« 甘味でまったり | トップページ | 調律師さんが言うことには »

2008年10月12日 (日)

失態

昨日は神戸ワイン場のバーベキューサイトで、職場の有志とバーベキューを楽しんできました。

9月いっぱいで派遣の更新が満了した、向かいの部署の先輩を”送る会”だったのです。

Fさん。いつも背筋を伸ばして歩き、颯爽とした雰囲気は憧れでした。

私が勤めて直ぐに、FさんとKさん(私のファッションリーダーであり尊敬する女性)から食事に誘われた時は本当に嬉しかったのでした。100人もの人間が働くフロアの中でも、颯爽と仕事をこなし女性らしいお二人は光っていたのです。

カッコイイお二人と、時々ご飯をご一緒にさせて頂ける自分が、嬉しくて誇らしくて。こんな気持ちは男性には分かるかなぁ・・・

秋晴れの農業公園に吹く風は、コンロの風下にいた人たちを燻しながらも、爽やかに吹いていました。

FさんKさんを慕うオジサマ方も嬉しそう。

私もお仲間に入れていただいて、とっても楽しかったのですが。。。

ビールもワインも美味しかったです。美味しかった故に、気が緩んでしまったんだと思いたいけどdespair

こんな席では仕事の話を忘れたいのが人情ですが、集まったのは職場の同士。色々な話題の中で、私が話題にした一つに・・・

「もう長くはないと言われた入院中のお客さまが、節目節目にきっちり更新にいらっしゃる。外出許可をもらって、体力のない体をやっとの思いで来てるけど、親族や信頼の置ける人がいない場合、何か特例措置なんて出来ないんでしょうかね。次回、いらっしゃれなかった時は、もう…weep

結局、うんうんと聞いたり話したりしながら、なんとなく次々と話題が移り、一同良い気分で酔いも回り、二次会はカラオケへと移動したのですが。

何か心に引っかかりながら、家路に着き、早めに入った布団の中でハッとしました!

ずっとニコニコしながら私の隣にいてくれた、大好きな嘱託のUさん。彼の奥様がこの春に、話題にしたお客様と同じ病気でお亡くなりになったのでした。

なんてこと!

お悔やみもして、一人暮らしを気遣うような言葉を掛けていたにも拘らずに、この失態!crying

情けないやら恥ずかしいやら、申し訳なさで、布団の中で一晩中悶々としていました。

肝心な時に、言葉を、話題を選べないなんて。こんなこと、お酒のせいにも出来ませんよ。

今日一日落ち込んでました。

ここに書くことで、少しは免罪になるかな、なんてチラッとでも思う自分の心がまた腹立たしい。

本当に恥ずかしいです。

« 甘味でまったり | トップページ | 調律師さんが言うことには »

フレンズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 甘味でまったり | トップページ | 調律師さんが言うことには »