« 晩ごはん | トップページ | シルエットロマンス »

2009年4月25日 (土)

安倍晴明ツアー

爽やかな初夏の京都へ、陰陽師で名高い安倍晴明を辿る小旅行をしてきました。

安倍晴明プロフィールはこちら

幼少の頃から数々の神秘体験と、政治をも巻き込んだ呪術師としての安倍晴明。映画”陰陽師”や小説・コミック等でもブームになり、私も結構興味がありました。

P4240003 P4240004                                                                                                                                          このしっとりとし佇まい…。お堀沿いの葉桜の並木に、割烹の板壁。打ち水(ホースでだけど)に濡れた歩道。うなぎの寝床の奥まった玄関のあるお宅。

河原町から裏道を辿って第一目的の市比賣(いちひめ)神社へ。ここは、晴明とは縁が無い神社ですが、女人守護と縁結びの神様なので外せません。

P4240006_2

P4240007_2 手描きの目鼻が可愛い姫みくじを買いました。お尻に入っているみくじを引き抜くと…なんと大吉!!

生まれて初めて大吉が出ました!!

びっくりですsign03

姫みくじの背中に願を書いて奉納する人はここに。私は娘へのお土産として持ち帰りました。枕元に置いて守ってもらいますよ、姫みくじさんhappy01

この神社の上はマンションになっています。さぞかしご利益があることでしょう。畏れ多くて悪いことする気にもならないでしょうね、きっと。

女人守護と縁結びの神様の次は、縁切りに縁のある鉄輪(かなわ)の井戸へ。

路地の奥にある命婦(みょうぶ)稲荷社。今は縁結びの神様を祀っているが、一角にある井戸にはかつて嫉妬深い女が丑の刻参りをしたが成就せず、身を投げた伝説がある。たたりを鎮めるため、井戸に鉄輪をはめて封じたそうだが、この井戸水を別れたい人に飲ませると縁が切れるという。

P4240008 鉄輪、いわゆる五徳みたいなものです。鍋釜を掛ける五徳を逆さにして頭にのせて蝋燭を灯す。。。

丑の刻参りのそれは、”ハつ墓村”にも象徴される呪いの儀式ですね・・・恐ろしい!!

晴明が、呪いを掛けられた男に死期を教え、鬼と化した元女房を封じたという伝説があるそうです。

今は地下鉄工事の影響で井戸は枯れましたが、ペットボトルに水を入れてきて、鉄輪の井戸に供えて祈り、持ち帰る人もいるとか。

私たち(三人)も、それぞれの思いがある?ようで、神妙に手を合わせてきました。。。think

見過ごしてしまいそうな路地の奥にポツンとあります。

井戸の周りには普通の民家が隣接しているので、そこだけ時間が止まったような異空間でした。

歩き回ってだいぶお腹が空き、混む時間を避けてお昼前から豪華なイタリアンランチrestaurant

せっかく京都まで来たのだから、贅沢なランチがしたい!と行ったレストランはサンタ・マリア・ノヴェッラ・ティサネリーア

てくてく歩いて偶然見つけた素敵なレストラン。大丸の筋から入ってすぐの、町家を改装した京都らしい雰囲気のイタリアンでした。井戸もそのまま残し店内のオブジェのようになっていました。イタリアの古い薬局が元祖なそうな。イタリア風薬膳?

P4240012_2

上賀茂産の春キャベツと自家製のソーセージ?みたいなひき肉のパスタ。溶けた熱々のチーズを掛けてもらいます。メインのジャガイモと魚のフリットとも、薄味で食べやすく上品なお味。。。勿論、グラスワインは欠かせません。

P4240015

お砂糖がオブジェのように綺麗shine

平日にランチワインして京都散策・・・私以外の二人はフル出勤なので、わざわざ休みを取らないと平日休みはないのです。

「皆が仕事してるっていうのに、昼から贅沢してワイン~wine」と幸福感にも酔いしれていました。

お腹と心も満ち足りたところで、バスに乗って大本命の晴明神社へbus

P4240025

修学旅行生も来ています。

P4240017

今年の吉方から流れる晴明井。

五芒星は、天地五行(木・火・土・金・水)を象徴した宇宙万物の除災清浄を表します。厄除・開運を願い、身に付ける風習が各地にあります。私も五芒星の付いた厄除けブレスを買ってきました。

P4240018

感受性の強い友達は、触ったら温かさを感じたそう。私も「失礼します」と声を掛け、手を当ててぎゅっと抱きしめました。。。う~~ん。胸板が厚くて頼りがいのあるオ・カ・タheart04 安定感と安心感のあるような、守られてる気持ち。まさに御神木ですね。

お土産の売り子のオバサマが素敵な方で、ブレスを手に包んで念を込めてから包装してくれるのです。なんかその心遣いが嬉しいと思いませんか?

晴明神社を後にして、晴明の住居跡にあるブライトンホテルでお茶して帰ってきました。

スタートから天気に恵まれ、迷うことなく目的地に行け、素敵なレストランを見つけ、お土産物屋のオバサマもいい方だったし。

全て導かれての晴明ツアーだったように感じました。

職場の人間関係にほとほと疲れ、ストレスが溜まりに溜まっていたところへツアーのお誘いhappy01 

スピリチュアルな場所に身を置くと、やはり心が清められるのですね。歩きつかれたはずなのに、背中が軽くなったような清清しい気持ち。。。

訪れる場所が無限にある京都ですが、こうやってテーマを決めて散策すると、一日無駄なく歩けます。

何度行ってもまた行きたくなる京都。今度はどんなテーマで行こうかなconfident

« 晩ごはん | トップページ | シルエットロマンス »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 晩ごはん | トップページ | シルエットロマンス »