« 4月1日 | トップページ | 桜の歩道 »

2009年4月 5日 (日)

春色天丼

春色天丼
暗雲立ち去り、今日の日和は春爛漫、かな。

天丼の一人ランチまでに、激動の展開が。

娘の脱毛とランチ(お寿司の予定だったのに…)の予定が、ワガママな態度と口の悪さに雑踏の中で切れてしまい、一人で帰るよう言い残して放置。
センタープラザに置いてきました。

友達と何度か遊びに来てるし、一人で帰れるだろう、と。

自分で捨て置いてきたはずなのに、腹は立ってもやはり心配…
電話したらまたまた悪態つきやがってannoy
切って暫くしてから、も一回電話。
今から地下鉄乗るって。

あ〜そうですか!

私と一緒に出掛けた為、鍵は持ってきてない娘。
無人の家の前で、家族が帰ってくるまで待ってるのかどうか…
おそらく、友達にメールしまくって、避難先を探してることでしょう。

一人で生きてるような生意気な口振り。
いちいち腹がたつのに疲れるけど、鬱陶しいと思われても、それが私の役割だからなぁ。

まぁ16歳の口から、素直な言葉を期待するだけ虚しいけど。
心の中ではきっと思ってるはず…たぶん…もしかして。
後で気が付くことの方が大事だしね。

娘のことはいいの、親子だから。叱っても叱られても喧嘩しても、毎日会うし家族だし。
感情の行き違いがあっても、修復するのに時間はかかりません。日々の生活時間が日常を取り戻してくれる。

親子でなければ、そうはいかないですもんね。

他人には、少なからずの努力は必要…どんなに仲が良くて信頼関係にあっても、それが永遠に続くとは限らないのだから。

天丼に一人ランチを決めるまでに、長いこと冬色だった心の雪解け。

だから、春色天丼。

美味しく完食、ご馳走さまでした。

« 4月1日 | トップページ | 桜の歩道 »

想い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4月1日 | トップページ | 桜の歩道 »