« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月21日 (土)

春うらら

090321_002_2

うちのマンションの、早咲きの桜。

陽気に誘われてだいぶ花が開いています。

空は青空、飛行機雲。春だなぁ~~

他チームの練習試合の手伝いもして、今日のバレーは4時間の練習。

若くない身体は、もうヘロヘロ~~

ボールを追ったオープンライトとぶつかって、私の右足ふと腿に彼女の膝が入り、大きな青あざに。。。あいたたた…wobbly

明日は三連休の最後の日。雨の日曜日は、ゆっくり身体を休めよう。

2009年3月20日 (金)

季節到来ですが

090320_001_2

不漁で高値の”いかなご”

太い!でかい!・・・高い~~!!

山積みされているのに、釘煮にするには大きすぎるいかなごを、驚いて眺め通り過ぎる人ばかり。

1キロ、2580円。東北人の私には、ありがたみが薄い”いかなご”。。。

神戸の人にも知らん振りされて、どうしましょ。

                                                     

怒涛の三月年度末。

契約更新をしないと告げない限り、雇用先から切られる事がなかった(ぬるい)職場でも、厳しい風が吹き荒れています。

屋台骨となって若い派遣の子達をまとめ、仕事に精通し、仕事の流れの中でも大きな役割を担っていたリーダーさんたちが、三月末で切られます。

『仕事が出来すぎて、職員が仕事を覚えないから』

こんな理由で。。。

仕事が出来すぎて、目障りだったんでしょうか。派遣だから職員だからと分けずに、仕事に対する自分の意見をはっきり言える人たちでした。

仕事が出来る女性は、男性職員のプライドを著しく刺激したのでしょうか?いえいえ、あえて自分らの能力の程度を公にしただけです。今だって、派遣が職員以上に仕事をこなして知識もあるんですから・・・「3年いれば他部署に転勤。自分は余計な仕事覚える気ないから」と派遣の前で言い放つヤツも。

優秀で信頼の置ける人たちでした。確かに辛口な女性たちではありましたが、仕事に対する真摯な姿を知っているだけに、私も悔しくて仕方ありません。

その部署で残った派遣は、なんと職員のくじ引きで決まったそうです。若くて大人しくて、自分らの言うことを聞きそうな子達ばかり。能力は?気配りは?いったい何が基準で?

こんなしょうも無いことを暴露する派遣会社。。。

馬鹿にするなっちゅうの!

賢い人たちが誰もいなくなって(リーダーさんたちが職員引っ張っていたのに)、これからますます温くなりそう。私の部署にも直接関わってくることなのに。

一緒に”ズンバ”に通う友達は4月一杯で。

閉じ篭っていた殻からそっと抜け出し、自分らしさを取り戻した彼女とは、公私共に仲良くしていた矢先のことで、残念でなりません。

彼女もよく仕事の出来る人。なまくら頭の上司に噛み付いた(会議で発言した)ことがあるので、切られるのです。

『新システムの導入で、派遣には責任の重い仕事になるから』

彼女の仕事を職員がするそうです。職員が気がつかない嫌がる細かい仕事もしていたのに、全部引き継いでくれるのでしょうか。引き継いでくれないと、私たちも困るんですけど。

遣われる身の私たち。職員の個人的感情やプライドの在り方で、仕事の有無が決まってしまうのならやり切れません。

『職員味方に付けたから、何でも言うこと聞いてくれるし~』 醜い女の武器を使って取り入ったバカ女は、自らの愚かさで職場を去ることになりましたが、それは論外。

私?やれることは精一杯自分の仕事をこなすのみ。直接的ではなくても、目にするもの聞こえるものは吸収しておくとスムーズに仕事が流れていくので、仕事も人間関係も柔軟な姿勢を心がけています。

職員、嘱託さん、派遣、アルバイトさん。勿論、尊敬すべき方々は沢山います。

しかし、この年度末はあまりにヒドイ!

悔しいけど、新しい流れに身を任せる他無いことを、納得しなければいけません。

複雑な、春です。

2009年3月19日 (木)

今日のお弁当

090319_001_2

塩焼きそば、目玉焼き、ポークチャップ、青菜の煮浸し。

今日のお昼も、ワンセグを横目で眺めさせてもらいます。

頼むよ、イチロー!

2009年3月17日 (火)

ZUMBA(ズンバ)♪

ノリノリのラテン系の音楽で楽しんで痩せられる?ズンバを体験してきました。

エアロビやティラピスの要素が含まれているので、内臓脂肪の燃焼とインナーマッスルが鍛えられるそう。

始めにストレッチ用のマットを敷いて、仕事で疲れきった体をほぐします。カチカチの肩や腰が、ゆっくりとした呼吸とストレッチで伸ばされ開放されていきます。水音のヒーリングミュージックが耳に心地いい・・・

ほぐれたところで、いよいよズンバ♪

ラテン系のテンション上がる大音量で、先生に合わせてズンバ♪ズンバ♪

先生は、適度な筋肉がついた無駄のない引き締まった女性らしい身体で、ため息が出るほど美しい・・・汗をかいてるせいか、お肌も艶々・・・lovely

先生の動きだけ目で追ってると、自分も同じように踊れているような錯覚に陥りますが、目の前の鏡に映った自分は、先生とは似ても似つかぬ動きとスタイルbearing (盆踊りみたい~~)

それでも、笑顔で踊る先生に励まされて動きについていきます!

身体全体の関節を意識したダンスは、リンパの流れもよくなりホルモンバランスが整いやすいとか。

代謝もよくなり、先生のように内側から綺麗になっていきそう(な気がする!)…up

『ぬるかったらどうしようgawk』 なんて、偉そうなこと言って体験しましたが、かなり汗だく。仕事帰りのストレス発散にかなりいい感じup

体験が終わって、すぐに4月からの受講申し込みを一緒に行った友達としてきました。

第一・第三火曜日はズンバの日。

いやぁ、月に二回じゃなくて週一でも通いたい!

ズンバの帰りに、坦々麺を食べてきました。

090317_001_2

汗をかいた後のビールと餃子と坦々麺は最高note

ひき肉じゃなくて、豚角煮が美味しいnote

消費したカロリーも、お釣りがくるほどプラスになりましたが、ズンバの後の食事も、お楽しみのセットです。

カルチャーセンターの講座は、どれも楽しそうで体験したいものばかり。

財布の中身と晩御飯の用意さえ心配なければ、もっと新しいことを試したいけど。

(塾の課目も増やさなきゃいけないしなぁ…despair やっぱ、そっちが優先よね~)

春から新しいお楽しみが増えましたhappy01

2009年3月15日 (日)

これは何でしょう?

P3150041

若布の根っこに近い部分、メカブ。

春になると生若布が並ぶこの時期に、一緒に鮮魚コーナーに並びます。

三陸でも豊富に採れるので、メカブは私の懐かしい春の味です。

熱湯に潜らすと、一瞬で目にも鮮やかなくすみの無いグリーーン!!

P3150043

刻んで鰹節を掛けて、ポン酢でさっぱり。長芋千切りと和えても美味しい。ぬるぬる系は胃腸に優しいとは知ってましたが、メカブに含まれるフコイダンという成分は、ピロリ菌が胃壁にくっつくのをブロックする働きがあるのだそうです。すごいぞ、メカブ!見た目は地味なのに、良い仕事してくれていたのね。

P3150044

今夜の晩御飯。

グリーンカレーはあまりにも辛味がきつくて(私はその位が良かったのに)、娘からは大ブーイング。でも、ココナッツミルクのコクと旨味が恋しくなって、今夜は一番辛味が優しいイエローカレーにしました。

牡蠣のカリッと焼きと、セロリのきんぴら、そしてメカブ。色味がちょっと寂しい…

金曜日に公立高校入試があり、在校生は火曜日まで休みです。部活も休みなので、毎日エンジョイしまくり!カラオケにバンド練習(文化祭でデビューするんだそう)、部活仲間とショッピング&ランチ、明日もバンド練習だそうな。

今夜もパーカッションの先輩たちと晩御飯食べてくるとのメールが。。。寂しいweep

喧々囂々、あ~だこ~だと一人いるだけで賑やかな夕餉の食卓も、大人だけだとひっそりもくもく…近い将来に迫り来る、老後の食卓ってこんな感じ!?

落ち着いていてそれはそれで良いんだけど。

それでも思ったより早く帰ってくれば嬉しくて、いつもは一緒にお風呂入ろうと言われても鬱陶しいのに、いそいそとお風呂の準備をしている私…coldsweats01

日中はABBAの曲を弾いてくれて(弾いてよ~!楽譜買ったんだからお願い~!と頼み込んで)私もご機嫌happy02 なんだぁ、興味なさそうな顔してこっそり弾いてたんじゃない!

花粉症の薬も飲んだし、今夜も気分良く眠れそう。良い日曜日でしたheart01

明日も頑張ろう!

2009年3月14日 (土)

本日のイケメン!

本日のイケメン!
おちょぼ口のマルハゲ君。
薄造りはテッサのよう?

お魚万歳!

2009年3月10日 (火)

初恋の人からの手紙

ちぇりぃ、ひさしぶり。
もう肉じゃがぐらいは作れるようになりましたか?「肉じゃが作れば女らしいんでしょ」と一人でキレていたちぇりぃがなつかしいです。

ちぇりぃがおれに「別れないから大丈夫だよ」なんて言いながら徐々に連絡がとれなくなったあのころから、もう30年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。

あ、そうそう、手紙を書いたのは何か理由があるわけではないんだ。ただなんとなく学校の前を通ったらなつかしくなって、思いつくままに書いてみようと思い立っただけ。驚いたかな。

思い返してみると、あのころちぇりぃはとても余裕があって、大人びていたなぁと思います。男子と幅広く仲が良かったちぇりぃに、おれは「男好きだな」などと皮肉を言ったけれど、ちぇりぃは平気で「そういう女が嫌いなら付き合わなくてもいいんだよ」と返していましたね。そういうちぇりぃの余裕が、やけに鼻についた思い出があります。

そういえばちぇりぃにとって初恋の相手がおれだったのかな?最初のころのちぇりぃは、なんだかプライドだけは高いわりに、緊張気味だったような気がします。そろそろ男慣れしたころでしょうか?

付き合い始めのラブラブのころは、ちぇりぃが「時間が止まればいいな」って言ってくれたのを覚えています。あのちぇりぃの幸せそうな顔は今でも忘れません。思えば最初はかわいかったなぁ。

全体的に言えば、おれはちぇりぃと付き合えてよかったと思っています。だいぶ自由人なちぇりぃに疲れたところはあったけど、おかげでかなり精神力が鍛えられました。

いろいろ書いたけど、おれはちぇりぃが大好きでした。これからもちぇりぃらしさを大切に、そろそろサインペンでアイライン描くのはやめて(笑)、新しい誰かと幸せになってください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. あのころのちぇりぃは、なぜかお婆ちゃんのニオイがしました。
                                                      
お婆ちゃんのニオイって…down
初恋の人からの手紙はココ
                                                     
そして、厳しい分析結果は…
                                                       
ちぇりぃさんについての分析結果は以下の通り。

【短評】
しっかり者で、男性を守る側になることも。相手の気持ちに配慮もできて精神的にタフ。弱味を見せないところがある。
【あなたの恋愛事情を考察】
ちぇりぃさんは、よく「付き合った男性がみんな弱っていく」などと感じませんか?または、長く付き合ううちに「私はあなたの母親じゃない」と言いたくなることはありませんか?逆に、ちぇりぃさん自身が甘える場面というのは少ないのではないでしょうか。

基本的にはちぇりぃさんは、わりと恋愛では「強い」ほうだと思います。周りの人からは、悩み事がないかのように思われる可能性もあります。確かに精神的には比較的タフだとは思われますが、一方で、そういう役割にばかり追われると、もっと子供のように甘えたい気持ちが内側に蓄積するものです。

素直さや隙がないために、相手がちぇりぃさんをどう愛していいのか、どこをとっかかりとして幸せにしていいのか、よく分からないことでしょう。そして相手男性が弱くなっていくか、逆に針が振れて、自分に振り向かないほどの男性(彼女持ちとか)をいつのまにか選んでしまう可能性もあります。

ここから言える、ちぇりぃさんにありそうな問題点を列挙します。

◆自由人でしっかり者だが、男性からしてみると近寄りがたい。
◆なぜか少し弱々しい男性に好かれる。そしてドキドキできない。
◆素直に甘えられる(ドキドキできる)男性を求めると、しんどい恋愛に変わる。
【もっと上手な恋愛のために】
そういうタイプになったのはなぜなのか、もっとモテるためにはどうすればいいのか、もっと恋愛上手になるためにはどうすればいいのか、どう考えればいいのか。恋愛の疑問は尽きないと思います。

恋愛を深くまで知るのと知らないのでは、その後の人生の豊かさに大きな差があると思っています。なんとなく恋愛をしているだけでは、同じことを繰り返すなど、成長速度に限界があります。そして、恋愛できる時間は、実質的に限られています。経験を積み重ねているだけではあっというまに時間は過ぎるのです。

我々はいつも恋愛を研究しています。
もしよければ、一緒に恋愛を学習しませんか?
スタートが早ければ早いほど、きっとあなたの恋愛人生に大きな影響を与え、役立つと思いますから。
                                                     
耳が痛いけど、よ~く当たってます。。。
可愛い女になれないまま、お婆ちゃんのニオイになっていくのかしら・・・gawk

マスカルポーネに、やられた…

日曜日は日欧貿易(株)協賛のイタリア料理講習会でした。

メニューは、◇ サフラン風味のペンネ ◇ スピエディーニ(イタリア風串揚げ) ◇ マスカルポーネクリーム

090308_002_2

講師は、イタリアの大学で日本語を専攻し、大阪でイタリア語講師として活躍中のマウロさん。イタリア語とイタリア家庭料理などの文化普及に努めてるそうです。プロの料理研究家や料理人ではありません。

なので、凝った料理ではなく、いたってシンプル!

マウロ氏曰く、「イタリア語だからお洒落に聞こえるだけで、ただの串カツね~」

パン粉にローズマリーとタイムを少し混ぜたところがイタリアンなんだそう。

作って食べて一時間で終わっちゃいましたcoldsweats01

イタリア男のマウロ氏、お話好きで笑わせるのがとっても上手。奥様たちから、どんどん質問をもらいたがります。

「日本で食べるイタリアンは、イタリア人には美味しいんですか?」

おぉ~~、非常に的を得た質問がっ!

『そぉね~、ボクには濃いかな?塩気が強い?日本のイタリアンはガーリックも強すぎ?』

本場のイタリアンは、もっと味がシンプルで塩加減が優しいのだそうです。今日の串カツも、揚げる前に振りかけた塩コショウのみ。イタリアじゃ、揚げた後に塩コショウなんだって。私はとんかつソースかポン酢が欲しかったわ。

日本食も塩分が濃く感じられるので、ここ2年は外食してなく専ら自炊のみとか。たまに料理番組観て和食を作ると、醤油使いすぎ!と感じるそうです。

そんな薄味なイタリア人みんなが好むのが、お砂糖たっぷりのスゥイーツ!!

今日のデザートは、マスカルポーネ200グラムに砂糖が70グラム。本当は砂糖を100グラムにしたかったところを、日本人向けの量にしたそうな。。。それでも、激甘。。。作ったクリームの半量を湯煎したチョコと混ぜて、二色のクリームを作り、エスプレッソに浸したビスケットと共に盛り付け。

チョコ味のマスカルポーネクリームを口に入れた瞬間、背中から後頭部に掛けて震えがきました。。。ぐぅあぁまぁぁぁ~~!

私には強烈な甘さ。残すわけにもいかず、目を白黒させて飲み込みましたbearing

090308_004_2

今回のお土産はこちら。大きなビンはバルサミコ酢かと思いきや、イタリア産赤ワインwine

「私も今日使ったバルサミコかと思ったわぁ~~。この大きさだと使い切るのに何ヶ月かかることやら。ワインなら今夜一晩でなくなるわ!」

全く同感♪

年に6回の協賛講習会も、諸般の事情により年4回になるそうです。ここにも不景気の嵐が・・・

無理して食べたマスカルポーネクリームが、夜まで胸につかえ、胃もたれを起こし、夜中腹痛と吐き気に襲われました。

そういえば、ティラミスを食べたときも胸焼けで苦しんだっけ。どうやら、私とマスカルポーネチーズは相性が悪いみたいbearing

翌日朝も、吐き気は治まらず、昼から出勤したのでした。何を食べてもお腹壊したこと無いのに。無敵?な私にも、天敵出現。。。

                                                      

忙しい年度末は、一口チョコの差し入れを各々持ち寄りで仲間に配っています。

美味しかったりセンスがいいと、褒められて良い気分なのが女子です。

明日の差し入れはコレ。

090310_001_2

川島なおみの婚約者、パティシエ鎧塚さん監修のチョコレート。

厳しい舌の女子たちに受けてくれるでしょうか!?

2009年3月 7日 (土)

今週も盛りだくさんでした

2日はサイトウサンの命日でした。

パソコン脇のマイスペースに、彼女との最後のツーショット写真を飾り、折りに触れては写真に語ったり見つめたりしていました。当日朝は、行ってきますと挨拶をして出勤。彼女の好きなカサブランカを盛り合わせたアレンジメントフラワーを、実家に送りました。

あれから一年。

写真の笑顔は、屈託の無い透明感に溢れています。

彼女が留守なのは、未だに遠出の旅行にでも出かけているような感じです。

天国で仲の良い友達でも出来た頃でしょうか。。。

3日はバレーの大会。

協会の不手際で(?)、会場を取り損ね(何ヶ月も前から分かっていたことなのに!)、急遽決まった会場は、昼からの試合。ママさんバレーで午後からの試合なんて未だかつてありません。

滅多に無い時間だし、午前中から集まって試合前までホールで持ち寄りでお茶でもしておこう、ということになりました。試合は12時半から(第一試合)、私たちチームの集合は10時。

各自、コーヒーやお菓子など持ち寄って、体育館の無料休憩所で楽しく話し始めたところ、協会役員の大御所さんたちが到着。なんで、あなたたちこんなに早くから集まってんの!?コート設営の担当でもないのに、目障りよ!というオーラをひしひしと感じました。

「午後から体育館が使える人は、11:45まで体育館にいては困ります。ちょろちょろされたら迷惑だから」

ちょろちょろ、って。中学生や高校生じゃないんだから。ここは公共の施設であって、トレーニングジムを利用する一般客も自由に出入りしている場所なのに!?

「あと一時間半、外で待機するか車内で時間潰して。あ、少し歩けばお茶する場所もあるわよ」

その日は3月にしては非常に寒く、雪も舞っていました。車を会場体育館の駐車場に置いてお茶しにいくにはしばし歩かなくてはいけないし、結局車中で固まって時間をやり過ごすことにしました。

次々に入ってくる他所のチームのママさんたちも、車中で待機。

勿論、11:45まで体育館に入るな。なんて通達はありませんでした。元はと言えば、協会の不手際で急遽この会場をあてがわれたというのに。

役員より早く会場入りした私たちにカチンときたのでしょうか。役員の内緒話を聞かれたら困るとでも?高校の部活の上下関係の理不尽さを、大人になってからも味わうなんて。

むかっ腹は立ちますが、ここは大人しく役員の機嫌を損ねないのが賢明。それでなくても、練習量は少ないのにそこそこ実績があって、チーム内が仲良いのが珍しくて目立つようです。

どこのチームでもイザコザや問題は積載大でそれが当たり前。”人の不幸は蜜の味”じゃないけど、チーム全員で、温泉旅行積み立てしてるような仲の良いチームは、逆に目に留まるようです。

試合は負けたし、後味は悪いしで、帰りにみんなでお茶して鬱憤晴らさなかったら、最悪な一日になるところでした。

職場でも、呆れたバカ母が。。。

生活の立て直しが難しく、無知で(夫の仕事も知らないって、どういうこと!?)家計の遣り繰りも不能な若いママ。窓口に今後の相談に来ましたが、埒が明きません。

三歳くらいの言うことを聞かない(当然だけど)じっとしてない男の子に、一円玉と十円玉硬貨を玩具に預けて、おはじきさをせていました。実は、こういうお母さん結構いるんです。。。だったら、絵本でも家にある玩具でも持参して来ればいいのに。じっとしていないからってお金を玩具にさせる気が知れません!!

男の子がママから離れた場所で遊び始めたスキに叱りました。

「お金はダイジダイジだから、遊んだらダメ!ママのとこに返しなさい!」

勿論優しくなんて言いません。歯を食いしばってドスの効いた声だったでしょう。男の子はママの後ろにしがみ付いて私を怖そうに見つめていましたが。。。男の子に罪はありません。お金に対する躾の問題。若いママだろうが、人の親になったのであれば、やって良い事悪い事を、その場しのぎの態度であやふやにしたら、子供が可哀想。

ママが子供以下でしたけど。

お金を粗末にするから、お金の恩恵に与れないのよ。

大人は自分に構ってくれて当然、何をしても笑って許してくれる。そういう視線で大人を押しのけて窓口に座る子供(親に連れられて来る)は嫌い。

子供と見れば、ヘラヘラと愛想を振りまいて自分から寄っていってちょっかいを出す大人の気も知れません(仕事中でしょ!)。

大人と子供の領分を、きっちりと分けている人が連れてくる子供の態度は、見ていて非常に明らかです。

子供が子供を育てている、そんな人があまりにも多すぎ。。。若いママに限ったことではなく、ご年配の方でも同じこと。。。息子が働かずに年金を当てに毎日パチンコ三昧。。。んなこと相談されてもねぇ~~。貴女の育て方がそうさせたんじゃないの…?家庭の事情まではご相談には与れませんわ~~。もう、毎日そんなんばっかりdown

でもね、エネルギーも充電しました。

コラーゲンがビタミンCと一緒に摂取されると美容に効果的なように、美味しい食事を心落ち着く人と食し、有意義な時間を過ごせたら、体の栄養だけでなく心の栄養にもなります。

サムギョプサル。美味しかったなぁ~~delicious

妹の誕生日プレゼントに、春物のシルバーグレイの膝上パンツを購入。試着室で私が穿いたのを写メで送って全体像を見てもらったら、『お姉ちゃん・・・やばいよ、その足・・・』

いいのよ!私が穿くんじゃないから!

栄養は、体にだけ回っているようです。

2009年3月 1日 (日)

私にも春の知らせが

無理をしなければ、日常の家事は大丈夫です。真っ直ぐ上に腕を伸ばすのと、重いものを持ち上げるのが辛いけど。。。

今日は予定通り、タイ料理教室へ行ってきました。

本日のメニューは ◇ 鶏とナスのグリーンカレー ◇ トート マンプラー(タイ風さつま揚げ) ◇ バナナのココナツミルク煮

090301_004_2

タイカレーは、無印良品のレトルトを時々利用してました。でも、グリーンカレーペーストを油で炒めて香りを出し、濃厚なココナツミルクの風味の良さは、やっぱり手作りだからこそ!

ココナツの白い果肉の部分を削いで、水に浸して揉みこんだのが一番絞り。その後にもう一度水に浸して揉みこんだのが二番絞り。具材を煮込むのは二番絞りで、仕上げの香り付けには一番絞りを使うんだそうです。

缶詰のココナツが勿論手軽ですが、缶の蓋や底に沈んだココナツの粘々した部分こそが風味の元。捨てずに仕上げに使うとコクが増します。

柔らかくなったナスが美味しかった~~!私の隣に座った奥さんは、『美味しい』と10回ぐらいは呟いていたでしょうか…。

温かいバナナのデザートは、ちょっと…downと思ってましたが、軽く温めた程度のバナナに温かいココナツミルクは絶妙に美味しかった!辛いグリーンカレーで痺れた舌も、ココナツの甘さで瞬時に癒されます。よく出来た組み合わせなんですね。

これにタピオカや白玉を入れても美味しそうです。

今回の料理教室が一番お腹が一杯になって(爆)一番美味しかったです。

またまた嬉しいお土産つき。

090301_005_2

スウィートチリソースとココナツミルク缶。

スウィートチリソースは丁度無くなったばかりなのでウレシイ!春雨と胡瓜と海老のサラダに、チリソースとポン酢を合わせてドレッシングにすると美味しいんです。から揚げに付けてもいいしね。ココナツミルクで近々グリーンカレーを家でも再現してみようと思います♪

カレーに添えたご飯の盛り付けが上手な若奥さん?わざわざコーヒーカップにご飯を入れて、小ぶりなドーム型にしてくれました。他所の班は普通にしゃもじでお皿に盛り付け。

「盛り付け上手ね~。カフェとかでバイトしたことあるの?」

『きほん、料理スキなんで』

あら。盛り付けは上手なのに、切り口上。。。coldsweats01 今時のお嬢さんのようでした。

タイ料理は甘くて辛い。油も使うし、ココナツミルクもカロリー高そう。暑い国のお料理は刺激的で汗もかくから代謝にも良いいし、病み付きになりそうです。

090301_006_2

これは、私が今はまってるトマト。塩トマトです。

ご覧の通り、手のひらに三つ乗るほど小ぶりなトマト。これが味が濃くって身が締まっていてとっても美味しいんです!!一口齧ると最初に塩分が感じられて、それからトマトの濃い甘みが広がります。

ドレッシングもお砂糖も(宮城じゃトマトには砂糖です)!要りません。

ちょっと値段は張るけど、これは見つけたらぜひお試しあれ♪

                                               

昨年の春、鼻の周りがムズムズして変な痒みが続いてました。ここ数日、風邪のようで風邪じゃない症状。朝起きると、クシャミが10連発!鼻が詰まってるのにだらだら流れて、鼻もその周辺もいつもむず痒い!!

どうやら私も世間の流行に乗ってしまったようです。

アレルギーとは無縁だと思っていたのに。。。ショック!

これから鼻のムズムズで春を知ることになるのかな。

林檎のホットケーキ

090301_002_2

暖かくなってボケた林檎は、刻んでホットケーキに混ぜ込みましょう。
サクサクしっとり。

メープルシロップをたっぷり掛けて頂きます!
たっぷりというより、じゃぶじゃぶヒタヒタ…?

日曜日ののんびり朝ごはん。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »