« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

買い物4日してません

火曜日の料理教室の日に買い物して以来、食材を買い足してなかったのでした。

金曜日は風邪で寝込んで欠勤し、一日寝たり起きたり。

それでも冷蔵庫に残った食材で、なんとか晩御飯の食卓を整えて。

今日も一日だるだると家事をして過ごし、咳も残ってたのでバレーも休んで。

買い物も行く気がせずに、取り合えずで作ったのがこれ。

P1310001

ポルチーニとトマトのチーズリゾットと、ブロッコリーとゆで卵のサラダ。

イタリア料理教室のお土産が役に立ちました。

肉も魚もお豆腐も無い!それでもなんとか晩御飯の体裁が整ったのは、ありがたいshine

ブロッコリーもお弁当用に茹でて残ったものだし、リゾット米とトマトソースはお土産だしwink

いよいよ冷蔵庫の中は、納豆しかありません。

明日は外の空気吸いがてら、どっさり買い物してこなきゃ。

美容院の予約は、来週に延期だわdespair

2009年1月30日 (金)

意外に当たってる!

占いを真剣に信じるタイプじゃないけれど。

思いつきで、友人・知人・家族の誕生日を入れてみたら、これが結構当たってる!

人間計算Web

46_986ecaaea38f8d9bd9b3386b4abed9bd 誕生日から性格を導き出すという占い。

私の性格は・・・

「フマンニカンジテモ クチニダスコトハナイ ガマンヅヨク ナンデモセイコウヘ!」

ふ~むふむふむ。

ハゲが出来やすいのは、こんな性格だからなのね。

大人の関係の相性診断もできます。

気になる人との相性は・・・やっぱり!!なるほど納得の結果でした(o^-^o)

お試しあれ♪

2009年1月29日 (木)

苺ちゃん

風邪ひきまして。

職場にも鼻が痛くならないローションティッシュを箱で置いてます。
喉と口の中が乾燥して、ザラザラ…

090127_004 明石の蛸最中は、アンコの中にギュウヒが入ってとっても美味しい!

しかし、口の中が荒れてると、口中の水分を奪う最中の皮は食べられない…賞味期限までに治さないと。

                                                                                          

平和な昼休みの話。

窓口に来たご高齢のオジイチャンに、『あんた!苺ちゃんじゃないかい!?』と言われた隣の係の友達。

(えっ!?んな名前なわけないやん)と思いながらも、やんわりと「違いますよ〜」と、友達。

『20年前に新開地にいなかったかい?』と、オジイチャン。
『苺ちゃん可愛くて今でもよう覚えてるねん…』
。。。って、源氏名ですかっ!

20年前って。

オジイチャン当時65歳!?

男って、幾つになっても男なのね。。。

‘昼サロ’と呼ばれる、私の知らない世界の、当時女子大生(たぶん自称)の苺ちゃん。

万が一、本人だとしても言える分けないじゃんね〜(笑)いや、怒られるか(((^^;)

風邪の回復にはビタミンC。
苺、明日買ってこよう。

2009年1月27日 (火)

冬のごちそうイタリアン

料理教室三回目。

ミラノ風~、です(*^^*)

イタリアでも富裕層が多い地域であることから、黄金色の焼き色のついたカツレツ等を、ミラノ風(リッチな雰囲気)と言うのだそうです。

090127_001_4 本日のメニューは、
◇ ミラノ風コトレッタ 〜バジルトマトソース〜  ◇ カニとポルチーニのあつあつリゾット  ◇ ブルーベリーのケーキ

私はリゾットを担当。

炒めたニンニクと玉葱が良い香り(^-^)
リゾット米は、旨味を吸収して崩れにくいとか。イタリアの干し椎茸みたいなポルチーニは、茸の旨味たっぷりです。
白ワインと粉チーズの風味が美味しい。

コトレッタは、本来仔牛肉を使いますが、入手しやすい豚ヒレ肉や鳥むね肉でOK。生パン粉に細切りチーズを混ぜて、オリーブ油で焼き揚げします。
イタリアンパセリが綺麗なアクセント♪

ケーキは薄力粉の他にコーンミール(トウモロコシ粉)をプラス3割ほど入れるので、軽い食感で素朴なケーキになりました。

今日の班は5人。

品のよさそうな若いママ友達4人グループに、私。皆さんご近所友達なんだそうです。なんと、同じ地域の隣町の方々でした!
バレー友も知ってるそうで一気に親しくなり、コープで会ったら宜しくねと、帰りは手を振ってくれました。
こうやって、近所に顔が割れていくのね…(^^ゞ

今回の講習は、日仏貿易(株)協賛とのことで、2000円程のお土産が付きました。

講習料が2500円でお土産が2000円。。。そういえば、この講習はキャンセル待ちだったっけ。
人気なのは当然ですね♪

090127_003001_3 お土産は、バジル入トマトソースとブルーベリーコンポート、リゾット米。アルチェネロというオーガニック食品会社の瓶詰めなどでした。

携帯からアップして、パソコンから編集すれば、前回前々回の写真も掲載できることに気がつきましたので、一緒に載せます。(気がつくの遅すぎ…)

090118_002_3 090111_001_3

来月は行きたい教室と曜日が合わず、お休です。

3月の貿易協賛講習会は、勿論申し込みましたとも!

次回も楽しみです(*^^*)

たまにはいいかも

帰ってきて、うだうだ。

ご飯食べて、ごろごろ。

ピアノを弾くと自分で言ってたくせに、コナン君を観ながら、にやにや。

頼んでいた洗濯物畳みは、いつまでたっても山のまま。

半分畳んで、「あ~~、だるい…」とコタツにごろり。。。

。。。。。。。。

thunderどっかーーーーん!!thunder

仕事の疲れも相まって、怒りが爆発。久しぶりに雷落としました。

作ってもらうお弁当もありがたみがないのか、お弁当箱を洗うわけでもなし、催促されるまで鞄から出しもしない。

『明日から自分で作っていきなさい!annoy

今日は仕事が休みなので、わざと娘の後に起きました。

しぶしぶ作っていたお弁当がこれ。

P1270029

夕べと一昨日の晩の残り物を詰めただけ。卵焼くとか、ウィンナ炒めるとかすればいいのに、空いた場所にはこんにゃくゼリーが!!

着替えてる間にこっそり撮ったので、ピントがずれてますsweat01

残り物があったから、戒めにはならなかったかな。

怒るわりにはすぐいじらしくなって、怒りを解いてしまうのが母の悪い癖。

明日は作ってあげるから。。。

                                             

でも、言われたことぐらい手伝えっちゅうの!体ばっかり大きくなったらアカンでしょっ!

2009年1月25日 (日)

初上陸!

初めて四国の土を踏みました。

向かった先は鳴門の渦で有名な、鳴門市。

P1240005

鳴門大橋の下に激しい白波が見えますか?観潮船が渦に近づいています。

海が綺麗~~!

風が強くてかなり寒かったのに、海はコバルトブルー。これが雪吹きすさぶ日本海だと、どんより灰色で、悲しくも無いのに眺めているだけで涙が出てくるところです。

瀬戸内の海は明るいなぁ。

P1240010

お昼に入った人気の無い土産物屋の二階のうどん屋に、奇妙な物体が飾ってありました。

P1240009

ぎょえ~~!怪獣!?うっすら埃をかぶったこの物体は、何で出来てるんでしょう。松ぼっくりのオシリ側を並べて作ったようにも見えるんですが・・・たぬき、っぽいです。なんだか夢に出てきそうで怖いわぁ。

今回の旅一番の目的は、大塚国際美術館

1,000点以上の陶板による西洋名画が、古代から現代に至るまでの西洋美術の変遷と、また美術史的に理解できるように展示してあります。

なんといっても圧巻は、システィーナ礼拝堂天井画および壁画。

P1240019

あまりのスケールの大きさに、口あんぐり。

ルネサンス時代の画を説明してくれる係りの人が何人かいて、すかさず説明上手な若くてかっこいい男性の近くへ。素人がただ説明も無く大量の絵画を前にしても、眺めるだけで終わってしまいますが、画にまつわる話や、作者の人間味にも触れた話題で大変興味深かったです。

彫刻家であったミケランジェロが、この天井画を描くに当たった経緯が面白かった。作中は上を向いての作業で首を痛め、垂れてくる絵の具で目も傷めたなど、大変な苦労があったが、ローマ法王に認められた、などなど…

P1240021

レオナルド・ダヴィンチが二十歳のときに描いた”受胎告知”

この位置から見たときに一番綺麗に見えるように計算されて描かれたとか。この素晴らしい絵が二十歳の時ですよ。どれだけの天才だったかが分かろうというものですね。

そういえば幼稚園の聖劇で、娘が大天使ガブリエルの役をやったのでした。百合の花を持って、マリアに”受胎告知”をするのです。「マ~リア、マリア、お聞きなさい♪神様あなたと一緒にい~らっしゃる♪」 一緒に練習したので歌は今でも覚えてる…sweat01

”最後の晩餐”の修復前と修復後の違いなど。ダヴィンチ・コードさながらの解説が興味をそそられました。

P1240022 屋外には、モネの”大睡蓮”が。

創業者が創立記念事業として、故郷に建てた素晴らしい美術館。さすが大手は違いますね・・・(しみじみ…)時間的に全部は回れなかったけど、訪れる価値のある素晴らしい美術館でした。なんせ、ヨーロッパを一箇所で見れるんですからwink

泊まりは、南淡路のうずしお温泉の民宿。

ふぐを堪能してきましたhappy02

P1240024

P1240025

瀬戸内の天然もの。天然ものは規制が厳しく、皮や白子が出せないとのことでしたが、テッサもテッチリも十分堪能しましたhappy01

初めて食べた、本物のふぐ。もう、最高に美味しかった!!

民宿のおばちゃんのトークも面白く、噺家の桂なんとかさんが、テレビやラジオで「クニちゃ~ん(おばちゃんの名前)!聞いてる!?」とコマーシャルしたのを聞いたお客さんが、何組も来てくれたとか。

一昨年の夏に、友達と鱧を食べに行った民宿ですが、一年中淡路の海の幸を美味しく料理してくれる漁師さんの民宿。来年も、きっとふぐを堪能しに行こう!

P1250028

自分用のお土産。白魚の塩辛ってどんなんでしょう!?まだ開けてません。楽しみです。

オレンジスティックは、以前お土産で頂いて、お気に入りなのです。オレンジの砂糖煮に、ビターチョコがかかった大人のチョコ。これはコーヒーにとっても良く合います。

一泊二日の義父母との旅。諸々のお礼を兼ねた私からの企画でした。美術館にも、ふぐにも満足してくれて、私も良い思い出になりました。

模試と部活で、一人留守番の娘には、蛸の燻製(好物)と鳴門金時の干し芋、お饅頭をお土産に。

来年は連れて行きたいなぁ~~~confident

2009年1月21日 (水)

ジビエには、重めの赤でしょう♪

オメカシして出かけた先は、北野にあるフレンチレストラン グラシアニ

P1210018

手入れされた異人館と見紛うばかりの建物。エントランスから期待で胸が高鳴ります!

P1210020

テーブルセッティングも素晴らしい。。。lovely

格式も高く、安くないフレンチのお店なのに、ランチ時はセレブな奥様やオバアサマ方で、満席。。。さすが…(ため息~~~)

メインはマトウ鯛のグリル。その前に、ジビエのテリーヌが出てきました。本日のジビエは、フォアグラと鴨と鹿肉。黒トリフのスライスを纏って、着飾っています。

ワインが美味しいlovely

デザートの前に、口直しのシャーベット。それから皿盛のデセールとエスプレッソ、更にプティフールまで。

お洒落した甲斐がありました。

別世界のような空間に、素晴らしいサービスとお料理。気がつけば、夕方近くまでお喋りしながら食後の余韻を楽しんでいました。

お腹が満たされたのは勿論だけど、優雅な気分に浸って、心まで満足lovely

また、明日から頑張れます。

レストランから、10%のオフ券を貰いました。ま、サービス料が無料になる程度ですが、期限は来月いっぱい。

ワインをご馳走してくれる(めちゃ高い!)奇特な貴方、ご一緒しませんこと!?bleah

                                                     

パソコンは、リカバリーして復活しました!

何もかも吹っ飛んだので(ミクシィのログインも出来ないsweat01)これからまた自分流にカスタマイズしていきます。

皆様のブログ巡りも、もう少し。楽しみにしてます。

パソコンの無い生活なんて、一日も耐えられませんね。。。どれだけ依存してるんだか(^-^;

ちょとオメカシして

ちょとオメカシして
「まさかドレス着ていかないよね!?ジーンズじゃなきゃいっか!」

噂には聞いてたけど。
楽しみ〜♪

行ってきますhappy01

2009年1月20日 (火)

どうやら

パソコンがイカれたようです。
昨日から、いやちょっと前からネットが途切れたり、ダウンロードが物凄く遅かったり。
フリーズして固まること数回。
立ち上げては終了することさえ出来ず、強制終了を何度か。
やっと画面が開けたら、どこを開こうとしても応答せず。
あ〜〜

明日は休みだけど、1日用事があって電気屋行けないわ(--;)
土日も終日忙しいし(--;)

そうそう、明日職場にテレビの取材が来るらしい!
「デジタル放送じゃ、毛穴まで鮮明だってよ!しっかりメイクしなきゃね!」
休みで残念だわ〜(((^^;)

パソコンが触れなきゃ、ブログ巡りもできそうにないし。
パソコンをいじってた時間は、読書にいそしむことにしようっと。

暫く携帯からの投稿になります。

2009年1月18日 (日)

料理教室 2

今日は、”圧力鍋を使った料理講習会”でした。メニューは、

◇ロール白菜  ◇かき飯  ◇ほうれん草としめじの煮びたし  ◇白菜のお漬物

携帯で撮った写真をパソコンに送り、ブログにアップロードしようとすると「画像ファイルの種類はサポートされていません」と出て、写真を載せれません。。。何故!?携帯から直接ブログに投稿すれば写真はアップロードされるのに。。。

次回はデジカメ持って行くことにします。

ロール白菜は、白菜を茹でるのではなく、グリルで焼いてしんなりさせるのです。葉っぱに軽く焦げ目が付いて、甘くなりますね。素敵なアイディアでした!

かき飯は、分量の半分を炊き込み、半分をお出汁で軽く煮て、炊き上がったかき飯に汁をかける”お茶漬け風”でした。ワサビと海苔が良くあって、美味しいご飯delicious

フードプロセッサー、欲しくなりました。自分でミンチにすれば、変な肉臭さとか全然無いんです。ミンチ肉として売ってるのは、どの部位か、鮮度は良いのか、分からない状態のものが多いから。

こないだハンバーグにした種は、ミンチ半分、残り半分は薄切り肉を荒ミジンにしたのを混ぜたら美味しかったもんなぁ。

本日のチームは三人。

お料理が大好きで、お孫さんを含めた娘家族の晩ご飯を、毎日作るという元気なオバアチャン。一時間に一本のバスに乗って、講習一時間前には着いたそうです。若々しくってお元気なので、60代かと思いきや77歳とか!!歩くのが苦にならにというのが若々しさの秘訣でしょうか。美味しい晩ご飯を作るという意欲と、家族から頼りにされている自信が、張り合いのようです。私もこんなオバアチャンになりたい・・・confident

もうお一人は、物静かというか憮然としてるというかgawk すごくこだわりのある方のようで、愛想笑いの一つも無く、打ち解けないまま自分のやるべき事をやって?食べて帰っていきました。。。次は別の方とご一緒したいわcoldsweats01

土曜日に、芸能人のお勧めお取り寄せを紹介する番組がありました。中村屋の”海宝漬け”や、萬坊の”いかしゅうまい”など、一度は食べた事があるものが紹介されていて興味深かったです。

一番食べてみたかったのが、サムゲタン。

ご存知、韓国宮廷料理の中でも薬膳とされる高級スープ。お取り寄せには、4,5千円するようです。

それが、料理教室のホームであるお店に、レトルトパウチで販売されていました!1200円ほどで♪

お取り寄せの高級品とは違うだろうけど、早速購入してみました。

P1180015_3

ひな鳥の丸鳥のお腹に、もち米とナツメや栗、高麗人参などが入った、コラーゲンたっぷりのスープ。見た目はけっして良くありませんが、塩味と緑を足したら上品なお味です。

P1180016_2

高麗人参、ナツメ、栗の具は、じゃんけんで取り合いになりました。美容の為に、是非とも高麗人参(親指くらいの大きさ)をゲットしたかったのですが、ビリの私は、栗。予想通り高麗人参は、摂取不要と思われる娘のところへ…

煮込まれていて、具の味なんてどれも無いに等しかったのですが。

骨までサクサクと食べれるほどの柔らかさ。(私は一口かじってやめましたが)

娘がいたく気に入って、また食べたいとの事でした。

風邪予防にも良さそうです。ホロホロのお肉が美味しかったけど、高級店のお取り寄せのお味はどうなんだろう。。。気になるわ。

2009年1月17日 (土)

太陽のあたたかさって素晴らしい!

晴れても気温が低い日々が続いていましたが、今日は晴天で暖かい!

週末にこんな良い天気だと気分も爽快です。

久々に布団を干して、洗濯物を干して。ベランダは満艦飾よろしく、干し物がはためいています。

風邪予防に、洗濯物をずっと室内干しにしていました。それでも丸一日で乾くから、室内は乾燥しているのでしょう…エアコンのリモコンで湿度を測ってみると、低い日は45%。洗濯物を干して、やっと55%。しかしこの冬は、家族の誰もが風邪をひいてないので、少しは役に立っているのかも。

室内干しは生活感丸出しで、本当はすっごくイヤなんだけど、冬の風物詩?のひとつになってしまいましたgawk

陽射しがサンサンと降り注ぐと、昔人が太陽を崇め、神として崇拝した気持ちも非常に良く分かる気がします。

太陽神アポロン、天照大御神、そして古代の皇帝も太陽の象徴と崇められていたし。。。

坂東眞砂子のホラー小説が好きでよく読んでます。

最近読んだ「蛇鏡」では、日本古来の土着神信仰から、異国から伝わった太陽神への信仰の変換が、歴史をより複雑な形にしていったのではないかとの一説がありました。

土着神信仰の間、歴史は長く変わることがなく、穏やかな時間が流れていたことでしょう。縄文時代が一万年ほど続いたのに対し、外国からの文化が入り始めた弥生時代から現代までの歴史は、ほんの数千年。

このとき、信仰は外来からの影響色強い太陽神或いは天上の神へと変わったのだそうです。

もともと、万物に神が宿るとした日本古来の信仰は、大地に対する敬謙な想いが深かったようです。

大地の神の象徴が”蛇”。縄文土器の”縄文様”も、蛇を模ったものではないかという一説もあるらしい。

ヤマタノオロチ然り古事記では、蛇などに代表される土着の神が、邪教の扱いをされているのは、日本を中央政権に支配しようとした征服者側の都合の良いお話。。。ちょっと言いすぎかなsweat01

・・・主人公が家の蔵で見つけた古ぼけた鏡にまつわる伝承が、密かに、静かに、人々の運命を狂わせ、そして蛇神の蘇りへと導いていく。

民俗学的、神話的な背景の濃い坂東眞砂子のホラー小説は、湿った空気をまとい、背中にヒヤッとした気配を感じるような異空間にスリップできて、面白い!

ホラーの映像が苦手ですが、想像が幾重にも広がる小説は、ひたひたと恐怖が押し寄せても、残像が残らないのがいいのです。

「死国」 「狗神」 「山妣」 他に短編集も幾つか。

こんな晴天の穏やかな日こそ、ホラー小説を読むには打ってつけなんです。

さっ、家事をやっつけてバレーに行ってこよっと(* ̄ー ̄*)

2009年1月15日 (木)

オモイ・想い・重い?

様々な想いが心の中にさざめいていると、案外書きたいことって書けないもんです。

女同士のシガラミ、懲りない恋愛、そして職場のアホ女(爆)。

オネエサンと思われているから(いや、実際お姉さんなんだけど)、みんなの期待に応えたいし、答えを導いてあげるお手伝いをしてあげたい。

相談されるタネが尽きないのが、ちょっと重くなってきました。

人の話ばかり聞いて、自分はどうなん?

悩みのない顔して、カサブタ隠してる。

あぁ・・・。

来年度の新制度がらみで、年度末の超繁忙期が二週間も前倒しになりました。

体制は未だ完成ではなく、明日からの見切り発車。

コワイヨーshock

考えても始まらない。なるようにしかならないもんね。

2009年1月12日 (月)

キラリーン!

キラリーン!
娘と三宮デート。

財布の紐は固い決心で出掛けたのに、通学用のリュック(ピンク色♪)と色違いのお揃いスキニーを買わされました。
サイズは一緒!catface
これでデカジリ!フトモモ!と貶されても、天に唾吐くのと同じよsmile

私は半額アクセサリー。
オモチャっぽいけど、なかなかどうしてイイカンジ。

2009年1月11日 (日)

料理教室

滅多に見ない新聞の折込チラシ・・・沢山ありすぎて見る気にならないんです。

買いたい物がある時は意識して見るけど、スーパーの特売なんかは行った時にやってればラッキー!と思う、主婦経済に疎いワタシ・・・たんにメンドクサイだけcoldsweats01

そんな私がたまたま見たチラシで料理教室を見つけ、その講習内容に惹かれて申し込みました!

月に8回ほど。料理の他に、パンやお菓子の講習など。メインはお菓子のようですが、ガサツな私は、分量をキッチリ計るようなお菓子作りには向いてません。もともと甘いものが苦手だし、実際に役に立つお料理だけをチョイスして申し込みました。行きたい講習会だけ申し込めるので、とってもありがたいhappy01

本日は、韓国料理の講習会でした。

メニューは、

◇本格白菜キムチ ◇韓国餅トックのお雑煮 ◇生姜とシナモンの韓国茶

手作りキムチですよ~~!

玉ねぎや梨をフードプロセッサーにかけ、アミの塩辛も刻んで入れた本格派。今日作った分は、一週間以上寝かせないと美味しく食べられないので、試食では先生が一週間前に作ったキムチを頂きました。

手作りキムチ、めちゃ美味しい~~~lovely フルーティで、辛さの中にジンワリとした旨味。さすが世界一の漬物と言われるキムチ!

P1110011

これが、私のキムチ。美味しくな~れと祈りつつ、臭いが漏れないよう厳重に密封して冷蔵庫へ。

来週末が楽しみです♪

今日の先生はエスニック料理が専門だそうです。

本で勉強した料理は生徒に教えない主義とか。実際に訪れた国の料理を見て食べて、味わってから自分の料理にするとの事。このお正月は南インドで迎えたそうで、いずれ南インドのお料理も講習に入れたいそうです。

ハキハキとして、手際も良く(先生なんだから当然だけど)、私の好きなタイプの女性でした。この先生の講習はマークして通わなくちゃwink

初めて行った教室ですが、さっさと動かないと気がすまない私。一班5人のチームで仕上げていきます。率先して包丁を握り、キムチの素(ヤンニョム)を揉み込み、ぱっぱと盛り付けます。

皆さん、百戦錬磨の主婦ばかり(一人、頭にバンダナ巻いたオジサマも)。汚れ物が出ればシュッと洗い、足りない食器は探して確保、テキパキ動いて予定時間よりだいぶ早く試食も片付けも終了!

楽しかったわ~。知らない人ばかりというのが、かえって良いかも。

凄い気分転換になりました。

お菓子と料理の講習会はコチラ

こだわりの食材やプロ御用達の調味料など、眺めるだけでも楽しいショップです。

こんな近くに素敵なお店を発見できて、今年は幸先良いわぁshine

2009年1月10日 (土)

ブログ名変更しました!

心機一転。

新しいブログの開設や、ブログをそっくりそのまま他のブログへの引越しも検討してみましたが、引き続き”ぷりん・a・la・もーど”を引き継ぐ形で。

他ブログへの引越しの問題点は、過去に頂いたコメントが反映されない、カテゴリーも一旦クリアになる…等。アフェリエイト等も全く興味が無いので、やたらスポンサー広告が入るのも嫌だし。。。

長く続けていたココログは、やはり使い勝手が良い!

ということで中身は変わらず、過去記事のカテゴリーの整理などをしつつ、ブログ名とURLを変更しました。

検索にも引っかからないマイナーブログでスタートですsmile これで言いたいことも気兼ねなく書ける!?な~んてねbleah もちろんマナーは大事にし、品性を保ったブログにしていくつもりですよ。

ただし、一つ困った事が…同じブログのアドレスを変えたことで、今までアップした写真がブログ上でそのまま反映しないのですweep ワンクリックで直ぐに見ることは可能ですが、写真の部分がページに空白になるのが哀しい…。

ま、新しい記事で新しい写真を更新していくまでですがhappy01

もうちょっとしたら、皆さまに再開のお知らせをしようと思っていた矢先、

「携帯からは、前のまま見れるよ」 とのメールが!

本人が知らないでいたとは…モブログの登録携帯だから、自分だけが見れるのは当然と思っていたのは、勘違いだったのね。。。

お披露目する前に、知られるのってなんかハズカシイヾ(´ε`*)ゝ

                                                     

日々の雑記の羅列ではありますが、変わらずお付き合いくださいませ♪

2009年1月 3日 (土)

あけましておめでとうございます

今年の抱負をゆっくり考える間もなく、松の内も明けようとしています。

年末から遊びにきていた実家の両親と妹夫婦が、今日宮城へ帰り、夜からはいつもの変わらぬ日常へと戻りました。

楽しい時間は夢のようですね。

遠い宮城から遥々と、飛行機に乗って神戸に降り立った田舎の両親は、街並みに目を丸くしていました。。。ロープウェイにハーブ園、異人館。なんば花月と大阪のたこ焼き。初めての異文化の体験に、子供のように(特に父が)目を輝かせていました。

家のマンションから近所を眺めて  「こんな都会みたいな所にあんたが住むなんて…」と何故か涙ぐんでいた母。自分に置き換えての思いだったんでしょうか。

(お母さん、ホントは私も慣れるまで必死だったんだよ~)

神戸での生活ぶりを、実際に目の当たりにするまでは心配だったようです。こんなにトウの立ったようなオバサンでも、母にとっては娘なんですね。

私って幸せだなぁ。

しみじみ思いました。

2009年は、あっという間に始まっていましたが、きっと今年も沢山の出会いと感動があると信じています。

                                                      

”私は私、いつだって。変わらないから新しいいのさ、変わらないから愛される。”

お菓子のコマーシャルの歌詞だったしょうか。私は昔からこの詩が好きでした。

”私は私、いつだって。”

元旦の日に、”自分で在る意味”を考えさせられる文章を目にしました。

”私は私、いつだって。”

誰の生き方をも認めたいし、そして自分の生き方も認めて欲しい。だから、否定もしないし、されたくもない。感謝こそすれ、その気持ちを忘れた事などありません。

”私は私、いつだって。”

                                             

新しい年に、新しく気持ちをリセットするためにも、ぷりん・a・la・もーど は暫く充電し、新しく生まれ変わります!

再開の場所は、親しいブロガーさんに直接お知らせしたいと思います。

長い間、 ぷりん・a・la・もーど をご拝読頂きましてありがとうございました。また新たなステージでお会いしましょう♪

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »