« あなたならどうする? | トップページ | 台風のお陰で、涼しい〜♪ »

2011年7月18日 (月)

宮城の暑い夏

宮城の暑い夏
父が亡くなりました。

75歳と11ヶ月の人生でした。

長くない父と最後の再会になるかもしれないと思い、会社に長期休暇の相談をしたのが7日。

出掛ける準備と、冷蔵保存する食事作りに1日余裕をもって、翌々日の9日の朝の飛行機を予約しました。

しかし、8日の夜に急変。

父は、母と妹に看取られ、旅立って行きました。

急きょ、家族の分の飛行機を追加予約し、到着した仙台空港から石巻市の自宅までタクシーを飛ばし、納棺前の父に会うことができました。

ゴールデン・ウィークに会った時も、あまりの変わりように動揺したけれど、更に細く薄くなっていました。
高い鼻梁だけは変わらず…

小さくなった頭と冷たい頬を何度も撫でて、親不孝を詫びました。

「明日くんのが?…今どごさいんだっけ?…会いてなぁ…」
三週間前に起きてる父と電話で話せたのが、最後の声となってしまいました。
遠くにいる私から電話がくれば、帰省する連絡と思ったのでしょう。
神戸に住んで6年になることも、失念してしまっていました。

父の「明日…」に間に合いませんでした〓

病気の苦しみから解放され、眠るように逝った父の顔は穏やかでした。

田舎の葬儀は、古式ゆかしく、古いしきたり満載の超フルコース。
本家や親戚筋に助けられながら、厳粛にそして盛大に執り行う事ができました。

初七日まで、母と妹と3人で走りっぱなし。

今も弔問客が絶えませんが、やっと一息つくことが出来ました。

遺影の笑顔を見れば、会いたくて涙も出るけれど、家の中も少しづつ片付くと、父がちょっと留守にしてるだけのように錯覚してしまいます。

この連休明けは、母の役所の手続き等を手伝ってから週末に帰神する予定です。

二週間も休んで、自分のデスクがあるか心配ですが^ロ^;

遺された女3人で、なんとかここまで出来ました。

放っておいてもしっかりした娘たち(^m^)ですが、父の心配は一人残される母のこと。

父の介護で8キロも痩せ、今まで穿いていたズボンは、ベルトをしないと落ちてくるほど。

今は少しずつ食欲と笑顔を取り戻してきたので、ホッとしています。

でも、昼間はいいんです。夜になると、父の遺影の前で啜り泣く小さな背中が痛ましくて…

本当は、週末まで待たずに帰りたいけど(>_<)

相変わらず、日に何度か地震もあるし、心細いことこの上ない母に、もう少し寄り添います。

暑くて悲しい夏です。

« あなたならどうする? | トップページ | 台風のお陰で、涼しい〜♪ »

想い」カテゴリの記事

コメント

何と申し上げれば良いか、
おかけする言葉が見つかりませんが・・・
お父さま、安らかに天国に旅立たれたのですね。

御父上様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

お母様を残して戻られるのは、さぞや心残りでしょう。

忙しさが落ち着いたころに、どっとお疲れが出るかと思います。
ちぇりぃさんも、ご自身の心と体をいたわってあげて下さいね。

御愁傷さまです。
いろいろと大変だったようで大変お疲れ様でした。
 
実は、オイラの父親も7/8の朝に亡くなりました。(享年88才)
一人残った母はオイラの家から車で10分程度なのでまだ安心です。
 
これからもいろいろとあると思いますが、互いに頑張りましょう!

** ゆりあさん **

お陰様で体調も変わることなく、実家で二週間を過ごしてきました。

初めの一週間は、悲しみの涙にくれながらも、葬儀屋さんとの打ち合わせや接客、親戚筋との相談などで、目まぐるしい日々でした。

悲しみはこれからひたひたとやってくるのかもしれません。

なるべく毎日母の声を聴いてあげようとは思っています。
(今までは、それが苦痛でしたが…think

お気遣いいただきましてありがとうございましたconfident

** 酔うさん **

そうでしたか…酔うさんのお父様も。。。
心よりお悔やみ申し上げます。

元気で今を生きることが、一番の供養だと思っています。

まだまだ長いこれからですもの、お互い頑張りましょうup

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あなたならどうする? | トップページ | 台風のお陰で、涼しい〜♪ »