« ナイスバッティング! | トップページ | あちゃぁ〜 »

2010年5月23日 (日)

物思いに耽る

すっかり暖かくなりました。っていうか、暑くもなりましたね。

パジャマ一枚で夜更けのベランダに出ても寒くない。

まったりとした湿った夜気が体にまとわりつく、ぬるい温度も感じます。

ベランダの桟に両肘を乗せ、顎をついて夜の外を見渡す・・・

光の沢山並んだマンション群と、駅に続く遊歩道と回廊の灯りの煌き。真っ黒い闇の彼方に灯る遠くの街の明かり。湿気に霞んだ明石大橋のシルエット。

此処は何処。

私はどうして見慣れぬこの風景の中にいるんだろう。

家の灯りを消した窓の外に一人いると、暗闇でもない眩しい光の中でもない、中途半端な景色の中に浮いたような感覚になります。

母でもない、主婦でもない、大人でもない、何もかも取っ払ったようなちっぽけな人間。

ちいさいな、自分。

この見慣れぬ景色も、いつか思い出という記憶の片隅に留まる日が来るんだろうか。

なんてね。

ゆっくり浮上できたらいいなと思います。

« ナイスバッティング! | トップページ | あちゃぁ〜 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ナイスバッティング! | トップページ | あちゃぁ〜 »