釜飯は、ウニと鮑がどっさりでした。三陸の海の幸が満載。。。左にあるオレンジ色のごろっとした物体は、ホヤの蒸し物。酢の物だけでなく、蒸しても食べられます。でも、やっぱり生が美味しい海のパイナップル。

P8160027 実家での最後の夜は、ごちゃ混ぜ色々メニュー。

エビチリ、肉味噌のレタス包み、夏野菜カレーのパン手巻き(田舎ゆえ、ナンの素が売ってないsweat01)、ネギトロ山芋合え、キュウリ揉み。

あっさりメニューが続いたので、父をはじめ、男子供に喜ばれました。

妹宅のテーブルと比べると、生活感丸出し~~~。

P8170029 合宿所のお昼?

大人七人分のお料理を、朝昼晩と作るのはメニューを考えるだけでも大変。

母と妹と共同作業だから、まだましだけど。。。大家族の昔のお嫁さんは、本当に偉かったんだなぁ。盆暮れに親族が集まると、この何倍ものお料理を作るんだもの。今でも、農家に嫁いだお嫁さんは、人寄せが多いから、盆暮れは座る暇が無いみたい。。。

休み明けの出勤時に会った友達から「あっ・・・、ちょっと逞しくなった!?笑」

やっぱり・・・。ひと目で分かるこの変化。

実家で三度三度きちんと食べた分は、しっかり体全体に蓄積されました。

« 思い出たくさんお土産に | トップページ | これはすごい! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 思い出たくさんお土産に | トップページ | これはすごい! »