« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月27日 (土)

北欧風

北欧風
玄関マットを新しくしました!
北欧風の柄がお洒落でしょ。

長いこと使ってたマットの裏が、洗濯による風化で滑り止めが剥がれ、ぼろぼろになって処分してから暫く玄関マット不在でした。

風水のユミリー先生が、エントランスには玄関マットを敷きましょう、とテレビで語っていたんです。
玄関マットの風水的なラッキーカラーは、白やベージュが基本らしい。

玄関に傘や靴が見えてるのも良くないんだって。
風水の基本は整理整頓。

汚れた場所には幸運も訪れないのは当たり前。

玄関の片側を占領してる並んだブーツを片付けて、春を呼び込まないと。

厚みもあって踏み心地も気持ちいい。

いい‘気'は明るくなった玄関から(*^^*)

2010年3月25日 (木)

喉痛ぁ〜

喉痛ぁ〜
黄砂に喉をやられたと思っていたら、風邪も引きました。

喉はヒリヒリいがらっぽく、咳が出ると止まらない…
1日中仕事で説明してると、夕方には声も限界。

失礼ながら、マスクしての応対でした。

マスクの中で、こっそりブィックスドロップor浅田飴。
かなり咳が沈みます。
のどぬーるスプレーも、炎症した部分にジャストミート!きっくぅ〜!

明日は解散会で軽い立食パーティー。
その後、オジサマ方とカラオケの予定。

美声をお聞かせ出来なくて残念だわ〜〓
マラカス振って盛り上げ役に徹します♪

2010年3月22日 (月)

キウイすき焼き

キウイすき焼き
先日テレビで紹介されてた、すき焼きにキウイフルーツ。
牛肉の側に入れると、酵素の力で肉質が柔らかくなるんだとか。
昨夜のすき焼きで試してみました。

…心持ち柔らかいような…。

適度に煮えたキウイフルーツは、甘いすき焼きタレに合う酸味。
一口カジり酸っぱさで口中もさっぱり。

鍋の見た目は違和感あるけど、試す価値ありです!

2010年3月21日 (日)

春の嵐

昨日は大荒れの神戸でした。ふと気がつくと、ベランダに空のハンガーが一つ。。。娘のお気に入りのカットソーが強風で飛ばされて行方不明に~~sad

先月から我が家も大荒れでした。

娘の進路です。音大進学への夢をどうしても諦められずに、かなり情緒不安定になっていました。先月の誕生日あたりから特に様子がおかしく、態度も悪ければ顔色も悪い、部屋に篭ればすぐ寝てしまう有様。

機嫌悪くピアノを弾いたかと思うと、プイッとすぐ部屋に篭る毎日。勉強も身が入らず(ここ最近に限ったことじゃないけどsweat01)コタツに入って長時間だらだら・・・

今月初めだったでしょうか。私がお風呂に入ってるときに、オトーサンに「やっぱり音大行きたい!」と、とつとつと語ってるのが聞こえてきました。すぐ感情任せになってしまう私に話すより、感情を顕わにしない冷静なオトーサンに話したほうが自分の気持ちを伝えられると思ったのでしょう。

「お母さんにはまだ言わないでね」

聞こえてるよ~~gawk 地声がでかいんだもん。。。一から十までお母さんお母さんだったのに。。。ちょっと切ない。

数日して私から水を向けると、ホッとしたようで真剣に話しだしました。秋に、悩んで悩んで音大行きを諦めたけど、やっぱり諦めきれない、どうしても行きたい!と。

困りました。

来月から高三です。今から目指して間にあうのか、音大目指すほどの才能があるのか、音大出てからの就職はあるのか、学費はどうなるのか。。。

家族で話し合いました。オトーサンは絶対ダメとは言わないけど、一般企業のサラリーマンの常識感覚としての話をしました。音大出ても音楽だけで食べていくのは難しいだろうし、もし一般企業に就職したいと思ってもかなり難しいだろう。。。この不景気で、一般の大学生ですらも相当な就職難。。。将来のことを考えたら、無難な生き方のほうが良いのではないか。

私は。。。出来ることなら娘の希望する道に行かせてやりたい。でも、散々悩んで迷って進路を決め直したんじゃなかったの?数ヶ月経ってなんでまた気持ちが変わったの?受験勉強が嫌になったから?ちょっとピアノを弾けることで友達に褒められてその気になったの?弾くことが好きなだけで、練習は嫌いなくせに続けられるの?たった一年の準備期間で、本気でやり遂げられるだけの根性あるの?考え付くことの問えることを問いました。

語るほどに興奮して、涙と鼻水まみれになる娘。私も決して声を荒げてはいないけど、どうしても詰問調になってしまうし。。。

親は不安です。私もオトーサンも普通のサラリーマン家庭で育って、親戚にも知り合いにも芸術を仕事にしている人はいません。先生や習い事の師として接した事はあっても、そういう職業の人の人生や生活に係わったことがないのです。未知の世界への不安が一番の心配でした。

しかし、娘の意思は相当固く。。。昨年秋に進路を決めた形にしたけど、本当は諦めたくなかった。高三になる前に、叱られても反対されても、音大行きに気持ちが固まってることを言いたかったとのこと。

娘はピアノの先生に相談したいと。。。先回りして、私が先生に今の状況を電話で相談しました。先生は相当驚いて(何でまた今頃と呆れて)ましたが、真剣に話を聞いてくださいました。一年で準備するのはかなり大変だけど、センスはあるし(この微妙なニュアンスに素人は希望を抱いてしまうのだけど)、人の三倍頑張ればなんとかなるのではないか。

昨年末に最後のレッスンで、先生と二台のピアノで一緒に弾いたそうです。弾き終わって感無量になったのか、先生の前で声をしゃくり上げて号泣したらしい。ピアノを弾いて感激して泣く生徒さんは初めてだったので驚きましたが、よっぽどピアノが好きなのねと思ったんです。でも、一般大学に進路を決めた後だったので、余計なことはそのとき言いませんでした、と。

そんなこと娘は言いませんからね~~。それを聞いて、私の方が泣きたくなりましたよ。。。

オトーサンは絶対とは言わないけど反対してること、音大目指すほどの技量も才能もあるのか不安なこと、一年間の娘の頑張りが続くか不安なこと。藁にもすがる想いで、仕事帰りに地下鉄三宮駅構内から電話で30分も先生とお話しました。

その週の土曜の夜に、娘と二人で先生のお宅へ改めてご相談に伺う約束をして電話を切りました。

音大進学に関する、その世界の情報が無いのが不安でした。音大進学を相談できるママ友はいません。神戸に来てからは、近所付き合いは皆無です。

同じ学年の子供を持つ職場の友達Mさんに相談しました。彼女は高校時代に吹奏楽で、中国に学生使節として兵庫県の代表に選ばれたことがあるそうです。大学時代もフュージョン系のバンドをしていたらしい。。。素人の私に比べたら、相当音楽が人生に沁み込んでいる人です。娘のことを相談したら、なんとMさんも嘗て音大を(フルートで)志望していて、高三の夏に音大進学を諦めた経験があるとのことでした!いやぁ~、聞いてみるもんです、びっくり!

音大進路を諦めた理由は、自分の才能に自信がなくなったから、だそうです。専門にしなくても、音楽は逃げないし楽しむことが出来ると。両親の反対も勿論あったし・・・社会科の先生にもなりたいというもう一つの夢を叶える事にしたそうです。(優秀な方なので、進路を変更しても現役でカンカンドウリツの一校へ進学したそうcoldsweats01そこがうちの娘とは大違いだけどね)

優しくて親身なMさんは良いアドバイスをくれました。

「夏に開催される兵庫県学生コンクールに出場をするのも、音大進学への条件にしてみたら?」

神戸に来てから、ピアノコンクールからは遠ざかっていました。自分がどのラインにいるのか、他人との技量を比べる良い機会でも在ります。今は比べる人もいない”井の中の蛙”状態。音大進学の準備をしつつコンクールをクリアして、それでもまだ進路に迷いが無かったら、親は学費の工面して腹を括ったほうがいいかもね、と。

昨年末にMさんのお父様が亡くなりました。今際のきわに「音大に行かせてやれなくてすまなかった」と言われたそうです。お父様は20年以上も胸につかえたままだったんですね。彼女は、今が幸せだし自分で決めたことだから後悔はないと応えたところ、安心して渡っていかれたそうです。

良い人でしょう~~weep 他人の娘の為に、親身になってここまで話してくれるなんて。。。

娘が良くも悪くも自分で納得しなければ、一生引きずることになります。かといって、親も無条件に希望を飲んであげるには経済的にも苦しい選択。双方折り合いをつけるために、Mさんのアドバイスは貴重なものとなりました。

それでも私の心に大きくのしかかるのは経済的な不安。。。軽く見積もっても、一月20万の学費が4年間。。。4年間でイッセンマンは必要。。。bomb マジできれいごとは言ってられないワ!!

ピアノの先生のお宅へ伺う日、バレーの練習試合でした。車当番だった私がチームメイトをそれぞれの自宅前まで送り届けるとき、今からピアノの先生宅へ音大進学の相談に行くんだと打ち明けました。

「一人娘やろ!?行かしたり~。」「何処の子も目標なんて無く大学行くのに、夢があるなんて偉いやん!」「将来結婚しても自宅でピアノの先生できるやん~~」「金は何とかなるもんやて。子供のためなら借金してでも行かしたり~!」

皆さん二人三人と子供がいて、高校から私学に行かせたり、県外へ進学した子供に仕送りして、家のローン抱えて共働き。ホントにようやってます。

なんかね、バレー仲間の言葉に勇気が出ました!!みんな苦労して子供の学費工面してるんだもんね~。子供二人を私学に入れたと思えば、やってやれないことはないんじゃない!?

オトーサンにもMさんからのアドバイスとバレー仲間の話をしました。世のお父さんは子供の環境や子供を取り巻く世間の様子を知る術は、嫁からしか無いのが実情。。。「行かせてやれないこともないし、学費はなんとかなるんちゃう?」サラッとOKが出ました~~happy01

先生は、厳しい一年になりますよと娘を叱咤激励しながらも、ピアノと楽典の指導を快く引き受けてくださいました。

自分に甘い娘の気性で努力することにエネルギーが続くのかどうかを見たいので、音大進学への条件として、学生ピアノコンクールへの出場(Mさんのアイディア)を先生の前で娘に提案しました。先生も、最終的な判断を下すワンクッションになって良いかも・・・と賛成してくださいました。

浪人は許さないこと、ピアノは買い替えないこと。先生を立会人にさせて頂いて、進学に向けての親の意向も伝えました。娘は神妙な顔をしつつ頷いてました。

先生のご好意で声楽の先生もご紹介していただき、昨日の土曜日に(バレーを休んで)娘と初レッスンへ行って来ました。

場所は、滝の茶屋。

地下鉄・板宿で山陽電車に乗り換えて、滝の茶屋駅から歩いて10分ちょっと。手描きの地図を見ながら、春の嵐に吹かれ緊張に身を包んでF先生のお宅に着きました。

声楽が専門のF先生は、親族に音楽を生業にしてる人は誰一人としておらず、音大進学を親戚中から反対されたとか。環境としてはうちと似通っていて、とても共感できる素敵な先生でした。

初めてのソルフェージュ。。。新曲視唱もドレミでちゃんと歌ってる~~!私の知らない音楽用語で先生とお話してる~~!だてに長年ピアノ弾いてただけじゃなかったのね!!

娘のレッスンの様子を見るなんて何年も無かった事なので、当然出来て当たり前のことではあるのに、素人の私は少なからず感動してしまいました。。。ちょっと鼻の奥がいたくなったりして。。。

初回は道順も分からないし、先生にもご挨拶しておきたかったので私も同行しましたが、これからは一人で電車を乗り継いでレッスンに通ってもらわないといけません。

田舎娘のことだから、乗る方向を間違わないといいけれど・・・。滝の茶屋駅からは、目の下に瀬戸内海をすぐ見渡せます。行きの電車では二人とも緊張からか険悪なムードだったけど、帰りは海を眺める余裕も出て、小旅行のような気分でした。

遅すぎるスタートですが、やっと夢に向かって走り出しました。

目標が定まって娘もエンジンがかかったようです。

長かった春の嵐はやっと落ち着きを見せましたが、これからが本当の嵐です。

適度に手も口も出しながら、私はマネージャー役として見守ります。

2010年3月18日 (木)

目いっぱい楽しんだ

今日は休みを入れてました。

繁忙期にも関わらず、平日にリフレッシュ出来る休みが取れるなんて、シアワセ~note

昨日は友達がテニスでリフレッシュすると休みを入れていたっけ。

娘を送り出して、コーヒーを飲みながら一時間もかけてじっくりと新聞タイム。

毎日流し読みだったり、読めない日もあるので、テレビを消して活字に見入っていました。。。

(JALは来春新卒者採用無しか・・・京セラの創設者が会長になっても、JALの上層部の意識が変わらない限り変革は時間がかかるんでしょうね。”沈まぬ太陽”そのままの世界が未だに続いてるんだ・・・)

おっと!ジムに行く時間が無くなっちゃう!!

急いでお風呂掃除をして、掃除機を掛け、早めのお昼ご飯(お茶漬け)を食べて、楽しみにしていたエクササイズの時間にぎりぎり間にあいました~~dash(5分前!)

先週末も行けなかったし、三月はまだ一回しかスポーツジムに行ってなかったのでした。久しぶりにエクササイズするなら欲張っちゃおう!!smile

”サウンドオブマッスル”はバーベルで太ももと背中と胸を鍛え、”マーシャルエキサイト”で格闘技系ボクササイズ、”かんたんエアロ”でゆるゆるエアロビ、”ヨガプラーナ”で太陽礼拝から始まる本格的なヨガを体験。

う~~ん、四つもプログラムをこなして満足満足。

欲張って目いっぱい楽しんできましたscissors

汗も出たけど、体の中のワルイモノが、吐く息と一緒に出て行った感じ。

体を動かしている間は、頭の中が真っ白になるのが良いhappy01 

いや、ボクササイズやエアロビの振り付けを、間違えないように動くので精一杯、ってのがホントなんだけどね。

あぁ~~~、体が楽になりました。

明日も頑張れそうですup

2010年3月14日 (日)

フルーツティー

フルーツティー
娘と買い物ついでにアフタヌーンティーで可愛い生活雑貨を眺めて、お茶してきました。

京風うどんでランチの後だったので、ケーキはいらない。

オレンジジュース多目の温かいミックスティーは、フルーツも入りさっぱりとして美味しい(*^^*)
ホッとします。

なんだかねー、気忙しくて落ち着かない春だけど、きっと流れはいい方向へ向かっていると思うのよ。

立ち止まらず、よく状況判断して、自分も含めみんなが納得できる生き方でありたい…なんて事を考える最近です。

フルーツのミックスティーを飲んで癒された気分になりました。
なんて安上がり…^^;

2010年3月11日 (木)

元気にしてます

昨日、派遣会社のM社に登録へ行って来ました。

いやぁ~~、適性検査の難しいこと難しいこと。。。嘗て、数社登録しましたがM社のが一番難易度が高かった。。。

友達(素晴らしく優秀な人)は「すっごく頭使って疲れた~~bearing」とぼやいてたけど、私なんか頭使う前に制限時間来ちゃったもんね(爆)

何はともあれ登録も無事終わりホッとしました。

その後、美容院へhairsalon

100310_005_2

後頭部にボリュームをつけたボブのアレンジです。

今回のカットで、パーマが僅かに残っていた部分も無くなり地毛のストレートヘアになりました。

ピンク系のカラーは春仕様に若干明るめshine

サラッサラの艶髪になりました。

前髪は伸ばしてるので、仕事に行くときはポンパドールにして、おでこを出しています。目を見開いたり、上目使いすると表情筋の溝?が気になりますが・・・coldsweats01 すっきりして目の前が明るく気に入ってるんです。

美容院の帰りに、そごうで開催されている九州物産展へ行って来ました。

お目当ては、佐世保バーガー。今流行っているご当地バーガーのはしりですよね。家族の分2個買いました。私はハンバーガーは要らないので、一口もらえれば良いなと思っていたら、誰も一口も食べさせてくれませんでした。ボリュームがあってかなり美味しかったようです。。。まぁ、喜んでもらえて良かったgawk

そして、プリンシュークリーム。

P3100003_2 パイ生地の皮は重めでした。軽い食感じゃぁないのは作り立てじゃないからかな・・・プリンは甘すぎず柔らか過ぎず、シューの中に上手く納まってグッド。でも、プリンの下のクリームが私は(娘も)ちょっと苦手かなぁ~~~。カスタードと生クリームをあわせた物と思ったけど、どうもバタークリームみたい。たぶん。

重くて重くて、胸焼けしました。。。見た目がこんなに可愛くて期待しただけに、残念無念~~sad 同じお店のプリンどらは以前食べたことがありますが、そちらの方がよっぽど美味しかった。これから九州物産展へ行かれる方には、プリンどらの方をおすすめしますよ♪

そして、先週末に作った自家製ふりかけ。

P3070001

最近良くリピートして作る”山椒ちりめん”。そして、派手な色使いの下のふりかけは、大根葉を茹でてて搾ったものをごま油で炒め、小エビ・鰹節・塩昆布・すりごまを加え、みりんとお醤油で炒り付けました。

題して、”カルシウム派手派手ふりかけ”。

香ばしくて美味しい~のですhappy01

お弁当のご飯の上に日替わりでのせています。

オカズがたいしたこと無くても、ご飯の上は華やかですflair

2010年3月 8日 (月)

何も考えず眠りに落ちたい

晩ごはんの片付けを済ませ、洗濯物を畳みアイロン掛け数枚。
あ、明日ごみの日!

…やっと入浴まで漕ぎ着け、湯船に浸かりながら睡魔と戦い、洗顔・シャンプーまでもが遠い道のりに感じます。

翌朝のご飯をセットして、火の元戸締まり確認。

美容液に化粧液でお肌のお手入れが終わったら、やっとやっと恋い焦がれた布団に横になれる〜〜〜!

今日も1日長かったな。

せめて眠りの世界だけは、心安らかで平和な世界の中にいたいなぁ。

2010年3月 4日 (木)

身体に優しい

具合の良くないときでも、お腹に優しいお豆腐料理。

作りたての汲み豆腐もお変わり自由♪梅風味のゴマを振りかけて食べると意外な美味しさ♪

100304_002

前菜にも目を奪われます。

優しい豆腐の優しい味で、ホッコリ良い時間happy01

ちょっと早いホワイトディに頂いたチョコは、バレンタインのそれよりもゴージャスでしたshine

100304_003

ツマガリのチョコレート。ありがとうございます!

明日のおめざに頂きま~すhappy02

心は決まった

またまた仕事ネタです。

今月末で解散が決まった現在の職場。先月24日に、業務として唯一残る窓口業務を担当する派遣会社が入札でM社と決まり、A派遣会社の私はM社からの再雇用ということで、上司から就業の確認を頂きました。

入札前、A派遣会社のお人形さん営業は「絶対落としますから!他の派遣会社の人に、だいたいの条件を伝えてもらい、我社への早めの登録を勧めてください」と依頼がありました。彼女は自信満々、お人形さんのような綺麗な小さな顔には見たことの無いような闘志がギラギラ・・・

同じA社の友達と一緒に、他の派遣会社の同僚全員に話として一応伝えました。どうなるかは分からないけど、お人形さん営業も珍しく自信たっぷりだし。しかし、こんなこと現場の派遣に依頼して、会社的にはどうなの!?と思いつつ。。。

しかしながらM社に入札が決まり、8人のうち3人が派遣切りとなることが決定しても、A社の例の営業からは連絡もなし。あ~ぁ、なんだこりゃ┐(´д`)┌ヤレヤレ、とガッカリしていたら、先週末の超・超・超忙しい最中、お客様と応対している私の顔の横に彼女の綺麗な横顔がいきなり近づき「忙しそうなので、今夜お電話します!」と、言いたいことだけ一言言って慌てて帰っていきました。あ、来てたのね、全然気がつかなかったわ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

既に、上司から四月以降も残って欲しい旨お話があった後だったので、お人形さん営業は、入札できなかった事と他の派遣仲間を惑わせたことへの詫びの電話をくれるものだと思っていました。が、待てど暮らせど電話は無し。。。ま、彼女なら仕方ないか。。。(今までも担当の営業としては今ひとつ信頼が置けないヒトだったので)

四月からの自分の身の振り方の方が大事なので、M社の営業とコンタクトを取り、条件その他の話を聞いて本登録を待つばかりとなりました。迅速に行動しないと、四月まであと一ヶ月、他の人達にも迷惑がかかるから。

他の仲間もそれぞれの思惑で動いていました。

今月2日の昼休み、A社のお人形さん営業からやっと電話がありました。「業務委託する民間会社のほうから、是非とも○○さん(私)を雇いたいとの事です!条件は更に良いですよ!」 ええぇぇぇ~~~!!?

詫びの電話かと思いきや、M社が入札を決めた途端、A社に委託業者がこぞって窓口業務の引き抜き作戦をかけてきたそうです。四月からの業務委託をする民間会社も、かなり焦っているようで・・・そりゃぁ、短期間で全てを覚えるとなるとかなり厳しい仕事。なので、即戦力となる人材を直ぐにでも欲しいとのことでした。

上司からの依頼もあり、私自身は今の現場に残る気持ちがあること、更新を切られた仲間にその仕事の話を紹介してもらえないかと返答したところ「それは無理です」。。。

民間業者も引継ぎや会議などで何度も来庁しており、よく人を見ていたようでした。

確かに更新を切られた仲間には申し訳ないけど、今の職場内でも若干人間関係に問題があったりお客様とのトラブルも多かったのは否めません。

一番の年長でスキルも無い私に白羽の矢が当たったことは、大変嬉しくありがたい事ではあるけれど、残してもらった上司にも申し訳ないし、更新を切られた仲間に対しても二重の屈辱を感じさせることにもなってしまいます。

しかし、条件は素晴らしく良い・・・。

最低4年間は雇用の契約を確保できるし、フルタイムになるので年収は今の1.5倍以上、通勤距離も短くなります。進学を控えてる娘の学費もかさむしなぁ・・・などと欲が出ないといったら嘘になります。

・・・もう、なんで今頃心惑わすような話を三月も過ぎてから出してくるの~~!話があったんだったら二月末までに言ってくれたら良かったのに!!

返事を待ってくれとお願いした私に、今度は男性派遣さんに言付けたようです。男性派遣さんからも私にプッシュしてくれ、と。

一晩悩みました。。。。。。大げさだけど、これからの人生の岐路を選択するほどに。。。誰かに相談しても、結局は自分の人生、決めるのは私。。。

やはり、今の職場で頑張ります。

これ以上ない人間関係に恵まれた仲間と、仕事が出来る幸せを信じて。

今までお世話になった方々に、背中向けるわけにもいかないし。職場環境上、今まで以上にストレスフルになって家庭に迷惑も掛けれないし。

翌朝はスッキリ(゚▽゚*)

もやもやも葛藤も通り過ぎ、心が決まったら気持ちも軽くなりました。

それにしても、お人形さん営業~~o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!

昨日のお昼休みに彼女に電話しました。先ずは民間業者のお断り、そして、彼女のあまりの対応の遅さと姑息な手段をやんわりチクッと釘を刺しました。

『あれだけ自信があるようなお話だったのに、入札できなかったらそれでお終いですか?他の派遣さんたちまで巻き込んで惑わせて、間に入った人間に何か一言在ってもいいんじゃないですか?すごく迷惑かけたんですよ。月を越えての連絡ではあまりに遅すぎます。諦めて自分で動いて当然だと思ってもおかしくないのでは?』言い訳がましく、○○さん(私)が忙しくしていたので、他の人に四月からの仕事の紹介もありますよ~とチラッと伝えたんですけど、ですって。伝言が仕事かと思ってるのかい!?連絡しますと言って、連絡しなかった言い訳を伝言した相手のせいにするなんてannoy

自分の点数稼ぎの仕事の紹介だけが営業の仕事じゃないでしょうがっ!(喉元まで出たけどね、さすがに言わなかったけど)

お局様にイジメられてる若い派遣の子達を気遣ったり、人間関係を円滑に廻すために(女ばっかりだから)まとめ役になって上司に物申したり、時給を頭打ちにされても文句を言わなかった私は、若い営業の彼女にとっては物分りの良いお姉さんとして思われていたのでしょう。

残念がりつつかなり恐縮していましたが、当然よっ!

『この度はご縁がありませんでしたが、またいつかお世話になる機会にはよろしくお願い致します』と、丁重にお断りさせていただきました。

あぁ~あ。これで彼女が営業をしてる間に、何人のA社派遣が去っていったことか。。。信頼関係あっての営業と派遣だと思うんだけど。

                                                   

私の心は決まりました。

職場では様々な思惑と情報と葛藤が渦巻いていますが、きっとそれぞれの元に本当の春が待っていることを願いたいです。

* つぶやきの様な私的で狭い記事にご拝読いただきありがとうございました。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »