« 昼から大宴会 | トップページ | 京都みやげ »

2008年10月16日 (木)

モカモカメニュー

Pa160032_2

瀬戸内に沈む秋の夕日。

すっかり陽が短くなって、夕日の沈む位置がベランダから見えるようになりました。綺麗だなぁ。。。

神戸ワイン城でバーベキューを一緒にした職員さんから、その時の写真を昨日頂きました。。。まぁ、弾けちゃって皆さん笑顔満開happy01 私も色々気に病んだりしたけど、皆さん大人な方たちばかりで、本当にありがたいわ。。。

写真と一緒に、栗も頂きました。散歩コースにしている遊歩道で拾ったという、野栗。バーベキューにも持ってきてくださり、コンロの上で炒って食べたら素朴な甘さで美味しかったのです。

Pa160026 Pa160029

茹でたり焼いたりしたら、剥き易い様にと、切れ込みまで入れてくれてます。なんてマメな方なんでしょう~heart01

でも、せっかくだから栗ご飯にしました。

自然の野栗は、私の親指を二周り大きくしたくらい。いやぁ~、剥くのに時間がかかりました・・・テレビを観ながら(ほとんど聞きながら)一時間半。包丁の峰が当たる人差し指の付け根は真っ赤。右手はしばらくの間痺れてました。

栗ご飯は、本当に手間隙かかります。

子供の頃も、栗を剥くのは私の役目。フルタイムで働く母が、栗を剥く時間なんて無いので、晩御飯の後に一人黙々と剥いていたのでした。時々爪の間に鬼皮が刺さったりして、痛かったなぁ。翌日の朝には、蒸篭に蒸しあがった栗のオコワがもくもくと湯気を上げていたっけ。母の栗オコワは、最高に美味しかった!懐かしいなぁ。今じゃ、剥く人がいないから、秋になっても作らないんだろなdespair

私は普通のうるち米で、炊飯器で炊きました。

Pa160034

せっかくの栗ご飯なのに、ごま塩買うの忘れちゃったよ~sweat02

副菜は、栗剥きタイムに観た”キューピー三分間クッキング”でのメニュー。里芋と鶏肉の中華風照り煮。昨日の、カボチャのソボロ餡も添えて。。。

私のあまり得意でない、芋・栗・南京が勢ぞろいcoldsweats01

モカモカして、ちょっとむせたりして大変。

栗ご飯を作るのは、年に一度のイベントです。

« 昼から大宴会 | トップページ | 京都みやげ »

ウチごはん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昼から大宴会 | トップページ | 京都みやげ »