« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

複雑な春です

3月いっぱいで今の職場は解散します。
市の外郭団体の業務が、民間に委託されることになったのです。

まぁ職員は行き先があるとして、嘱託や派遣は4月以降はお払い箱。
春からの身の振り方を考えなくてはなりません。

幸い、窓口業務は一年のみ延長が決まりました。
仕事内容が煩雑で、4月からの民間で一斉スタートは状況が厳しいらしいから。

三社入っていた派遣会社も4月からは一社になり、窓口業務の派遣は8人から5人に。3人が切られることになりました。

私はA社。A社の営業は必死でした。普段はお人形さんみたいな艶然とした表情も、競合に勝たなければ!というシビアな厳しい顔。『絶対取ります!』
いや、取って貰えないとこっちが困るから〜〜

自信満々の営業でしたが、入札で残ったのはM社でした。ガーーン( ̄▽ ̄;)

あ〜、4月からどうしよう…と思いきや、上司から個別に話があり、M社からの派遣として残って欲しいとのこと。

実質的に切られたのは、派遣会社関係なく3人。入札で残ったはずのM社の子も切られました。

一人は秋に入った新人さん。そして私より一回り若く仕事上では先輩のベテラン、もう一人は20代の同期の子。

職員で、残す人選をした結果らしい…

業務知識や年齢の若さが人選に反映されなかったのは、幸いでした。

社会的弱者の方々を相手にする仕事は、人生経験が豊かな(まぁ歳いってるってこと?)人材がベストマッチなのでしょう。
人あしらいは上手な方なので、接客力も見てもらえていたのかな。
残った他の四人も、人当たりがよく優秀な人ばかり。
実際、このメンバーと仕事を続けられたらいいなと思っていたので、上司の人選には感謝です。

しかし、今まで特殊な業務で苦楽を共にした仲間との明暗は、年度末までの残り1ヶ月を過ごすのに、ちょっと苦い空気になりそうです…

超繁忙期で、お互い仕事の話以外出来ない状況がかえって救いです…

上司は、三人の4月からの仕事先の斡旋もしてくれるようです。
以前の‘置物'上司なら投げられていただろうけど、人間味溢れる今の上司は、随分骨を折ってくれています。全く自分の職務に関係ないのに、使い捨ての派遣にここまで気を遣ってくださるとは…(涙)
ありがたいです。

4月からの仕事はだいぶ中味も変わるらしいし、残れるといっても不安がいっぱい。
そうそう、M社にも登録に行かなければ。

残れても一年限定。

複雑な春です。

2010年2月21日 (日)

ひらひらビーフシチュー

先週の寒気が嘘のような日曜日。

弘前での4月の暖かさですよ、きっと。

おだやかな春の一日でした。

今夜は、ひらひらビーフシチュー。

P2210046_2

何のことはない、薄切りの牛肉を使っているから”ひらひらビーフシチュー”。生チョコつくりで残った生クリームをたらり。コクが出てちょっとマイルド。

手前の緑は、海の春を感じさせる”生若布”です。赤茶色の生若布も、熱湯をくぐらすと目にも鮮やかな真緑色に早変わり。生姜とポン酢で爽やかに頂きました。

奥のサラダはアイスプラントのサラダ。

アイスプラントは珍しい新種の野菜です。プチプチと水滴がついたような肉厚の葉っぱはシャキシャキとして、ほのかに塩味が感じられる野菜。

近所の”六甲のめぐみ”に行ったら必ず買ってきますが、栽培している農家が少ないようで、買えたら本当にラッキーなのです。

サラダにぴったり。

豊富な栄養素が含まれているようで、メタボの改善や疲労回復、整腸作用などが期待されるそうです。見た目の珍しさだけではないのですね。

天ぷらもいけるらしい。。。こんどは揚げてみようかな。

2010年2月20日 (土)

火災報知器点検

すっかり忘れていました。
カレンダーに書いていたにも係わらず、今日が火災報知器の点検日だということに。

土曜日の午前中早くに鳴るインターホン。
あれ?ゴルフの練習から帰ってくるには随分早いな〜、もしかして宅配便?等と思いながらインターホンの受話器をとったら、「○△◇~です」聞き取りにくく(頭の回転回らず)、え?どちら様?「火災報知器の点検です~」
…どっひゃぁ~~~!!(@Д@;

敷き布団を干したばかりで、部屋の片隅にまだ片付けられてない羽毛布団が山となり、まだ畳んでない洗濯物が山となり、朝食後の片付けがシンクで山となったままでした。

私はパジャマにジャージ引っ掛けた姿で、すっぴん寝癖。

オー!ノー!(lll゚Д゚)

待たせるわけにもいかず「おはようございます…忘れてました…散らかっておりますが……」尻すぼみになる声…

若い点検員のお兄ちゃんは、ずっと肩が揺れてました…きっと笑いを堪えていたんでしょう…

玄関のドアを開けるまでの、1分にも満たない間に繰り広げられた、母と娘の壮絶なバトルがドア越しに筒抜けだったはず。

『なんで思い出さなかったんだよ~!カレンダーに書いたんでしょっ!』
「書いてもカレンダーなんて見ないもん!(逆ギレ?)」
『いやだぁ!こんなカッコで!まゆの部屋も入るの!?』
「仕方ないじゃん!」
『もう!お母さんのブァカァ!annoy

                            
体は小さいくせに、態度と声はでかいので、廊下側に面した娘の部屋での絶叫は、お兄ちゃんに丸聞こえ。

…開き直るしかないしね。知らない人だし。
色んなお宅を拝見してるだろうから、うちだけ酷いわけじゃないし。
一瞬で終わるし。

しかし、娘は許してくれませんでした。

お兄ちゃんが帰ってから、怒る怒る!

きっとその大絶叫もまた聞こえただろうな…

今さら言い訳ですが、片付け最中だったんです。
まさか、一番他人に見られたくないその瞬間を人様の目に曝すことになろうとは。

年頃の娘が一番ショックだったようです。
お兄ちゃんが帰ってから気が付いたようで『パンツ床に転がってたのに~!』
それはアンタが悪いの~、片付ける以前にだらしないからでしょっ!

あ~。こんなのも聞こえてたと思う。恥ずかしい…c(>ω<)ゞ

【カレンダー書くと安心すぐ忘れる】

2010年2月18日 (木)

リセット

超繁忙期が始まっています。
今週月曜日は年金支給ディと重なり、フロアは熱気ムンムン、お祭り騒ぎ。

忙しいのに加えて、精神的消耗が激しい仕事。秋に入った新人さんたちは、既に荒んでいます…。ハートのトゲが増えると、些細な言葉が(些細じゃないんだけどね)引っ掛かかり、怒りの沸点が低くなるので、忍耐の持続力も続きにくい…
ランチ時は愚痴大会(+_+)
そんな時のオアシスは、やはり甘いモノ。一口で食べられるチョコの差し入れが、誰かしらからあります。
お菓子の甘さは心を穏やかにしてくれますね〜
チョコが溶けるように、ハートのトゲも一つ二つ溶けていくよう(*^^*)

新婚ウツ?の友達と食事したり(少し元気になったみたい)、派遣会社主催の無料パソコン教室に行ったり。仕事の後も予定が盛り沢山でした。

今日は1日休みを入れました。

ほっと一息リセットです。

時々調整休みを入れつつ(今月はあと1日)年度末までガンバロー!

充電しないと頑張れないもんpunch

2010年2月14日 (日)

バレンタインサンディ

昨日の土曜日に、昼から夜の九時近くまでかかって製作したチョコレート。

生キャラメルも作ったようですが初挑戦で失敗…煮詰め方が足りなかったのか、冷やしかためても硬くならず、包丁で切ってもでろんでろん~~。

100213_001_2

これが半日かけて作ったトリュフ。

余ったチョコのほうが多いという勿体無さ。湯煎にかけて溶かしたチョコはもうどうしようもありません・・・

今日のバレンタインディは登校日でした。

こんな持って行き方でいいの~~!?

100213_003_2

あげた友達には、その場で食べてもらったそうな。

そして、お返しの友チョコを山のように持ち帰ってきました。

もう、どうすんのこれ?  「・・・お母さん、食べていいよ、全部」

トリュフ作りは粘土細工みたいで、製作するのが楽しいようです。でも、甘すぎるものは苦手な子なので、大量にあっても食べられません。手作りチョコは日持ちがしないし、チョコ以外にケーキやエクレアみたいに足が早いお菓子もあります。。。

う~~~。

友チョコって、何なのさっ!

美味しく出来上がってる市販のチョコを、わざわざ溶かして別物に作るなんて。どうしたって、市販のチョコの味に比べたら敵わないのに。。。

学生時代の人間関係の潤滑油の行事もあと一年かな。まさか、大学生になってもやらないよね!?って、来年は受験で今年が最後だったんだろうか・・・いずれにせよ、キッチンを半日も占領されるのは堪りませんsweat01

今夜の晩ご飯。

P2140044_2

昨日flareonさんから牡蠣が届きました!

三重県の牡蠣です。松島と瀬戸内海の牡蠣以外の味は初めてです。海の味が濃くて、美味しかったです。レンジで蒸し牡蠣にして頂きました。ありがとうございますshine

そして、カレー鍋。

市販のカレー鍋の素で作ってみました。が、家族には大不評downdowndown

辛くもなく、スパイシーでもなく、ぼやっとしたパンチの無い味。なんだこりゃ。

二度と作りませんpunch

でも残っちゃったから、明日も食べます(* ̄0 ̄)ノ

2010年2月11日 (木)

17歳♪

誰もいない海

二人の愛を確かめたくて

あなたの腕をすりぬけてみたの

                                                    

あの当時の 南 沙織 は曲名通り、17歳だったのねぇ。

色気とは無縁の娘も、昨日2月10日に17歳になりました。

P2110041_3

ハッピバースデイトゥユーcake

2010年2月 9日 (火)

マダムなスゥイーツ

楽しみにしていたスゥイーツが届きました。

女の子の目を引くこのお洒落なパッケージ!

100209_001_2

ショッキングピンクと豹柄のデザイン。開ける前からワクワクしますね~lovely

開くと内側も全部豹柄。

大人のスゥイーツを演出しています。

中身は・・・

100209_002_3

マダムシンコのマダムブリュレ。

しっとり柔らかなバームクーヘンの上に、メープルシュガーのキャラメリーゼ。

凍らせたままだと、上はバリッと下はアイスクリームのよう。

解凍したてのひんやりバームとして食べてもいいし、レンジで温めて焼きたての食感も楽しめます。

凍らせたまま頂きましたdelicious

キャラメリーゼが甘くてほろ苦くて、バームも美味しい!!

娘も大絶賛happy02

テレビで紹介されていた、シンコさん自身も魅力的な方でした。

半分は冷凍庫に。残りは焼き立てを再現しようかなhappy01

2010年2月 7日 (日)

最近の日曜日の過ごし方

先月からスポーツクラブに通いだしました。

年の始めになると、何か新しいことを一つやろう!と果敢な気持ちになる私。昨年は料理教室に何度か通いました(春までしか続かなかったけど)。

クラブのお年玉初売りキャンペーンのチラシには、一月中に申込むと、入会金と一月分の月謝合わせて2000円!今まで何度か迷っては諦めてたけど、一月に新しいことを始めるのは気持ちが良いので、見学後すぐに入会。

スタジオエクササイズが充実してて、なかなか楽しいのです(*^^*)

仕事の平日休みは、さっさと家事を切り上げて、イソイソとスポーツクラブ通いです。
マシンジムでジョギングやサイクリングしたりで体を軽く温めてから、その日のスタジオプログラムに参加。

今日もさっさと家事をやっつけて。先ずは‘六甲のめぐみ'で一週間分の野菜を仕入れてからクラブへ。
今日はプログラムを3つこなしました。

爽快棒 : 円柱状の棒を使って体の歪みを正すストレッチ。昨日のバレーで腰を痛めたので、これは気持ち良かったわ〜。年配の方々が多いかな。

サウンドオブマッスル : 音楽に合わせながら、調整可能なバーベルを使って全身の筋肉を鍛えます。今回初めての参加で、用意に手間取ってると、人懐こいベテラン?のおば様が面倒見てくれました。お節介オバサン万歳!ありがたかったわ〜。下半身にかなり効きました。

マーシャルエキサイト : ボクササイズみたいにパンチや蹴りなどを組み合わせた格闘技系プログラム。音楽に合わせて声も出すので、ストレス解消にグッド♪

お風呂で汗を流してから、ジムの後はスッピンで晩御飯のお買い物…誰も知り合いに会いませんように…ついつい視線は下向きに…

今夜は簡単、水菜鍋。

食後は娘に付き合って、今夜も親子バレー。っていうか、ドッチボールみたいに投げ合ってキャッチ!にハマってました。

日曜日に家族で出掛けることももう殆んどないし。
日曜日も自由になってきたので、自分の為だけに時間を使えます。

夏までにひと絞り出来るかな!?

2010年2月 5日 (金)

バレーでにこり

月曜日から学校へ行けるようになった娘ですが、相変わらず家ではにこりともしない無愛想な顔。

あ~あ。ご飯も美味しくないわ…

塾から帰ってきた九時頃に「お母さん、バレーしよっ!」

ダイエットしたいから、夜にバレーしようよとずっと前から言われてたけど、面倒くさくて、そのうちと曖昧な返事をしていたのです。

(最近とみに)無愛想な娘からのお誘いに今夜は乗ってあげました。飲んだ後なので、渋々と…

マンション下の広場は、ぐるりと棟に囲まれていて、声が反響します。それでなくても夜です。

「うははは~」

二人で軽いパスをしただけなのに汗かいて、ダウンも帽子も脱いで、早くも息の上がった娘は楽しくてしかたないみたい。
久々のバレーに、首が痛い腕が痛いと文句垂れながらも、ボールを追いかけてました。

やっぱりスポーツはいいね。
体を動かすと、気持ちも活性化される感じ。

家に帰ったら、更にビリーやりたいと…さすがにそれはご勘弁(((^^;)

休みの今日は午後からジムで一汗かいたし、夜は軽~くバレーしたし。

合計三回お風呂に入りました(*^^*)
ちゃんとお手入れしないとカサカサになるわ〜

やっぱり娘の笑い声があるって嬉しいconfident

2010年2月 3日 (水)

学食会

娘の高校の学食会へ行ってきました。

私が頼んだのは日替わり定食390円。

100203_001_4

ラーメンと天津飯のセット。中華丼?いえ、ちゃんとご飯の上に薄焼き卵がのっています。男子にはこの量は嬉しいだろうな。。。女子には多いかも。でも、体育部の女子はぺろりといけるかな。私も完食したしsmile

お菓子の入った袋は、PTA役員からのサービスだそうです。売店で人気の手作りドーナッツが入っているとか。

実は今日学校へ赴いたのは学食会があったからだけでなく、担任の先生との面談がメインだったのです。

先週、娘が学校へ行けなくなり、それはそれは重く苦しい一週間を過ごしました。。。ふぐや牡蠣に現を抜かしてるように見えたかもしれないけどcoldsweats01、私の心は薄っすらグレーの灰色でした。

行けなくなった原因?

そりゃぁ親には言わないでしょう。。。ただ、学校に居るのがしんどい辛い、と一言。

昼も夜も寝て、食欲もなく、起きてる時はボーーッとテレビの映像を眺めてるだけ。自室に篭ると電気も点けずにすぐベッドに入るので、眠ることで現実逃避しているようでした。

心配しましたよ。。。親は目の前に見せ付けられる現実にオロオロするだけですもん。語らないだけで、娘の胸の内には葛藤が渦巻いてるのだろうに、ついつい分かりきった言葉を発してしまう私。。。

『休み癖がついたら、本当に行けなくなっちゃうよ!!他人のためじゃなく、自分のために学校って行くもんでしょ!?』

そんなの行けなくて辛い娘自身が一番分かってるのに、追い討ちをかけるような言い方しか出来ない愚かな母親。

これが他人の子供の話なら、大らかに子供が口を開いてくれるまで待ってみたら~、とか、追い詰めるような事言っちゃダメだよね、等と思えるのですが、自分の子供の事となると心配の塊だけが大きくなりすぎて、言わなくていい事や言っちゃいけない言葉のオンパレードbearing

