« めったに無いけど | トップページ | ぷりんどら »

2009年7月 5日 (日)

気持ちの納めかた。

今日は今月一日に入院した、義母のお見舞いに行ってきました。

時間があっても、自分の親兄弟のことであっても、全てのことを嫁に任せっぱなしの超B型人間への、静かなる確執とういか理解し難さ等は、親の入院などで露呈しますが、そんな辛気臭いことはブログで書きたくないので(もう書いてるジャン・汗)、諸々はスルーです。

ただし、また”貸し”の引き出しが増えたってことで。

はち切れんばかりにいっぱいになった頃、パンドラの箱ならぬ引き出しが、開放される日が来ることでしょう。。。過去に一度だけありましたが。

静かに満ちていくパンドラの引き出し。。。

『怒りが頂点に達したときは、10数えろ。それでも納まらないときは100数えろ。それでも無理なら、一晩寝てみろ』

案外冷静になれるもんです。私はいつもそうやって感情のコントロールをしてきました。

当然娘は血を分けた間柄なので、感情のままに想いをぶつけることもありますが。そこは母子との特別な間柄だから。

他人とは、そうはいきません。

どちらのご亭主様方も、引き出しを開く最大のきっかけを作りませぬよう、努々お気をつけあそばせ・・・shock

                                                     

手術が終わって4日目の義母は血色も戻り、普通食も食べていました。まだ導尿管が外せないし、移動は車椅子なので殆どベッドからは起き上がれませんが。

専用の冷蔵庫もないし、元々間食をしない人なので、退屈しのぎに家にある本を数冊持っていったら喜ばれました。読書家なので、持参した本の中には既に読んだ物もありました。

地下の売店で買ってきたヨーグルトを一緒に食べながら、一時間半ほどおしゃべりして。

ベッドに座ってる義母は、小さくて細くて本当に頼りなさげ。。。ベッド脇の布団ずれ落ち防護柵に、薬やテレビのリモコンなど、直ぐに手が届くようにビニール袋に入れてガムテープで固定しているのが切なくて。

年寄りの入院は胸が痛い。

一層歳を取ったように思えてなりません。

でも気丈な義母は、「忙しいとこ来てくれてありがとね。」と私を労う言葉ばかり。

お見舞いに毎日日参することは出来ないけど、それでも私が何度も足を運ぶより、たった一回でも息子に来てもらったら飛び上がるほど嬉しいんだろな~。(あ、また書いちゃった)

夕方遅くに来る予定だった義父は、私と時間を合わせたかったようでしたが、それまではさすがに待てなくて一足先にお暇しました。

三宮で、遅めの一人ランチをミント神戸8階の”うおまん”で。

090705_001_2

北海親子散し丼と冷やし三陸若布うどんのセット。1380円なり。もう千円アップの雲丹とボタン海老の乗ったのもありましたが、一人のランチならやっぱりこれでも十分。

お味は・・・頭も胸もいっぱいでなんか分からなかったかなcoldsweats01

お腹が膨れて、気持ちも満たされました。なんて単純な私!

                                                    

夕方、職場のUさんことfukuちゃんが、自家製のジャガイモとトウモロコシを届けてくださいました。ありがとうございま~すhappy01

090705_002_2

皮付きのままシンプルに茹で、娘はアジシオ振って、私は先日のバジルソースをつけて食べました。ホクホクとして瑞々しくて美味しかった~!

ジャガイモもバジルソースで十分ビールが飲めます!北海道の人は、塩辛や酒盗をジャガイモに付けて食べるっていうけど、バジルソースのアンチョビの風味はまさしくそんな感じ。

娘も真似して食べてました。

トウモロコシも甘くて美味しかった!

大地の恵みでお腹も心も満足です!

そして今晩一晩寝れば、いつもの私にリセット~~wink

« めったに無いけど | トップページ | ぷりんどら »

想い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« めったに無いけど | トップページ | ぷりんどら »