« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月30日 (月)

青空

台風が過ぎ去った後の青空は格別です。

201105301650000 強い風が埃を取り去り、6階ながらかすかに瀬戸内海が見えます。

海の部分をアップにしてみましたが…

201105301651000 肉眼だと見えるんだけどなぁ。

でも、5月に台風が上陸するなんて、地球はどうなってるんでしょう。

被災地から逸れて何よりでした。

2011年5月29日 (日)

そら豆料理

201105291937001 新玉ねぎとそら豆の炒め物。

日曜出勤のお楽しみは、気が向いたら作ってくれる娘の料理です。

台風の影響での大雨にもめげず、、今日もゴルフの練習の帰りに 六甲のめぐみ で野菜を買ってきたオトーサン。

その中に旬のそら豆があり、珍しさもあって料理に挑戦してみたかったのかな。

クックパッドで作れそうなのを参考にして、自分流に料理したようです。

塩コショウで炒めて、仕上げに粉チーズをパラパラ。

玉ねぎはしゃっきりしてるし、そら豆はホクホク。

軽い塩味でとっても美味しかったのですhappy01

「美味しい~~!センスあるかも!?」

とべた褒めしたら、まんざらでもなさそうな顔。

そら豆なんて、殻付をグリルで焼くくらいしか料理したことない私。

ちゃんと薄皮まで剥いて料理したなんて、教えたことないのに案外やるもんです。

まぁ、クックパッドが手取り足取り教えてくれてるんですけど。

来週の日曜も期待していいかなぁ~~heart01

2011年5月27日 (金)

三宮は落ち着く

今日は仕事が休みで、久しぶりに三宮へ出ました。

いえ、夜にはbeer飲み会や食事会等で出かけることはありますが、会社が神戸駅にあるので、昼間の三宮をブラブラすることは滅多になくなりました。

元テリトリー(そんなに詳しくないけどsweat01)は安心して歩けます。

                                                   

これ、美味しかったの。

201105271445000 遅いお昼に食べた”アボガドとちくわ天の冷やし蕎麦”。

荒く潰したアボガドとカットアボガドがたっぷり入って、サラダのよう。かけ汁がもう少し濃い味だったらもっと美味しかったのにな。。。

                                                     

そごう でシンプルな黒いパンプスを買いました。

カラフルなサンダルに目を奪われ、もう一足買いそうになったけど、本日の買い物予定はこれだけ!と自分に厳しくして帰ってきました。

でもね、もう少ししたらきっと買います。サンダルhappy01

2011年5月26日 (木)

体によさそう

ちょっと前から話題になっていて、書店で手にしても見過ごすだけだったけど。

買いました。

201105260816000_2 ヘルシーな昼定食で、体重計でトップメーカーの タニタ の社員の方々が、健康的に減量出来たという社員食堂のメニューが満載。

でもね、色が茶色ベースなんです。

パッと目を引く今どきの献立ではないけれど、体に優しい食材が沢山使われています。

一汁三菜。

何から作ろうかな。

2011年5月24日 (火)

雨上がりのハーバー

雨が上がり空気の汚れが流されて、遠くまで見渡せます。

ミールタイムに見晴らしの良いブレイクルームからパチリ。

201105241356000 西側も。

空が海が綺麗だな。201105241308000 仕事も頑張ってます。

色々あるけど、それも人生さ。

マンションの花桃の実も生りました。

201105240722000 もう夏はすぐ目の前です。

2011年5月17日 (火)

百均で品揃え

職場は綺麗なオフィスですが、エアコンが効きすぎて、座りっぱなしの仕事だと体が冷え冷え。

特に足元が冷えて、ふくらはぎが浮腫んでパンパンになります。

先輩(私より一回りも年下の)に、『冷えると浮腫みやすいんですよ~』なんて話したら、私の脚を見て「わっ!ホント!」って。。。gawk

ちょっと浮腫んでただけなのに。

休みの今日は、冷房対策グッズを買いに行ってきました。

出来るだけ安上がりに、百均でscissors

Nec_0012 レッグウォーマーとマッサージのコロコロ、いぼいぼ竹踏み。

いつでも羽織れるカーディガンと膝掛も持っていきます。

写真の左側にあるのは、ペットボトルラック。洗った後に干すラックを探していたんです。プチトマトのスポンジは、ペットボトルの中に押し込んで、ふりふりして中を洗う物。

201105171831000セットするとこんな感じ。

プチトマトは、真ん中の突起にぶら下げました。

キッチンは、黄緑色で統一しているので、違和感ありません。

先週も、仕事で使う事務用品などの用意で、百均であれこれ仕入れましたが、今日も1,500円ほど使いました。百均でこんなに買い物する人も珍しいのではcoldsweats01

100円で価値ある品に出合うと、すごい満足感です。って、私だけ?

2011年5月16日 (月)

特別待遇


昨日仕事から帰ったら、お風呂が沸いてて、日曜日で暇を持て余していた二人が、ご飯の支度をしていました。

人が作ってくれるご飯が出来る前に、お風呂に入れるなんて、世のお父さんみたい(*^_^*)

いや〜極楽極楽♪

201105152003000

ミネストローネは娘。
水菜のサラダはオトーサン(新玉葱でも中に入ってるのかと思いきや、中も全部水菜だけ!)
タンシチューは、カードのポイント交換でお取り寄せした一品。

それでも、出来上がった食卓に座るだけとは、なんて幸せなんでしょう(^O^)

食後は、娘が作ったプリンを、殆ど強制的に食べさせられました。
甘い卵豆腐…の感想は、口にはしませんでしたけど(^m^)

こんなこと、滅多にないから有り難いのよね。
またいつか、気が向いたらお願いしたいわ。

2011年5月14日 (土)

土日出勤

正確には、土日祝日関係ない勤務。

住宅街の土曜の朝は、犬を散歩させる人、ウォーキングの人、出勤の人くらいで静かで閑散としています。

少し離れたグランドから、早朝練習のバッティングの音が快く響いて聞こえます。

娘は、まだグーグー高いびき。
二回目の洗濯物干し(一回目はギリギリ干してきた)と、床のクイックルワイパー掛けを指令。寝てるから、オトーサンに伝言。
オトーサンにも、エアコンのフィルター掃除を指令(^m^)

筍が食べたいというので、‘六甲のめぐみ’で買ってきた後の、茹で方を指南。今日は早帰り(18時まで)のシフトだから、帰ってきたら筍料理です。
何作ろうかな…。
また、あっさり煮物だな。

良い天気で気持ちのよい朝です。

まだまだ慣れるまで時間がかかりそうだけど、今日も元気に行ってきます(*^_^*)

2011年5月 8日 (日)

ゴールデンウィーク

3日から5日まで、宮城の実家に帰省しました。

長い長い3日間でした。

仙台空港へ降り立つ機内は、窓際に座る人皆が窓に張り付いて、下を見ろしていました。

海から内陸に向かって、水際からの平野が一面茶色に変色していました。着陸寸前に見た松林は、陸に向かって全て折れ曲がっていました。すさまじい水の力…

滑走路は泥も排除され、離着陸に不自由ない状態でした。しかし、空港内は無理やり使える空間を確保したという感じ。その狭い空間の周りは全てパネルで覆われており、隙間から落ちた天井や壁が覗いていました。

東部自動車道から海側は、テレビで見る通り、田んぼの中に車がひっくり返り、ゴミが散乱し、壊れた家がそのままに。

痛くて悲しい景色でした。

石巻市内陸部の実家は、新北上川と旧北上川に挟まれた地域ながら、浸水も免れ変わらぬ風景のままでした。

サッカー場やトラックのある県の河川敷公園(実家を挟んで国道の向かいにある)は、自衛隊の仮駐屯地となっており、カーキ色のジープが何十台も止まり、テントが張り巡らされ、物々しい様子に変わっていました。

玄関に出迎えてくれた父は、二周りも小さくなり、放射線治療の副作用で、すっかり頭髪も無くなっていました。恥ずかしそうに帽子を脱いで見せてくれました。七十を過ぎても白髪のない黒々とした頭が自慢だったのに。。。動揺する気持ちを隠しながら、「あら~、お父さん!しょういっつぁん(父方の祖父)にそっくりなこと!happy01」とおどける私。。。weep

201105031147000お昼は、湖月亭から名物の はらこ飯 を出前してもらい、久しぶりの故郷の味に舌鼓。

同じ石巻市でも、被災した所とそうでないところの差は歴然です。数キロ離れた避難所では、体育館の生活を余儀なくされてる人たちも多いのに、心配して神戸から駆け付けたのに、新鮮なお刺身の付いた定食を食べれるなんて。エゴイズムと言われようと、実家が被災しなかったのは本当に良かった。でも、やはり心の片隅では理不尽さを感じてしまいます。。。

201105051024000 道路の左側は、旧北上川。右側が父の実家跡地で今は畑のみ。道路沿いに菜の花が延々と続いていました。

201105051022000 青々と季節の野菜が育ち、唯一の老後の楽しみだった父の畑も、今は耕す人もなく丸坊主です。耕す人のいない畑は雑草が生い茂り、見かねた裏の御主人が畑を均してくれたそうです。草ぼうぼうの荒れた畑ではなく、綺麗に均された畑を見て、父は少しほっとしたことでしょう。

畑までは家から数キロあるので、車で移動しないと来れません。

父は、自家用車を廃車にしました。田舎暮らしでは、車が無いと何処へも行けず、本当に不自由です。今回も、妹の夫の車に乗せてもらい、畑を見に来ました。

残っていたネギだけを抜き取り、何も無くなった畑を暫く父は眺めていました。

手を掛けた分だけ実ってくれる野菜や花に、毎日どんなにか慰められ、英気を貰っていたことでしょう。二度とこの畑で野菜を作ることは無いかもしれないと、父は畑を見つめながら感じていたと思います。。。

父を看る母も、心も体も弱り、私や妹に一番見たくない部分を見せつけてくれ、激しい親子喧嘩もしました。何がしんどかったかって、母の存在が一番しんどかった。

『早く神戸に帰りたい!』

病気の父には悪いけど、三日の間に何度そう思ったことか。

娘は練習用に置いてあるキーボードで、父に何曲か聞かせてあげたり、娘なりに気を遣ってくれていました。私と母のバトルを横目で見たりで、結構しんどかったとおもいます。顔に湿疹が広がっていたから…ストレスだったのかもthink

でも、妹のストレスは、私の比ではありません。

これからも父の病院関係のやり取りや、母の愚痴とわがままに振り回され続けるのです。

「どうせ遠くにいる人は、実家の事は他人事なんだぉんね」 時間を割いてお金も使って、心を砕いている娘に投げる母の言葉に、腹を立てても仕方ありません。近くで仕事も家庭も後回しにして尽くしている妹は、それ以上に我慢しているのです。

もやもやして、ブログも書けませんでした。

長くはない父の残りの人生が、少しでも人間らしく豊かな時間であって欲しいと願う気持ちの、母との方向のずれなんです。

妹と、昨年のゴールデンウィークとえらい違うよね~、と力なく笑いあいましたけど。

さて、神戸に帰ってきた私は、金曜日に研修も無事終わりました。月曜日からはいよいよ初仕事です。

くよくよしてても始まらない!

今を生きなければならないんだもの。

ゴールデンウィーク最後の夜は、またしても 筍料理。

201105081926000 昨日、朝採り筍を茹でていたので、今日はいつものあっさり煮物と、筍のお刺身にしました。

筍のお刺身は、娘には不評gawk

「味が無い。」 やっぱりね。大人にならないと、この風味は分からないかもね。でも、私も煮物の方が好きかも。

メインは、鰆のホイル焼き。新玉ねぎもたっぷり入れて、味噌マヨネーズ味です。ちょっと薄味だったので、食べるときにポン酢をかけたら、これまた良いお味♪

今日の神戸は、初夏を思わせる陽気でしたよ。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »