« ひらひらビーフシチュー | トップページ | 心は決まった »

2010年2月28日 (日)

複雑な春です

3月いっぱいで今の職場は解散します。
市の外郭団体の業務が、民間に委託されることになったのです。

まぁ職員は行き先があるとして、嘱託や派遣は4月以降はお払い箱。
春からの身の振り方を考えなくてはなりません。

幸い、窓口業務は一年のみ延長が決まりました。
仕事内容が煩雑で、4月からの民間で一斉スタートは状況が厳しいらしいから。

三社入っていた派遣会社も4月からは一社になり、窓口業務の派遣は8人から5人に。3人が切られることになりました。

私はA社。A社の営業は必死でした。普段はお人形さんみたいな艶然とした表情も、競合に勝たなければ!というシビアな厳しい顔。『絶対取ります!』
いや、取って貰えないとこっちが困るから〜〜

自信満々の営業でしたが、入札で残ったのはM社でした。ガーーン( ̄▽ ̄;)

あ〜、4月からどうしよう…と思いきや、上司から個別に話があり、M社からの派遣として残って欲しいとのこと。

実質的に切られたのは、派遣会社関係なく3人。入札で残ったはずのM社の子も切られました。

一人は秋に入った新人さん。そして私より一回り若く仕事上では先輩のベテラン、もう一人は20代の同期の子。

職員で、残す人選をした結果らしい…

業務知識や年齢の若さが人選に反映されなかったのは、幸いでした。

社会的弱者の方々を相手にする仕事は、人生経験が豊かな(まぁ歳いってるってこと?)人材がベストマッチなのでしょう。
人あしらいは上手な方なので、接客力も見てもらえていたのかな。
残った他の四人も、人当たりがよく優秀な人ばかり。
実際、このメンバーと仕事を続けられたらいいなと思っていたので、上司の人選には感謝です。

しかし、今まで特殊な業務で苦楽を共にした仲間との明暗は、年度末までの残り1ヶ月を過ごすのに、ちょっと苦い空気になりそうです…

超繁忙期で、お互い仕事の話以外出来ない状況がかえって救いです…

上司は、三人の4月からの仕事先の斡旋もしてくれるようです。
以前の‘置物'上司なら投げられていただろうけど、人間味溢れる今の上司は、随分骨を折ってくれています。全く自分の職務に関係ないのに、使い捨ての派遣にここまで気を遣ってくださるとは…(涙)
ありがたいです。

4月からの仕事はだいぶ中味も変わるらしいし、残れるといっても不安がいっぱい。
そうそう、M社にも登録に行かなければ。

残れても一年限定。

複雑な春です。

« ひらひらビーフシチュー | トップページ | 心は決まった »

想い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ひらひらビーフシチュー | トップページ | 心は決まった »