娘の心配と自己嫌悪からの苛立ちで、情けなくてweep

暫く学校を休むことになるかもしれませんと担任へ連絡したところ、スクールカウンセラーの訪問日があるからと紹介されました。

カウンセリング受けてもいいよ、と娘。

「でも、お母さんは絶対来ないでね!!angry。。。心配してるのは分かるけど、お母さんに言っても分かってくれないでしょ!?」

利害関係の無い赤の他人の方が心を開けるのは確かです。

怒涛の一週間を過ごし、恐らく、自分のお尻を自ら叩いて行ったであろう月曜日の学校。私も職場で一日中気もそぞろでした。

部活にも行ったようで、何時もの時間に帰ってきました。私も平常心を保って普通に『おかえり~~』と声をかけたら、はにかんでるような恥ずかしそうな口元で「ただいまっ」

オトーサンの前ではいつも不機嫌なのに、お風呂上りも無口に自室に篭るはずが「上がったよ~~」と上機嫌な声。

分かりやすい子ですcoldsweats01

『学校これてよかったやん』と声を掛けてくれた友達がいたのと、放課後に担任とゆっくり話せたのが娘の心を解いてくれたようでした。

昨日の火曜日がスクールカウンセラーとの面談。娘は女性のカウンセラーだと思ってたようでしたが、おっちゃん先生だったようです。担任(女性)も、おっちゃんだとまた違った話が聞けて良いかもよと言ってくれたそうです。

あれこれ話した内容を詳しく聞きたいのは山々だけど、うるさがられるだけなのは目に見えてるので、軽~く聞く程度に(ほんと、気ぃ遣いますわ)。。。

『おっちゃん先生はどうだった?』 「まぁまぁ」

『・・・どれくらい話したの?』 「一時間ちょっと」

『他にもカウンセリングの予約した人いたの?』 「いるよ」 

以上。。。

機嫌は悪くないけど、疲れてるようでした。そうだよね。。。心のうちを人に話すのってすごくエネルギーが要るし。今のままの自分ではいたくないと思い、進んでカウンセリングを受けた娘の勇気に拍手したい気持ちでした。

そして、担任の先生に時間をとってもらい今日の二者面談。

中学のときはホント先生に恵まれなかったけど、今の担任の先生は、よ~く子供を観察してくれていました。

立ち直れないほどのドツボに嵌ってるわけでなく、自分がどうすべきかを知ってる子供との見解でした。どうやら、おっちゃん先生も同じ見方だったようです。

女の子同士のくっついたり離れたりの関係。。。イジメや喧嘩があるわけでないのに孤立してしまう寂しさ。。。言葉の壁。。。友達に合わせて使う、偽関西弁を話す自分が嫌い。。。逆に、弘前の幼馴染からもなんか言葉が違ってきたと。。。自分が何処にいるのか何処にいていいのか分からない不安な気持ち。。。

男子だったら良かったのに。。。だそうですsweat01

頑張って登校した月曜日に声を掛けてくれたのは、先生から見ても大人の雰囲気を持ったAちゃん。ちまちまとくっついたり離れたりの女子からは、一歩離れた存在だそうです。

Aちゃんみたいな人が、きっといい友達になっていくんだろうね。

「また辛くなったら、担任の私とおっちゃん先生が話を聞いてくれるから。Aちゃんもね。」と担任は語ってくれたそうです。

本当にありがたいことです。

一人で抱えるのは親でも辛いけど、自分一人だけでなく社会にも育ててもらってるんだなぁとつくづく感じました。

休みたくなったら無理せず休んでいいよ、とも言って頂いたようです。。

自己分析がちゃんと出来ていて、どうすべきかを分かっている子供です、とも仰ってました。

親には心の内側を見せないけれど、苦しんで葛藤してもがいても自分で出口を見つける術を身につけてくれているようです。

小学生みたいな童顔で、ちっちゃい身体なのに、心は一歩一歩大人へと近づいているのね。

あ~~、いじらしい!可愛い!ぎゅっとしたい!!!

いつまでも子ども扱いしちゃいけないねsweat01

学校からの帰り道、グレーだった気持ちも、すーーっと澄んできました。

どうやらまだまだ子離れはできそうにないです。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »